2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

2013年11月 / 滋賀・彦根と長浜 / ひとり旅

「47都道府県全制覇プロジェクト」、ややムキになりつつ進行中です。

で、滋賀県を初訪問。
ひこにゃんに会える街、彦根にやってきました。
P1000747(1)_20131201163705572.jpg

観光マップをいただきに立ち寄った駅前の観光案内所で、「10時半からひこにゃんに会えますよー」と教えていただき、張り切ってお城へと向かいます。

へへへ、お堀のそばのお菓子屋さんでどら焼き買っちゃった。
P1000751(1).jpg

おいしいわ。
P1000754(1).jpg

着きました~、と思ったら、
P1000757(1).jpg

お城の天守閣までが結構長い上り坂。ひこにゃん、待っててねー。
P1000760(1).jpg

天守閣の真下の広場で、
P1000765(1)_20131201163838653.jpg

ひこにゃん、ごあいさつ。
P1000766(1).jpg

付添いのお兄さんの「これから30分間、ひこにゃんがゆる~くパフォーマンスしていきますので、皆さんどうぞ暖かい目で見守ってくださいねー」とのお言葉通り、
P1000767(1).jpg

ゆるゆる~っとポーズをとり続けるひこにゃん。
P1000769(1).jpg

この調子で10分ほどたったころ再びお兄さん「えー、こんな感じでひこにゃんのパフォーマンスはゆるくゆるく続きますので、もういいやっていう方はご自由にこの場を離れていただいてかまいませんよー」ですって。一同苦笑。
で、遠慮なく離れさせていただきまして、
P1000773(1)_20131201163846f64.jpg

天守閣に登ってみましょ。
P1000774(1)_201312011639537c3.jpg

P1000777(1).jpg

琵琶湖が見えました。
P1000776(1).jpg

階段が急過ぎてオソロシイ。ゆっくりゆっくり降りましょう。
P1000779(1).jpg

広場に戻ってきたら、ちょうどひこにゃんのご退場シーン。
スタッフさんたちがヨチヨチ歩きのひこにゃんを誘導します。
P1000780(1).jpg

女学生たちの声援に応えつつ去っていくひこにゃん。モテモテだねー。
P1000783(1).jpg

バイバーイ。かわいかったにゃぁ。
P1000785(1)_201312011641084b9.jpg

お城の観覧券でお隣の庭園「玄宮園」も見学することができますので、せっかくですから寄って行きましょ。
P1000792(1).jpg

ほほう、そうなんですか。
P1000793(1).jpg

大名庭園「玄宮園」を拝見。
P1000795(1).jpg

P1000799(1).jpg

お次は電車にのって長浜へ。
古い街並みの残るステキな街ですよ。
P1000814(1).jpg

お昼ごはんは「翼果楼(よかろう)」というお店にて長浜名物・鯖そうめんをいただきます。
P1000812(1).jpg

味のよーくしみた焼き鯖と汁なしそうめんの組み合わせが絶品。山椒の香りがこれまたよろしい。これは初めての味。
P1000805(1).jpg
セットメニューもあったのですが、あえて鯖そうめんのみを単品オーダーしたのは、もうひとつの長浜名物ヌードルを是非食べてみたかったからなのです。

ぶらぶら歩きで少しでもお腹をへらさなくっちゃ。
黒壁ガラス館で友人へのクリスマスプレゼント、小さなガラスの置物を買いました。
P1000815(1).jpg

この商店街の中にもおいしいものあり。
P1000816(1).jpg

ここ、のっぺいうどんの「茂美志屋(もみじや)」さん。
P1000826(1)_201312011644473eb.jpg

さきほどの鯖そうめんもほどよく消化されてきたし、うん、いけそうですぞ。
P1000820(1).jpg

まっ黒だー。
中味が判別できないほどにこってりとうどんを覆うあんかけのつゆ。
P1000821(1).jpg

そしてこの特大しいたけ!
食べ応えあったわー。
P1000823(1).jpg

さすがにダブル麺ランチはパンチ力大でしたわ。
満腹すぎるお腹をかかえて案内図をながめると、ちょっと気になる場所が。

長浜駅からちょっと歩いたところにある「長浜鉄道スクエア」は旧長浜駅舎をそのまま利用した鉄道博物館。
P1000859(1)_20131201164754747.jpg

