スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
迫力!アルビの大聖堂
2006 / 06 / 13 ( Tue )
2002年9月 / フランス・アルビ / ひとり旅

フランスの南西部は日本人にはあまりなじみのない地方かも知れませんが、ピレネー地方に点在する美しい街々を、列車やバスで訪ねるのはとても楽しい経験でした。

画家ロートレックの生まれ故郷としても知られるここアルビは、その中でも割合大きな町なのですが、タルン川沿いに並ぶレンガ造りの古い建物を眺めながら、遊覧船に乗ったり、中世そのままの通りを散歩したり、静かな一日を過ごせる落ち着いた町です。
20060611114233.jpg


町のシンボル、サント・セシル大聖堂の前に立つと、その大きさと、他ではあまり見ない迫力ある建築様式に圧倒されます。一瞬、「どうして世界遺産に登録されていないんだろう」と思ってしまいました。
20060611114243.jpg


中に入るとまたもやびっくり。正面の太い丸柱一面に、地獄の恐ろしい様子が描かれています。ものすごい迫力と生々しさ。ぜひとも天国の方へ行きたいものですね。
20060611114250.jpg


聖堂の前のレストランの日当たりのよいテラスでお昼ごはんです。
オードブルは、かりかりベーコンとりんごの薄切りがのったサラダ。
20060611114257.jpg



メインはウサギのローストを選びました。日本ではめったに食べる機会のない食材ですが、私は結構好きで、(生前のかわいいお姿は想像しないように努めつつ)、チキンに似た味わいを楽しみます。
20060611114304.jpg

22 : 21 : 20 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<チェンマイのシーフードで満腹満腹 | ホーム | モザイクの街 イタリア・ラベンナ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/53-bce68de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。