2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

2014年12月 / 愛知県・犬山 / ひとり旅

ホテルの朝ごはん。
おむすび1つとおかずを少々。ふふふ、ホントに少々ですね。
P1010272(1).jpg

それは、コメダ珈琲店のモーニングを食べたかったからです。
(それならホテルで食べなさんな!…なんですけどねぇ)
夕べとは別の(何しろ名古屋の街のあちこちにあるコメダさん)、栄の地下街にある店舗です。飲み物を注文すると、「モーニングにしますか?」と聞いてくれるんですね。もちろんお願いします。厚切りトーストと温かいゆで卵がプラス料金なしでついてくるなんて素敵。
P1010276(1).jpg

名古屋近辺には、もっと豪華なモーニングセットが売り物の喫茶店が色々あるようですが、東京方面からやってきた者とっては、これでも十分幸せな気分になれます。

2回目の朝ごはんを無事に済ませまして、向かうは犬山にある明治村です。
名古屋市内ってあんまり観光スポットがないんですよね。名古屋城や熱田神宮は過去に訪問済みですし。
で、今回は犬山へ。

明治村、すばらしいです!
その名の通り、明治時代の建築物が100万平米の広大な敷地に、日本各地から移築されてどどーんと集結しているのです。その数67件ですって。

入口で必ず「村内地図」をもらって歩き始めてくださいね。とにかく敷地が広大で、必見の建物がいっぱい。見落としたらソンですよ。

三重県にあった小学校ですって。
P1010282(1)_20141221161009a10.jpg

京都の聖ヨハネ教会。
P1010292(1).jpg

素朴さと荘厳さ。
P1010295(1).jpg

西郷従道邸。
P1010300(1)_20141221161216492.jpg

ほほう、西郷隆盛の弟さんってどんな人だったのかな。
P1010302(1).jpg

こちらは森鴎外と夏目漱石が、時を隔てて住んでいたという東京・文京区の住宅。
P1010308(1)_20141221161220994.jpg

びっくりするのは、こうして家の中に入ることができるんですよ。
P1010313(1).jpg

こちらは長野にあった病院。島崎藤村の姉がここに入院していて、藤村の「ある女の生涯」の中にここをモデルにした病院が出てくるんですって。
こんな風に、その建物にまつわるエピソードがすご過ぎて、心の中で「おーっ!」と叫びつつ、キョロキョロ見回し、写真をとりまくり、と大忙しです。
P1010317(1).jpg

もちろん手を触れてはいけませんけど、部屋に入ってこんなに間近に見学することができるのです。
P1010319(1).jpg

村内には京都市電やSLも走っていますよ。
P1010323(1).jpg

P1010383(1).jpg

カレーぱん、いただきます。
P1010324(1).jpg

明治時代に書かれた「食道楽」っていう当時のベストセラー恋愛グルメ小説(!)に載っているレシピをもとに作られたカレーパンなんですって。
中身は鶏肉と砕いたピーナッツとな。おもしろーい。当時としてはすごくハイカラな食べ物だったんじゃないかな。
P1010326(1)_20141221161427129.jpg

北里研究所の研究室があるかと思えば、
P1010327(1).jpg

赤十字病院があったり、
P1010359(1).jpg

P1010363(1)_20141221161559416.jpg

この幸田露伴邸の感じ、好きだったなぁ。幸田文さんはこの家で生まれたんですって。
P1010336(1).jpg

12月の平日だったせいか(敷地が広すぎるっていうのもあると思いますが)、どこもほぼ貸し切り状態で思う存分ゆっくり見学することができました。

静岡から移築してきた小泉八雲の別邸が駄菓子屋さんになっていました。
P1010402(1).jpg

おやつタイムにしようっと。
どっちかが20円でもうひとつが30円。
P1010417(1).jpg

これって子供のころはチョコレートに紙が巻いてあった記憶があるんですが、別のお菓子だったのかなぁ。
P1010418(1)_201412211618055ff.jpg

