FC2ブログ
2018 / 08
≪ 2018 / 07   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2018 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017年6月 / サン・サヴァン(フランス) / ひとり旅

駅の売店で買った朝食のサンドイッチ。
ベンチにてのんびりといただきながら、すぐ隣のバスターミナルから出発するバスを待ちます。
P1020501.jpg

朝9時。サン・サヴァン St. Savin まで45分間のバス旅に出発です!
P1020504.jpg

窓の外は田園風景。
P1020505.jpg

静かなかわいらしい町サン・サヴァンに着きました。
P1020555.jpg

サン・サヴァン修道院付属教会。この小さな町を有名にしている世界遺産の教会です。
P1020509.jpg

この天井画を見に多くの人が訪れます。
P1020510.jpg

P1020512.jpg

P1020518.jpg

P1020516.jpg

P1020521.jpg

2階は資料室。視聴覚室でこの教会の歴史をドラマにしたショートムービーを上映していまして、私のフランス語力ではセリフをほとんど聞き取れなかったものの、その昔、修道士さんたちが素人ながら懸命に天井画を描いていく様子にものすごく感動してしまいました。
P1020522.jpg

これ、みんな見ればいいのにー、と思ったけれど、他に誰も入って来ず、最後まで貸し切りで鑑賞させていただいたのでした。

お庭もきれい。
P1020531.jpg

先ほどのムービーに登場した、教会のすぐそばを流れるガルタンプ川がとってもきれいだったので行ってみましょっと。
P1020536.jpg

橋から望む教会の美しいお姿。
P1020540.jpg

川沿いのプロムナード。
P1020543.jpg

P1020538.jpg

ここでピクニックしたい!という気持ちがムラムラと湧き上がってきまして、
P1020545.jpg

P1020548.jpg

ひとっ走りしてパン屋さんで買ってきました。ハムとレタスのサンドイッチ。
P1020550.jpg

草の上にペタンと座り込んで、いただきまーす。
カンカン照りだけど気にしなーい。
緑に囲まれた川のほとりで、せせらぎだけを聞きながらのランチは最高!3ユーロちょっとの安上がりランチだけど最高!でした。
P1020549.jpg

帰りのバスは12:57発。この日はポワティエに帰るバスは何とこれ1本しかなかったので、サン・サヴァンには3時間ほどの滞在でしたが、教会だけ見物して帰るには十分でした。
お昼にレストランに入ってしまうと、ちょっとあわただしかったかもしれませんね。

ポワティエに戻り、少しホテルで休んでから夕食へ。
ブラブラ歩いていて見つけたレバノン料理のレストランにて、せっかくだからとレバノンのビールを飲んでみたけれど、特徴はよくわかりませんでしたわ。
P1020560.jpg

骨付きの羊肉にホムスや、スパイス&ハーブの効いたサラダが添えられています。
パンかごに入っているのはピタ。これにヒヨコ豆のホムスを塗りながら食べてると止まらなくなる恐ろしい食べ物です。
P1020562.jpg

パイナップルみたいに見えるコロコロはフライドポテト。
羊、食べたかったんだよーとおいしくいただきました。
P1020561.jpg

このデザートもレバノンの……名前、忘れちゃった。
ブランマンジェみたいな白いババロア風のものに甘いシロップがかかった、シンプルでおいしいデザートでした。
うー、何だか顔が熱い。川べりで太陽をばっちり浴びたからなー。
P1020564.jpg

ポワティエもサン・サヴァンもいいところだった。
教会に興味のない人にはおもしろくないかもしれないけれど、私はとても気に入りました。
P1020566.jpg


【】
Lumiereさん、そろそろ夏休みかなと思ったらやっぱりいらっしゃってましたね。
サン・サヴァンという町の名は初めて聞きましたが、壁画好きとしては興味津々の教会の天井画!パステルカラーの柱もかわいいですね。
ポワティエのロマネスク教会も素朴で優しい感じが素敵です。
長い夏休み、これからどちらにいらっしゃるのか、楽しみです。
【Luntaさん】
お久しぶりです。
こんなにもほったらかしだったブログなのに、チェックしてくださっていたなんて、本当に嬉しいです。ありがとうございます!

そうですね、壁画好きのLuntaさんにとって魅力的な町なんじゃないかな、と思います。聖書の場面が描かれていて、すごくいい雰囲気でした。また、ガルタンプ川沿いの風景がとても美しくて、草の上で食べたこのサンドイッチが、もしかしたらこの旅で最高の食事だったかも、と思っています。

去年、おととしと行ったニースをはじめとする南フランス各地に比べると地味な印象の大西洋側エリアですが、期待値が低かったせいか、どこもとてもよいところでした。
ノロノロと更新していきますので、よろしければまたのぞいてみてくださいね。
この記事へコメントする















lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。