スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ルルド 十字架の道
2010 / 11 / 27 ( Sat )
2010年9月 / フランス・ルルド / ひとり旅

昨日スーパーで調達した食材をお皿に並べて朝ごはん。
ホテルの前のパン屋さんでコロンとかわいいブリオッシュも買ってきました。
飲み物はいちごのジュース。そしてもちろん、ルルドの聖水をごくごくと。
CIMG8166_SP0001.jpg


デザートもありますよ。「プチ・バスク」ってヨーグルトかなと思ったら、酸味はなくバニラの香り豊かな牛乳プリンでした。
CIMG8169_SP0001.jpg
そうそう、今日は電車に乗ってバスク地方のバイヨンヌという街に行くつもりなのです。

さて出発。
ベルナデットちゃんの住んでいた家などながめつつ駅へ向かいます。
CIMG8173_SP0000.jpg


てくてくてく…。
CIMG8174_SP0000.jpg

駅に着いて切符を買おうとしますと…、がーん!ストで終日全線運休ですと。
ま、フランスでは珍しくもないことです。
あきらめて今日もルルドの街歩きといきましょうか。
スペイン国境近くのバイヨンヌで名物の生ハムやらチョコレートやらを堪能するのを楽しみにしていたんだけどなぁ。
それはまた別の機会に、ということで。

バスで街の中心に戻りまして、何となく足が向いてしまうのはやっぱり聖堂と洞窟のあたり。
CIMG8191_SP0000.jpg


ポー川が流れる広い聖域の敷地はお散歩コースとしても最適です。
CIMG8178_SP0000.jpg

水飲み場もあちこちにありますよ。もちろん奇跡の泉から湧いているお水です。
CIMG8188_SP0000.jpg

そうだ、聖堂の脇にある「十字架の道」を歩いてみよう。
これはキリストの受難を14の場面で表したもので、カトリック教会には敷地内の道にそれらの場面の絵やレリーフが飾ってあるところが多くあります。
わたしはこの「十字架の道」が好きで、疲れていないときは(十字架を背負ってゴルゴダの丘を登らされたキリストの苦難を少しでも追体験するためでしょう、たいてい坂道につくられているので結構体力を要します…)、歩いてみることにしています。
CIMG8196_SP0000.jpg

十字架刑を言い渡される場面からスタート。
さすが世界中から集まった人々の献金で豊かなルルドのchemin de croix(十字架の道)らしく(なんて言ったら不謹慎かな)、金ぴかの立派なお人形たちが、聖書の場面を再現しています。
CIMG8198_SP0000.jpg

わたしが一番好きなのは6番目のこの場面。
キリストの苦しみを見かねた、心やさしき娘ベロニカが、血と汗で汚れた顔を布でぬぐってあげるシーンです。
CIMG8204_SP0000.jpg

十字架の場面。等身大よりやや小さいかな、というくらいの大きさなのでなかなか迫力があります。
CIMG8214_SP0000.jpg

降架の場面を経て、
CIMG8216_SP0000.jpg

お墓へ。これが14番目の場面です。
このあとに、復活を遂げたキリストが両手を広げて光り輝いていたりする像があるのだろうと、まわりをキョロキョロ探してみたのですがそれらしきものはありませんでした。
すぐ前をガイド付きで歩いていたスペインからと思しき一行も、このあとさっさと出口へ向かって行きましたし、どうやらこのお墓でおしまいのよう。
CIMG8221_SP0000.jpg

お墓の扉が開いていることでキリストの復活を表現しているようです。
これはこれでいいかも。

いい運動になりました。お腹がすいてきましたよ。
CIMG8223_SP0000.jpg

今日のお昼はちょっと素敵なレストランのテラスで。
CIMG8229_SP0000.jpg

前菜は山盛りサラダ。
CIMG8224_SP0001.jpg

エシャロットソースのかかった牛肉のステーキは歯応えも食べ応えも十分。
じゃがいもの重ね焼きやらベーコンを巻いたいんげんのソテーやら、付け合わせのお野菜もいいお味でした。
CIMG8226_SP0001.jpg

さぁて、午後は何をして過ごしましょうかね。
CIMG8228_SP0000.jpg
18 : 59 : 25 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<今夜もロウソク行列 | ホーム | ルルド 夜のロウソク行列>>
コメント
--No title--

ルルドの復活の石にそっくりなお皿を買いました。
それで、あの石をもう一度見たくて探していたところ、
こちらのブログにたどり着きました。
素晴らしかったルルドの思い出がよみがえります。
ありがとうございました。
私のブログでも、この記事のことちょっと紹介させていただきました。
by: ミルクママ * 2011/08/09 16:49 * URL [ 編集] | page top↑
--ミルクママさん--

はじめまして。コメントありがとうございます。
ブログを拝見しました。ホントにそっくりなお皿ですね。
そしてこの石の写真が載っている当ページをよく見つけてくださったなー、と感激しております。
ミルクママさんもルルドに行かれたのですね。ロウソク行列もご覧になったでしょうか。
by: lumiere * 2011/08/09 22:25 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

はい、2回行きました。
どちらも、キャンドルを持って参加しましたよ~。
とっても幻想的でしたね。
あのルルドの行進を平山郁夫先生が亡くなる前に描いていらっしゃいます。
去年のクリスマスの頃には平山郁夫シルクロード美術館に展示され、
見に行きました。
機会がありましたら、ぜひお薦めです。
by: ミルクママ * 2011/08/10 23:05 * URL [ 編集] | page top↑
--ミルクママさん--

あのロウソクを覆う紙がとってもかわいいですよね(^ ^)
行列の皆さんが声を合わせて歌うアベマリアの歌が今も浮かんできます。シンプルながらきれいなメロディなのでおぼえてしまうんですよねー。
by: Lumiere * 2011/08/16 15:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/392-88493a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。