スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ペナン ジョージタウンの小さなお宿
2013 / 05 / 05 ( Sun )
2013年2月 / マレーシア・ペナン島 / ひとり旅

初マレーシアです。
ペナン島世界遺産の街ジョージタウンでお世話になったお宿「Coffee Atelier」を改めてご紹介。
街のほぼ真ん中に位置する1927年に建てられたショップハウスをホテルに改修したお宿です。
P1050294(1).jpg

P1050262(1).jpg

ショップハウスとは2階建の長屋式建物で、もともとは1階でお店を営み、2階を住居として使っていたんですって。シンガポールでも見ましたっけ。間口が狭くて奥に細長い造りになっています。
客室数は4つ?5つ?だったかな。小さなお宿です。

わたしのお部屋へはこのグリーンの扉から。
P1050267(1).jpg

左のドアからどうぞー。
P1050419(1).jpg

荷物を置く小部屋の奥がベッドルームで、
P1050420(1).jpg
そのままお外のテラスへ出られます。
P1050424(1).jpg

洗面コーナー。ひさしが張り出したような屋根はありますけどね、ここ、お外です。
P1050284(1).jpg

手前がシャワー、向こうのドアはトイレ。
(いちいち外に出なくちゃならないのが、オモシロイけどちょっとメンドクサイ)
P1050278(1).jpg

冷蔵庫とお茶セットが乗っているのは昔のカマドの跡かしら。
P1050280(1).jpg

お庭側からベッドルームを見るとこんな風。
P1050423(1).jpg

夕べチェックインをしたレセプション棟はこんな感じ。
P1050469(1).jpg

その奥にあったこれはお台所の跡でしょうかね。
古い造りを生かしていて面白い! 
P1050468(1).jpg

朝食はホテルに併設のこちらのカフェでいただきます。
P1050263(1).jpg

お外をながめつつ。
P1050255(1).jpg

フレッシュなオレンジジュースをごくっと。
P1050257(1).jpg

選べる玉子料理は目玉焼をお願いしました。
P1050258(1).jpg
英語の上手なお宿のスタッフ、ラモンくんが世話を焼いてくれます。

お向かいの建物も素敵。
P1050292(1).jpg

チャイナタウンとリトルインディアが隣り合わせのこの地区、まずはホテルのすぐ近く、ペナン最古の中国寺院「観音寺」を見物します。
P1050303(1).jpg

P1050305(1).jpg

お供え物は油?
P1050309(1).jpg
17 : 32 : 48 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ジョージタウンのリトルインディアでおいしいもの | ホーム | キャセイパシフィック航空 ビジネスクラスにて世界遺産の街へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/508-ea683257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。