スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「世界遺産白川郷ライトアップと冬の風物詩金沢兼六園雪吊・飛騨高山2日間」バスツアー後篇
2013 / 03 / 09 ( Sat )
2013年2月 / 岐阜・飛騨高山、白川郷 / 友人とツアー参加

金沢のホテルを9時半に出発。
本日の観光その1は金箔工芸館。金箔は金沢の伝統工芸品ですよね。
で、こーんな豪華なお茶室をつくってしまったというわけですか。
金箔が全面に貼ってあります。まぶしーい。
P1050159(1).jpg

金箔入りのお茶もふるまわれました…。味に変わりはございません。
P1050156(1).jpg

金箔を使った商品をいろいろ売っているショップは押すな押すなの大盛況で、皆さんお買い物に夢中。この職人さんの実演コーナーに気がついた方はあまりいないかも…。
P1050160(1).jpg

お次は金沢観光のメインスポット兼六園。
兼六園は3度目ですが、雪吊を見るのは初めて、で楽しみにしておりましたが…、
P1050168(1).jpg

雪がなかったー。
P1050178(1).jpg

雪の兼六園、見たかったな。

この作業、大変でしょうね。
P1050181(1).jpg

バスの旅は続きます。途中のサービスエリアでお昼ごはん。
自由昼食ですが、前もって注文しておいたオプションのお食事をいただきます。
P1050184(1).jpg

五箇山豆腐。どれどれ、といただいてみましたら…お、固い。
とてもしっかりとした歯応えのあるお豆腐です。固いもの好きのわたしとしてはうれしい。
P1050185(1).jpg

それともう一つ気に入ったのが、このそうめんかぼちゃ。
加熱すると繊維がおそうめんのようにほぐれるという珍しいかぼちゃです。シャキシャキしてとってもおいしかった。これもこのあたりで採れるものなんでしょうか。
P1050187(1).jpg

午後は五箇山の合掌造り集落へ。白川郷と合わせて世界遺産に登録されています。
こちらは雪が積もっていてとっても美しい。
P1050194(1).jpg

五箇山は富山県。
わたしの「未踏の県をつぶせミッション」がまたひとつ遂行されました~。うふふ。
P1050198(1).jpg

夕べの白川郷のライトアップも素敵だったけれど、青空と雪をかぶった藁ぶき屋根のコントラストもすばらしい。
P1050199(1).jpg

こちらの方がすいていて見学しやすかったな。
P1050200(1).jpg

藁ぶき屋根にパラボラアンテナの風景。
P1050203(1).jpg

これにてすべての見学終了。
夕食会場へと向かいます。
あの駅弁で有名な長野の「おぎのや」さん。とっても立派な建物の2階にレストランスペースがありました。その席数なんと1,000人だそうな。

ここでいただけるのが横川駅の名物駅弁「峠の釜めし」。
P1050206(1).jpg

これですよ。不朽の名作駅弁。
P1050208(1).jpg

1階は広ーいお土産売り場。ツアーバスで訪れた大量のお客さんがモリモリお買い物に励んでいらっしゃいました。
わたしはこのワサビ漬けコーナーでちょっと高級そうなのをひとつ購入。
P1050211(1).jpg

明日の朝ごはん用に栗パンも。
P1050214(1).jpg

帰りも上田駅から新幹線で東京へ。東京駅到着は夜の10時過ぎ。
長野、岐阜、石川、富山4県を駆け抜けた、ギッシリ充実の2日間でした。
P1050216(1).jpg
17 : 57 : 23 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<キャセイパシフィック航空 ビジネスクラスにて世界遺産の街へ | ホーム | 「世界遺産白川郷ライトアップと冬の風物詩金沢兼六園雪吊・飛騨高山2日間」バスツアー前篇>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/506-ddd9c063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。