スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
森の中の永平寺
2011 / 06 / 05 ( Sun )
2011年4月 / 福井県 / ひとり旅

二日目も「えちぜん鉄道」に乗ってGo!
CIMG8467(1).jpg
ホームのベンチで「よぉっ!」って声をかけてくれた(ウソです)なんとかザウルスさん。
恐竜博物館ですか……。ちょっと興味をひかれるものの、本日の行先は永平寺です。

お寺までは「永平寺口駅」からバスに乗りますが、ちょっと待ち時間があったので、近くをお散歩。素敵な風景に出合いました。
CIMG8471(1).jpg

さて、永平寺前のバス停に降り立つと、一緒のバスに乗っていた年配の男性が「参詣ですか?」とお寺までの道と、帰りのバス停の場所を指さして教えてくれました。
歩き始めようとすると、今度はバスの運転手さんが降りてきて、帰りのバスの時刻表を一緒に調べてくれまして、いやいやホントに親切だにゃぁと歩いておりますと……


にゃにゃにゃんと!

ニャンコちゃんたち集まっちゃってどうしたのーっ。
CIMG8472(1).jpg

こちらはおすましウィンドウ猫ちゃん。
CIMG8475(1).jpg

着きました。お寺の入口です。
曹洞宗大本山!今から700年以上も前に道元禅師によって開かれたとてつもなく歴史のあるお寺です。
常に200名以上の修行僧の方が日々お勤めに励んでいらっしゃるんですって。
CIMG8478(1).jpg

お隣の交番までもがとても永平寺っぽいですな。
CIMG8477(1).jpg

自動販売機で500円のチケットを購入、ってのがなんとも現代風ではありますが、お寺の見学をさせていただきましょう。
CIMG8505(1).jpg

はじめに若い僧侶の方からお寺全体の案内や拝観の際の注意事項などをお聞きしまして、あとは順路にしたがって自由に拝見することができます。

みごとな天井絵。
CIMG8483(1).jpg

ときどき若い修行僧さんとすれ違ったりします。「がんばってねー」と心の中で応援しちゃう。
CIMG8485(1).jpg

CIMG8494(1).jpg

森の中のお寺。とってもすがすがしい気持ちになれますよ。
CIMG8487(1).jpg

CIMG8502(1).jpg

この奥はお台所ですって。もちろん立ち入ることはできませんけど、興味あるー。
CIMG8490(1).jpg

案内所でもらったパンフレットに「大すりこぎに触ると料理の腕が上達する」って書いてあったなぁと思いだし、指でチョンチョンっとつついておきました。…が、あとでよく読み直してみたら、「三回なでる」ですって。あーあ。
CIMG8492(1).jpg

こちらはお風呂。
入浴も修行のうち、だそうで、決して口をきいてはいけないのだそうです。湯船につかって「うぁーーっ」なんて言っちゃいけないんですね。
CIMG8493(1).jpg

参拝ルートの最後は広間で、修行の様子をドキュメンタリーにしたテレビ番組のビデオを鑑賞。毎日のお勤めも、冬の寒さもホントに厳しそうです。
CIMG8504(1).jpg

小川のわきの坂道をのぼって「寂光苑」へ。
CIMG8510(1).jpg

CIMG8512(1).jpg

誰でもつける鐘。生まれて初めて鐘つき体験。ごぉーん~~。
CIMG8514(1).jpg

歴代住職のお墓だそうです。
CIMG8516(1).jpg

え、ホント?やだやだ~。
CIMG8511(1).jpg

さすがは大本山永平寺。見応えがありました。
とはいえ、修行の足りぬわたしはさきほどからお腹ぺこぺこ。朝ごはん抜きで来てますから。

おいしそうなお店はないかな、と参道をふらふらしているところへ、行きのバスで会った男性にばったり。この参道でご商売をしていらっしゃるようです。
その方に「おそばがおいしいですよ」と教えていただいた、バス停近くのお店で遅い朝ごはんといたしましょう。
天ぷらがのったおろしそば。これもおいしい福井名物。昨日も食べましたけどね。
CIMG8522(1).jpg

