スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
烏来で山菜ごはん
2010 / 07 / 11 ( Sun )
2010年5月 / 台湾・台北 / ひとり旅

ホテルの朝ごはん。
CIMG7361_SP0000.jpg

洋食、和食、お粥の三種類から選びます、となればお粥でしょうなぁとお願いしましたこのメニュー。
白いお粥に目玉焼き、煮魚、青菜にお漬物。左手前のお味噌はお粥の味付け用かな。
そこそこおいしかったけれど、やっぱり台湾では「お外で朝ごはん」が正解かなぁ…と思ったのでした。

さて、今日は烏来(ウーライ)の街へと出かけます。
その前にちょっと興味を覚えた博物館へ。

「郵政博物館」で台湾の郵便事情を拝見しましょう。
CIMG7396_SP0000.jpg


大量の切手コレクション。
CIMG7368_SP0000.jpg


エバー航空のマスコットにもなっているキティちゃん。台湾でも大変な人気者ですが、こんなにたくさんのキティちゃん切手が発行されているとはねぇ。
CIMG7367_SP0000.jpg


メールの顔文字切手!
ネット普及で郵便利用が落ち込んでいるのは台湾もご同様なんでしょうね、ちょっと皮肉が効いてます。
CIMG7370_SP0000.jpg


台湾郵便局のシンボルカラーはグリーンなんですね。
CIMG7385_SP0000.jpg

CIMG7382_SP0000.jpg


世界の制服がずらり。
日本の郵便局員さんの制服は紺色でしたっけ。
他の国々も紺色ユニフォームが多数派のようですね。
CIMG7393_SP0000.jpg


ポストも緑色。
CIMG7386_SP0000.jpg


こちらは我が国の真っ赤っかポストたち。
一方、ヨーロッパの国々は黄色いポストが多いようです。
CIMG7389_SP0000.jpg


ちょっとのぞいて行くつもりが、なかなかおもしろくて1時間ほど過ごしてしまいました。
さて、バスに揺られて烏来へ。いやぁ、ほんとに揺れますこのバス!
CIMG7455_SP0000.jpg


烏来は山の中の温泉地。
CIMG7399_SP0000.jpg


鄙びた感じがいいですなぁ。
CIMG7398_SP0000.jpg


日本の温泉街にちょっと似てるかな。
にぎやかな通りには食べ物屋さんやおみやげ屋さんがいっぱい。
CIMG7453_SP0000.jpg

CIMG7405_SP0000.jpg

飴の実演販売ですか。にょーんとのばしてハサミでちょきちょき。
CIMG7420_SP0000.jpg


お昼ごはんはどのお店にしようかしら。
どこもこんな風に店頭においしそうな山菜をディスプレイしています。
CIMG7415_SP0000.jpg

どんな味がするんでしょ。
CIMG7404_SP0000.jpg


金針と言う名の黄色いお花のつぼみとしいたけのスープと竹筒ご飯です。
お花って苦いのかな、と思いましたが、癖のないあっさりしたお味。
CIMG7408_SP0000.jpg


竹筒の中味はもち米と雑穀のおこわ。薄味ながら旨みがあって、もちもち歯ごたえのおいしいご飯です。
CIMG7409_SP0000.jpg


当然山菜も食べてみなくちゃ。名前をみても全くわからないので「綜合野菜」という炒めものにしてみました。
豆のツルのようなものやら、山菜特有の粘りのある葉っぱやら、いろいろ入ってます。
ニンニクが効いてて、シャキシャキして、やっぱり台湾の野菜炒めは絶品。
CIMG7412_SP0000.jpg
満足満足。ごちそうさまでした。

キミはもうお昼ごはん食べたの?
CIMG7417_SP0000.jpg


川で遊泳している方がいましたよ。
CIMG7423_SP0000.jpg


トロッコ電車で山の上へ。
CIMG7425_SP0000.jpg


カーブがちょっと怖いですー。
CIMG7426_SP0000.jpg

お山の空気はさわやかですなぁ。
CIMG7432_SP0000.jpg

温泉には入らず「ご飯を食べに来ただけ」になってしまったけれど、山の空気を吸って、白糸の滝でマイナスイオン吸収。十分に満足いたしました。
CIMG7435_SP0000.jpg


親子わんちゃんものんびり幸せそうでした。
CIMG7443_SP0000.jpg

16 : 39 : 43 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<今回もまたチープお土産 | ホーム | 持ち帰り弁当でお手軽晩ごはん>>
コメント
--No title--

Lumiereさん、烏来まで行って温泉に入らないとはもったいない。柔らかないいお湯なんですよ。
そして郵政博物館!こんなところがあったとはまったく知りませんでした。ポスト好きとしては興味津々。きっと日本にもあるんですよね、こういうところ。
今度探してみましょう。
by: lunta * 2010/07/12 09:37 * URL [ 編集] | page top↑
--luntaさん--

そうですよねぇ、もったいないことをしました。
おいしい山菜料理に温泉体験が加われば楽しさも倍増でしたね、きっと。

郵便の博物館、開館まもない時間に行ったらずーっと貸し切り状態での見学でした。
切手とかはがきとか郵便グッズが結構好きなので、楽しめましたよ。
ポスト好きのluntaさんもきっとお気に召すでしょう。
by: lumiere * 2010/07/13 20:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/373-4731fdc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。