2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

2010年9月 / フランス・ルルド / ひとり旅

聖域から橋を渡ってしばらく歩いたところに城塞がそびえたっています。
エレベータがあってよかった。
CIMG8233_SP0000.jpg


この城塞、現在はピレネー博物館になっています。この地方の歴史や伝統をお勉強。
CIMG8238_SP0000.jpg  CIMG8236_SP0000.jpg

CIMG8239_SP0000.jpg  CIMG8240_SP0000.jpg


ルルドの街を見下ろします。絶景!
CIMG8246_SP0000.jpg

聖堂が見えます。
CIMG8242_SP0000.jpg


ホテルの近くに墓地発見。ついつい入ってみちゃう。
CIMG8263_SP0000.jpg

すると「スビルー家の墓石はこちら」という小さな案内札が立っています。
これはもしや…

マリアに会った少女ベルナデット・スビルー家のお墓がありました。
CIMG8264_SP0000.jpg

CIMG8266_SP0000.jpg

ベルナデットはルルドで少女時代を過ごしたのち、フランス・ヌヴェールにて修道女として35年の短い一生を終え、その遺体はヌヴェールに安置されていますが(なんとその遺体はまったく腐敗せずに生前の姿を保っているのだとか…)、墓石を見るとベルナデットの両親、兄弟、甥やら姪やら、その子孫たちがこのお墓に眠っているようです。
2000年代に亡くなった人の名前もありましたから、今でもベルナデットの血を引く方たちがこの近くに暮らしているのかも知れませんね。

日も暮れてきてそろそろ夕食のお時間。お昼をお腹いっぱい食べてしまったし、今日もロウソク行列見物に行こうと思っているので、ホテルの部屋でささっと簡単に済ますことにしましょう。
ホテル近くのパン屋さんでハムとチーズのバゲット・サンドイッチを作ってもらいました。
この大きさ、そしてこのシンプルな組み合わせがいいんだな。
1本を3つに切ってお皿にのせまして、3ユーロの安上がり晩ごはん。
CIMG8271_SP0001.jpg

とはいえ、ルルドの聖水で入れたお茶つきですからね、ある意味とっても貴重な献立かも。
お土産屋さんでこんなベタなマグカップを買ってしまいました。
CIMG8272_SP0001.jpg


さて今夜はわたしもロウソクを持って聖堂広場に向かいましょう。
ちなみに聖域の中ではこんな風に1ユーロで売っているロウソクですが、周りのお土産屋さんで半額の50サンチームで買えますよ。聖域内では献金の意味合いもあるのでしょうけれど。
CIMG8084_SP0000 - コピー(0)

今夜もたくさんの人々が集まっています。
CIMG8296_SP0000.jpg

ロウソクがたくさん捧げられているエリアでわたしも点火。風除けのために紙のおおいがついています。
CIMG8287_SP0000.jpg

行列への参加は遠慮しまして、火のついたロウソクを持ってうろうろ。
ぼんぼりにはマリアの絵と讃美歌の歌詞がプリントされていました。
CIMG8290_SP0000.jpg

人の背よりも大きなロウソク。
CIMG8295_SP0000.jpg

奇跡の洞窟は泉のまわりの壁に触れるための列ができています。わたしも並んでみます。
CIMG8281_SP0000.jpg

ガラス窓で覆われて何だか興ざめな感じですが奇跡スポットを保護するためにはしかたないのかな。豊かな水量を思わせる水音が聞こえていました。
CIMG8283_SP0000.jpg

広場を一周した行列が戻ってきて、わたしも半分ほどに減ったロウソクの火を消してホテルへと帰りました。
CIMG8299_SP0000.jpg

貴重な経験でした。紙のぼんぼりは記念に持って帰りましょ。
CIMG8301_SP0000.jpg



この記事へコメントする















lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。