このお店で「そばクッキー」をおみやげに買いまして、バスで福井駅へ。
CIMG8525(1).jpg

NHKの大河ドラマ「江」は見ていないけれど、せっかくですから行ってみましょうか、江姫ゆかりの地。
北の庄城址公園はお江ら三姉妹が母・お市の方のともにこの地へやってきて少しの間住んでいた場所です。
CIMG8528(1).jpg

むむ、豊臣秀吉に攻め入られた継父・柴田勝家が自ら火を放ち、北の庄城は焼け落ちてしまったんですか。
CIMG8530(1).jpg

さて、空港へ向かうまでに少々時間あり。駅ビルでお茶でも飲もうかな。
昨日から気になっていたこれ、食べちゃおう。
CIMG8531(1).jpg

「福」の字くっきり、福井クリームパン!
カスタードがタップリすぎてずっしり重い。新しい福井名物?おいしいですよー。
CIMG8533(1).jpg

今回のおみやげたち。
空港で福井の「かにめし」が買えなかったのは残念でしたが(小松空港は福井県じゃないからでしょうか?)、柿の葉寿司とごま豆腐を買いまして、
CIMG8535(1).jpg

その日の夕食にいたしました。
CIMG8536(1).jpg

デザートは福井駅のコンビニで買った福井銘菓「羽二重もち」。ふわふわ~。
CIMG8537(2).jpg
17 : 17 : 55 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<21冊目 倉田真由美・深澤真紀 「アジアはらへり旅」  | ホーム | 東尋坊へ行きました>>
コメント
--No title--

lumiereさん、こんにちは!
釜山、福井とお出かけだったのですね~
駅のベンチ、楽しい~!恐竜博物館にも興味深々です。
永平寺って、もしかして遠い昔にオロナインH軟膏のCMに
出ていたお寺・・ですかね??
記憶もおぼろげだし、年がバレますが・・^^;
天井絵がとても素晴しいです。
そして皆さん親切で、いいですね~
福井と言えば、出張で一度だけ行った時、名古屋だかで乗り換えて
陸路だった覚えがありますが、小松空港からも近いのですね。
そうすればよかったなぁ。
新たな名物クリームパンのくっきり福の字、縁起がよさそうでステキです。
by: * 2011/06/05 18:25 * URL [ 編集] | page top↑
--どなたでしょうか--

お名前がありませんが、たぶんあの方ではないかな…と思いつつ。

はい、福井を初訪問でした。小松空港から福井駅まで直通バスで一時間ほどでした。
東尋坊も永平寺も見応えありました。おいしいものにも出会えましたし。
次は恐竜博物館へもぜひ行ってみなければ。
オロナインのCM……ちょっと覚えがないのですが、わたしにとっての永平寺といえば、年末の紅白の後、「ゆく年くる年」の冒頭シーンで登場する雪の中のお寺、というイメージがあります。
by: lumiere * 2011/06/07 20:59 * URL [ 編集] | page top↑
--大変失礼をば・・--

いたしました m(_ _)m
↑コメントはワタクシですっ!!
名乗らないなんて気持ち悪かったですよね・・ごめんなさーい(><)
「ゆく年くる年」のお寺ですね!
雪がないと、そして明るいと、まるで別寺のようですね~
by: chariko * 2011/06/11 02:37 * URL [ 編集] | page top↑
--charikoさん--

やっぱりcharikoさんでしたね。そうではないかなぁと思っておりましたよ。
振り返ってみると昨年は一度も国内旅行に行っていませんでしたが、やはり日本にもよいところがたくさんあるなぁと再認識した今回の旅でした。
今年は残り半分となりましたが、あと1,2回は国内旅行したいなーと思っております。
by: lumiere * 2011/06/11 17:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/421-1ee0599b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。