なんと、「日本で一番古い駅舎」だそうです。
P1000861(1).jpg

これは面白い、昔の駅の切符売り場に、
P1000854(1).jpg

待合室ですか。
P1000853(1)_20131201164750dc6.jpg

P1000851(1).jpg

鉄道ファンが泣いて喜ぶスポットですな。
P1000829(1)_20131201164611b11.jpg

ちょっとだけ鉄子なわたしもついついコーフン。模型の電車を動かしたりして遊んでしまいましたよ。
P1000833(1).jpg

おおーっ、本物の蒸気機関車が展示してあるー。
P1000840(1)_20131201164615d2e.jpg

運転台。当然座ってみましたとも。
P1000846(1).jpg

イマドキの新幹線の流線形ボディもカッコイイけれど、ご覧くださいな、この力強い車輪たち。
P1000848(1)_20131201164746ca1.jpg

すごいすごい。
他に見学者の姿がほとんどなく、思う存分ゆっくりと見て回れました。満足満足。
P1000842(1).jpg

さて、そろそろ日も暮れるころ。最後に琵琶湖にごあいさつして帰りましょうか。
豊公園の中にある、
P1000862(1)_20131201164826f18.jpg

秀吉が建てた長浜城です。昭和58年に再建されたコンクリート造りのお城ですけど。
P1000864(1).jpg

これが琵琶湖かー。ずっと憧れていたけれど、やっと来ることができました。
P1000867(1).jpg

さすが「日本の夕陽百選」に選ばれているだけのことはある美しさ。
P1000865(1)_20131201164830f9b.jpg

P1000868(1).jpg

もっと眺めていたいけれど、そろそろ帰りましょうか。
彦根も長浜もとっても素敵なところでした。

帰りの新幹線は名古屋で乗り換え。
東京行きの「のぞみ」を待つ時間に本日の晩ごはんを調達。
P1000883(1)_20131201165049b2c.jpg

名古屋めしをつめあわせた駅弁を見つけました。
P1000885(1).jpg

おかずエリアをアップでどうぞ。
ソースのしみたチキンカツに海老フライ、あんかけパスタに、なんと小倉サンドまでも。
P1000886(1)_20131201165053d05.jpg

今回の旅のおみやげは、長浜の「まちの駅」で買ったおいしいもの。
手前の「えびまめ」は琵琶湖のスジエビ入り。
そして後ろにあるのは、赤いこんにゃくです。
レバ刺しが食べられなくなった昨今、代用品としてこの赤コンニャクを提供する焼き肉屋さんがあるって新聞で読みましたっけ。
P1000888(1)_201312011650568e1.jpg
ちょっと抵抗あるなーと思いつつ食べてみましたら、これがおいしい!
味付きでそのままおいしくいただけます。
ふつうのコンニャクよりも、密度が高いというか…、たしかにレバーのまったり感に近いものがあります。
2つ買って、ひとつは翌日ランチの約束をしていた友人にプレゼント。
「わっ、どんな味なんだろ、楽しみ!」って……、全然キモチ悪がってくれなかったのがちょっと残念でした。


【No Title】
47都道府県、全制覇は目前ですか。
私はJR東日本の戦略のおかげで東はすべて制覇しましたが、西はさっぱり。滋賀県もお寺巡りをしたいんですけどね。
ひこにゃんはゆるい動きとは言え30分、大変でしょうね。
鯖そうめんは見たことがありませんでしたがすごくおいしそう。
そうそう、秋田でのこぎりせんべい、全く同じものを無事ゲットしました。以前に阿仁マタギの道の駅で買ったものより少し甘いけれどほぼ同じもの。おかげであの歯触りがまた楽しめます♪
【luntaさん】
私も先日の秋田で東日本は全踏破しまして、残るは西日本の三県となりました。
luntaさん、滋賀は未踏ですか? 今回の旅で一番印象に残ったのは琵琶湖の夕景でした。本当に美しかったです。 
鯖そうめんのおいしさも忘れ難いです。

おっ、のこぎりせんべいとの再会を果たされましたか。よかった!
ブログで近々拝見できますね。楽しみー。
この記事へコメントする















lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。