スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
日帰りで行こう! 平泉
2013 / 08 / 04 ( Sun )
2013年6月 / 岩手県・平泉/ ひとり旅

「日帰りで行こう」シリーズ第2弾。
久々の東北新幹線で北へ!
P1000462(1)_20130804164129541.jpg
列車が動き出すと同時に、東京駅で買った駅弁を広げます。
朝ごはんです……、けど揚げもの、行っちゃいます。

ひょー、おっきな海老フライが2つ! 手前の1本には甘辛いソースがかかっており、奥の1本には付属のタルタルソースをたっぷりかけていただきます。
P1000464(1)_20130804164131af4.jpg
むふー、おいしい。もりもりもり。

一関で東北本線に乗り換えまして、平泉に到着しました。
母の故郷がすぐ近くの水沢というところなので、平泉は子どものころから何度か来ておりますが、2011年に世界遺産に登録されてからは初めての訪問です。
P1000466(1).jpg

毛越寺に向かう道。歩いていく人はほとんどいないんでしょうかね、ガラーンとしています。
P1000469(1).jpg

田んぼをながめたりしつつ、のんびり歩きます。
P1000468(1).jpg

見えてきました。
P1000470(1).jpg

世界遺産「毛越寺」。
P1000486(1)_2013080416453540a.jpg

美しい庭園は極楽浄土を表しているそうです。
P1000477(1).jpg

P1000482(1).jpg

毎年5月に行われる「曲水の宴」。いつかテレビのニュースで見ましたっけ。
盃が流れてくるまでの間に和歌を詠むという、優雅で風流な遊び(でも詠み人さんのプレッシャーはすごいと思うわ…)。藤原三代の栄華がしのばれます。
P1000479(1)_20130804164357ee1.jpg

「きょくすい」じゃなくて「ごくすい」って読むのかー。
P1000481(1).jpg

主な観光スポットの間を「るんるん号」というバスが結んでくれています。
わたしが乗ったのは、毛越寺と中尊寺の間1回のみで、他は結局歩いちゃったな。
P1000487(1)_2013080416453773a.jpg

ルンルン号を降りると、目にとまるのが弁慶さんのお墓です。
弁慶の立ち往生、迫力あったでしょうな。
P1000488(1)_20130804164539b6c.jpg

結構きつい参道をのぼって中尊寺に到着。
P1000513(1).jpg

この中に黄金に輝く金色堂が鎮座しております。が、わたしはもう何度も見たので、中には入らず…。
P1000495(1)_20130804164541145.jpg

お寺の敷地内に神社の入り口があるっておもしろいけど、このパターン、どこか他でも見たことがあるような。
P1000496(1).jpg

能舞台がありました。
P1000500(1).jpg

そろそろお昼ご飯いきましょうかね。
能楽堂の近くに展望レストランがあります。
P1000511(1).jpg

眺めよーし。
P1000504(1).jpg

めかぶそばをいただきました。
P1000503(1)_201308041647173eb.jpg

お次のスポットへ。

ここは初めて来ました。高館(たかだち)義経堂。
義経を偲んで時の仙台藩主が建てたお堂です。
P1000527(1)_20130804164840168.jpg

P1000525(1)_201308041648391de.jpg

北上川が眼下に見えます。その向こうには義経を守って弁慶が立ち往生の最期を迎えたという衣川も見えました。
P1000523(1).jpg

ここは観光客の姿もほとんどなく、静かでとてもよかった。
レストランで「試食です、どうぞ」と下さった「かりんとうまんじゅう」をいただきます。
こくのある黒糖のあんがおいしい。(おみやげに買って帰ろう!と思ったのに忘れました…)
P1000531(1).jpg

駅までてくてく歩いて帰る途中で寄った「観自在王院跡」は何やら整備中の模様。
P1000534(1).jpg

かけ足平泉巡りを終えまして、東北新幹線で帰ります。
本日2つめの駅弁は、「平泉 義経」。うむ、力強いネーミング。
P1000543(1).jpg

幕の内タイプで、いろいろなおかずが入っていてとてもおいしかった。
左上のワクに入っているお漬物は岩手名物「金婚漬」、そのお隣には甘いお餅。岩手県民はお餅が大好き。
わたしのお餅好きはやはり、DNAに由来するものなのでしょうかねぇ。
週に一度は朝ごはんにお餅を焼いて食べているんですけどね、友人に話すと「えっ、お餅なんてお正月にしか食べないわよー」って驚かれました。
P1000548(1).jpg

金婚漬、おみやげに買いました。
でも、ついでに買った「みそ味なんばん漬」っていう辛くて酸っぱいお漬物がとってもおいしくて。
これ関東では買えないんでしょうかねー。
P1000552(1).jpg

南部せんべいも本場ではいろんな種類が並んでいます。これは「フライせんべい」、油で揚げてあるのかな、サクサクでした。
「ぺろっこうどん」はお鍋の季節までとっておこうと思います。
P1000553(1).jpg

大好き「ゆべし」。餅好きにはたまらないこの食感~。中味の黒蜜がこれまたいいんですわ。
P1000554(1).jpg
16 : 57 : 32 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<阿波踊り…じゃなくて、阿波尾鶏を楽しんできました | ホーム | 日帰りで行こう! 長崎>>
コメント
--おぉっ、今度は東北の旅ですか♪--

いらっしゃいませ~♪
平泉、素敵な街ですよね。日帰りでもずいぶんと美味しい旅になられて
何よりですね~。今度は是非仙台にもいらしてくださいね(^^)
素晴らしい旅のお話、伺えたら幸せです(^^)
by: neige * 2013/08/06 12:22 * URL [ 編集] | page top↑
--neigeさん--

駆け足で行ってきましたー。
県南部に住む岩手県民がショッピングに行く街は仙台だって聞いたことがあります。東北一の大都会ですものね。
何年か前に仙台を訪れたときには、おいしい牛タンとカキフライとずんだ餅を食べて……って、旅の思い出が食の思い出に直結しているわたしでした。
by: lumiere * 2013/08/08 14:21 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

「日帰りで行こう!」シリーズが始まっていたなんて~
しかも冒頭から、私の世界一の好物、愛してやまないエビフライが
登場しているではないですか~(≧▽≦)
ごはんが見えない程に横たわる大きなエビフライに目がハート♪
この先、東京駅から旅立つ事があったなら、絶対私もこれを買います!(笑)

エビフライに少々取り乱してしまいましたが、平泉。
世界遺産に登録されても尚、静かでいいところなのですね~
のんびりお散歩したくなります^^
展望レストランがあるあたり、ニクイニクイ。
先日、たまたま同僚のお土産でゆべしを食べたばかりなのですが、
あの食感は本当にクセになりますね!
lumiereさんのお土産も全部美味しそうです。


↓長崎編も拝見しました~ あんな素敵な美術館があるのですね!メモメモ。。
ところで、夏休みはどちらかに??
by: chariko * 2013/08/24 19:57 * URL [ 編集] | page top↑
--charikoさん--

そうですよねー、海老フライといえばcharikoさん!(笑)
お弁当なのでサクッと揚げたてってわけにはいきませんが、ソースのじんわりと染みた海老フライもなかなかの美味、ましてや車窓をながめながらいただくとなれば、これはもう忘れ難いおいしさでした。

この夏は恒例のヨーロッパ旅行にも旅立てず…。せめてこれから秋に向けて国内旅行に励みたいと思っております。

Charikoさんのイタリア旅行記、とっても素敵でした。楽しく読ませていただきました。
by: lumiere * 2013/08/31 17:07 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/517-23e0c98b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。