スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
カルカッソンヌの墓地
2010 / 11 / 03 ( Wed )
2010年9月 / フランス・カルカッソンヌ / ひとり旅

午後も引き続き城塞の中をお散歩します。
CIMG7923_SP0000.jpg

かわいい街並みに、
CIMG7915_SP0000.jpg   CIMG7914_SP0000.jpg


かわいいレストラン。
「お昼ごはんその2~」なんてふらふらと入ってしまいそうになりますな。
CIMG7916_SP0000.jpg


カテドラルがありました。
CIMG7918_SP0000.jpg

CIMG7919_SP0000.jpg   CIMG7921_SP0000.jpg


教会と並んで、わたしにとって「ヨーロッパで見つけると必ず入ってみるもの」が墓地!
ヘンな趣味でしょうか?
CIMG7932_SP0000.jpg

暗いとかコワイなんてイメージはまるでなし(もちろん昼間に限りますけどね)。
美しい墓石や、残された家族の思いのこもった墓碑銘などをながめながら歩くのが好きなのです。
CIMG7933_SP0000.jpg

青空に映える墓石。お花が飾られてきれいでしょう?
CIMG7928_SP0000 - コピー(0)


お墓の入口の水くみ場にいた鳩さんたち。近寄っても逃げるそぶりも見せずにお水を飲んでいましたよ。
CIMG7925_SP0000.jpg


というわけで、楽しかったカルカッソンヌへの遠足を終えまして本日の夕食は、そろそろお米が恋しくなってきたことですし、とこんなお米料理をレンジでチン。
CIMG7939_SP0001.jpg


カルカッソンヌで買ったテーブルマットにお皿をのせていただきまーす。
ところが、……むむむ、あまりオイシクナイぞ…。
CIMG7942_SP0000.jpg

早々に見切りをつけまして、おつまみプレートを用意しました。
サラミにブドウにチーズ。日本の「ポテコ」に似たスナック菓子は「フラフープ」というネーミングでした。
CIMG7944_SP0001.jpg
あっ、そうそう、このスパークリングワイン、ホテル近くの激安スーパーでなんとひと瓶たったの1.09ユーロだったんですよー。
22 : 10 : 53 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アルビの大聖堂 | ホーム | 城塞の街カルカッソンヌ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/386-13fbef8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。