スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
完食は不可能です-大盛りクスクス
2006 / 07 / 17 ( Mon )
1999年9月 / フランス・ナント / ひとり旅

日本ではお目にかかる機会の少ない各国料理に出会えるのも、フランスの食の楽しみです。
アフリカ料理のクスクスもそのひとつ。フランスではとてもポピュラーで、あちこちの街角でお店をみつけることができます。

スムールと呼ばれる、小麦粉を蒸した小さな粒々にピリ辛のスープをかけて食べるクスクスは、「汁かけごはん」的な食感が楽しく、日本人にも好まれそうなおいしさです。私も大好き。

ブルターニュの旅の玄関口、ナントのレストランで食したクスクスがこちら。
couscous.jpg

テーブルいっぱいにずらりとお皿がのっていますが、これで一人分なのです。大盛りのスムールに、洗面器ほどもある器に入ったスープ。中には野菜がごろごろ。付けあわせとしてビーフの串焼き特大サイズが2本!
右端に写っているのはヒヨコ豆のドレッシング和えです。
さっそくお皿にスムールを盛り付け、スープをかけてもりもりといただきます。スパイシーな味付けで食が進みますが、やはり完食は不可能。だいぶ残してしまいました。ゴメンナサイです。

お腹がいっぱいになったら、ブルターニュ大公城を見物。
20060708161425.jpg


ヨーロッパ旅行の場合、ホテルの予約はせずに出かけることが多い私。
ナントで見つけた小さなホテル、サンダニエルはこんなに広いツインの部屋を一人占めして、99年当時170フラン、たったの3000円ほどでした。
20060708161511.jpg

20060708161518.jpg

16 : 46 : 23 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<フランス・リヨンでレバノン料理 | ホーム | イタリア・ベルガモ 生パスタとウサギのロースト>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/62-382dcb99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。