スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
プラハの夜景
2011 / 10 / 25 ( Tue )
2011年8月 / チェコ・プラハ / ひとり旅

あやしかったお天気が一気に崩れ、雨が降ってきました。
ユダヤ人地区へ。
P1020043(1).jpg

ダビデの星マーク。
P1020044(1).jpg

いくつかのシナゴーグを見学できるチケットを買い、写真撮影の別料金も支払ったものの、写真OKなのは墓地のみとのこと。
ホロコーストで犠牲になった人々の名前が壁一面に書かれたシナゴーグや収容所の子どもたちの描いた絵の展示されたシナゴーグなど、大変興味ぶかいものでした。

ユダヤ人墓地。雨の中で見るととっても淋しい気持ちになります。
P1020031(1).jpg

ホテルに戻ってひとやすみ。
ミリンダって!とっても懐かしいんですけど~。日本ではもう売っていませんよね。まさかこんなところで再会できるとは。
P1020047(1).jpg

さて、そろそろ夕食のお時間。
P1020058(1).jpg

入口に立っていたお姉さんの笑顔に誘われて入ってみたレストランは、
P1020055(1).jpg

おしゃれなイタリアンのお店でした。
P1020049(1).jpg

おなかすいたー。
P1020050(1).jpg

ミネストローネをいただきまして、
P1020052(1).jpg

タリアテッレきのこソース。これがこの旅最後の晩餐。感慨深くいただきました。
P1020053(1).jpg

夜も更けてきましたな。
P1020057(1).jpg

トラムに乗ってプラハ夜景見物とまいりましょう。
P1020059(1).jpg

ヴルタヴァ川近くの停留所で下車。
P1020060(1).jpg

空の色がみるみる変わっていきます。
P1020061(1).jpg

さよならモルダウよ~。
(明日も飛行機の時間まで、ほぼ1日行動できるんですけどね)
P1020065(1).jpg

Café Slaviaにちょっと寄っていきましょうか。
P1020075(1).jpg

落ち着く店です。
P1020074(1).jpg

濃厚ホットチョコレート。
P1020072(1).jpg

再びトラムに乗って旧市街広場へ。
天文時計のあるあたり。人がたくさん。
皆さん、中世の街の美しき夜景に酔いしれていらっしゃる。
P1020081(1).jpg

P1020087(1).jpg

P1020092(1).jpg

ライトアップされた聖ミクラーシュ教会。何だか凄みのある美しさと荘厳さ。
P1020086(1).jpg

お昼を食べた市民会館と火薬塔もライトアップ。
いつまでも歩いていたいけれど、そろそろ帰りましょうか。
P1020098(1).jpg

地下鉄の駅はちょっと淋しいかな。
P1020102(1).jpg

ホテルまでの道はさすがに人通り少なく、ちょっと早足で歩きました。
P1020105(1).jpg
12 : 14 : 46 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<プラハの動物園 | ホーム | プラハ旧市街あるき>>
コメント
--MUCHA・・・気になる(笑)--

lumiereさん
こんばんは。

プラハ旅行記を楽しく見せていただいています。
ホットチョコレート画像の3枚下の画像、白い建物の壁に「ALFONS MUCHA」の文字が見えます。
ここはどこでしょう?
私はアールヌーボー全般が大好きなのですが、特にミュシャは大好物です。
lumiereさんが以前アップされていたミュシャのステンドグラス、素敵ですね。
一番下の中央の枠に銀行の広告がデザインされています。
教会のステンドグラスに企業の「広告」って、すごく珍しいですって。
デザインと一体化しているので違和感はありません。
ごく最近に大阪堺市にある「ミュシャ館」で仕入れた情報です(笑)。

ミュシャのステンドグラスと美術館のためにプラハに行きたい私です。
チェコは「ユーロ」ではないし、少し敷居が高い。

ところで、撮影パスですが、ドイツでも旧東ドイツ側では、撮影代は別途支払うところがありましたよ。
ホツダムのサンスーシ宮殿、ベルリンのシャルロッテンブルグ宮殿、ライプチヒの造形博物館など、料金は3ユーロでした。
by: happyparis * 2011/10/25 23:39 * URL [ 編集] | page top↑
--happyparisさん--

ほんとだ! 全然気がつきませんでしたが、確かにMuchaの名前が書かれていますね。Exhibitionの文字も見えますから、ここでMuchaの絵を見ることができるのかも。
ここは旧市街広場だったか、共和国広場だったか…。
これとは別に、今回わたしは行かなかったのですが、駅の近くにMucha美術館があるようです。Muchaがお好きな方は必見でしょう。
ステンドグラスの写真も見直してみましたら、確かに銀行名らしきネームがはっきりと! おもしろいですね。
教えてくださってありがとうございます。

通貨がユーロじゃないってちょっと不便ですよね。わたしも今回、帰国直前に空港で、残ったお金を使い切るために、それほど気に入ったわけでもない(そして空港価格で高い)マグネットやらお菓子やらを買いましたっけ。

写真にお金がかかるって何だかイマイマシイ!(笑) 入場料のほかに3ユーロって結構高いですねぇ。
by: lumiere * 2011/10/29 10:53 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/448-5ec11541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。