聖ザビエル天主堂(京都)の、
P1010414(1).jpg

バラ窓。素晴らしかった。枠が木製なのです。
P1010410(1)_201412211618068f8.jpg

昔の建物大好きなわたしにとっては、どうしても前のめりで歩き回らざるをえないパラダーイス!
気が付けば5時間近くも村内で過ごしていたのでした。

写真も大量に撮ったんですが、キリがないので、この辺でおしまいにしましょうね。
最後に金沢監獄の門をくぐって、
P1010421(1).jpg

なんか強烈だったわー。
P1010428(1).jpg

この廊下の奥に独房の居心地を体験できるコーナーがありますから、是非お試しくださいねー。
P1010427(1)_20141221161940d81.jpg




【lumierさんと旅したい!】
東海地方に旅に行くって一度も経験ないですが、
「明治村」って愛知県にあるんですね。
ここに「帝国ホテル」も移築してあると
何かの美術番組で見たのですが・・・ありました?

11月末にフィギュアスケートの「NHK杯」が見たくて
大阪のホテルと航空券を予約していたのですが、
肝心の「フィギュアのチケット」が激戦で取れず。
大阪行きはキャンセルしても良かったのですが、
せっかくなので、久しぶりの秋の京都に。
人が比較的少なく、紅葉を見られる場所という私のリクエストに
友人のおすすめのは「鞍馬」というところ。予備知識なく出かけたら
なんとも山登りがきつくてきつくて、雨上がりのぬかる足元ばかり見て、
京都の紅葉を見る余裕もなく、ほうほうのていで下山し、
ホテルに逃げ帰り、フィギュアをテレビ観戦していました。

lumiereさんと旅に行ったら、ノープランな私でも充実させてもらえそう。
最近は旅のプランニングを面倒くさいと思うようになってしまいました。
【happyparisさん】
お久しぶりです。コメントありがとうございます。

はい、確かに帝国ホテルありました。
明治村の中は一丁目から五丁目までの広い敷地になっているのですが、その五丁目の奥まったところに。
ただ、移築されているのはホテル全体ではなくて、中央玄関とロビーの一部のみ。確かに立派な建築でしたが、そこにはホテルの従業員も宿泊客もいないわけで、豪華ホテル特有の華やかさはあまり感じられなかったような…。

「鞍馬の紅葉」なんてとても素敵な響きですが、思わぬ展開だったんですね。
わたしも旅先でたくさん歩いたり、長い坂道を登ったりすると、「体を鍛えなくちゃー。体力のあるうちにあちこち行っておかなくちゃー」と考えてしまいます。

旅のプランニング、わたしも張り切っていろいろ調べるときと、面倒くさくてノープランで行ってしまうときと様々です。
きっちり下調べして行ったほうが、時間とお金と体力の節約にはなるんですがねぇ。

【】
次はどこかなー、とお待ちしていたLumiereさんの旅、今度は渋いところを選ばれましたね。
名古屋は休暇ではなかなか行かない所ですが、建物好きとしては明治村は一度行ってみたいと思っているところ。やっぱり楽しそうですね。
でも思っていたよりずっと広そうなので、行くなら丸一日は必要そうですね。
コメダ珈琲はなんと、我が家のすぐ近くにもできました。
【Luntaさん】
久々の更新を見つけてくださってありがとうございます。

名古屋って大都市なんだけど、考えてみるとお城以外に観光スポットがあまりないんですよね。
で、今回は犬山に行ってみたのですが、期待を大きく上回る楽しさでした、明治村。
そうそうLuntaさんも歴史的建造物がお好きですよね。おすすめします。
はい、広いですよー。一丁目から五丁目まで。ほぼ1日がかりです。どこかに明治村の見学所要時間は3時間と書かれていたのですが、わたしは5時間近く歩き回っていました。
割にすいている日で、最後のほうはちょっと急ぎ足にしてみたんですが、それでも5時間。

コメダさんの関東進出ぶりはすごいですね。わたしはコメダデビューは本場で、と決めていたのですが、今後は東京でお店を見つけたらガマンすることなく飛び込んで、シロノワールに再会したいと思います。
この記事へコメントする















lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。