2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫

2010年2月 / シンガポール / ひとり旅

ピカーっと晴れました。
少し肌寒いくらいだった台南に比べて、さすがにシンガポールは暑ーい。
CIMG6678_SP0000.jpg


さっそくリトルインディアの街歩き開始!
ショップハウス・スタイルという様式の建物が並んでいます。
CIMG6684_SP0000.jpg


鮮やかなブルーのベールの女の子、かわいいな。
CIMG6682_SP0000.jpg


ホテルの近くのテッカセンター。ここは楽しい!
フードコートに、
CIMG6687_SP0000.jpg

CIMG6693_SP0000.jpg


屋内市場。
CIMG6688_SP0000.jpg

CIMG6689_SP0000.jpg

CIMG6690_SP0000.jpg


2階は服屋さんがずらりと並んでおります。
CIMG6735_SP0000.jpg


朝からいきなりの暑さに負け、フードコートのドリンク屋さんで「チェンドル」というココナツミルクの飲み物を。
おじさんがひしゃくですくってコップに入れてくれたチェンドルは、甘くて冷たくておいしい。底の方から緑色のニョロニョロしたものが出てきて、「なぜここに麺が?」と思いましたが何やらゼリーのようなものでした。不思議だなー。
CIMG6736_SP0000.jpg


インドと言えば当然カレー。
開店を待ってこちらのお店へ。
CIMG6706_SP0000.jpg


「バナナリーフアポロ」の店名どおり、バナナの葉っぱが敷かれたテーブルでメニュー選び。
えーっと、あれが食べたいんだけど……おっ、ありました。
名物フィッシュヘッドカレーをお願いしまーす。
CIMG6695_SP0000.jpg


わおー、バナナの葉っぱにご飯と付け合わせのキャベツにお芋のカレー。
インドっぽーい!とひとり感動。
CIMG6698_SP0000.jpg


出ました、魚のアタマ。おっきいなー。絶対食べ切れないとは思うけれど、がんばってみますか。
カゴにはいったパパダムというおせんべい風のパリパリしたもの、相当好みの味でしたっけ。
CIMG6702_SP0000.jpg

このカレー、辛さはなかなかのものでして、食べるほどにヒーヒーとややツラくなってはくるものの、お魚のダシのよく出たカレーにオクラのシャキシャキが何とも絶妙で「辛い~ でもおいしい~」で、ラッシーでインターバルをとりつつ夢中でいただきました。
CIMG6704_SP0000.jpg

途中で追加注文した冷たいジンジャーエールの助けを借りて辛さに耐えつつ、がんばってはみましたがカレー完食はならず(このサイズですから当然ですな)。
はぁー、でもおいしかった!
インド式に手で食べてみればよかったかな。
CIMG6705_SP0000.jpg


インドのお寺を見学します。スリ・ヴィラマ・カリアマン寺院。
CIMG6734_SP0000.jpg


皆さん熱心にお祈りを捧げていらっしゃいます。
CIMG6720_SP0000.jpg

CIMG6710_SP0000.jpg

よくわからないけど座り込んでいる皆さん。
CIMG6716_SP0000.jpg


ありがたい儀式(?)なのでしょうか。
CIMG6722_SP0000.jpg

CIMG6723_SP0000.jpg


ヒンドゥー教の神様ってとっても肉感的。
CIMG6721_SP0000.jpg


これ全部神様なんでしょうか。屋根の上でひしめき合っていらっしゃいます。
CIMG6726_SP0000.jpg


信者の方々が帰りがけに鳴らしていた、扉の鐘。
CIMG6730_SP0000.jpg

何の知識もないままに初めて訪れたヒンドゥー教のお寺でしたが、やはり心に伝わってくるものがありました。信者の方のしぐさや装飾のひとつひとつに、この宗教の歴史や深い意味が込められているのでしょうね。

さて、今日はシンガポールの3つの文化圏をひと巡りしようと思っております。先を急がねば。


【】
シ、シンガポールに続いていたんですかっ(@o@i)
夢のようなアジア満喫ツアーですね!
バナナリーフに乗っけて食べるフィッシュヘッドカリー、
雰囲気ありますねー。気分が盛り上がるわぁ。。
ヒンドゥ教寺院の屋根は、見れば見るほど引き込まれる気がします。
面白いって言うとバチが当たりそうですが、
かなり興味深い意匠ですよね^^
【】
またまた薀蓄タレ。飲み物に入っていた緑のニョロニョロはそれこそが「チェンドル」。本来はパンダンというハーブで色付けした寒天です。
これはインドネシア、マレー系のデザートですが、シンガポールのインド人街も楽しまれたlumiereさん、インド本土上陸も間近ですね!
【】
charikoさん

はい、シンガポールに続いておりました。
気になりつつもずっと行けなかったシンガポール。いきなりリトルインディアからスタートした街歩きでしたが、見るものすべて珍しく「インドだー、インドだー」とつぶやきつつキョロキョロしておりました。
あのカレーはとっても辛かったんですけどね、写真を見ているとまたたべたくなっちゃいますねー。
【】
lunta先生

今日もluntaさんのおかげでひとつ物知りになれました。なーんと、あのミドリニョロニョロがチェンドルだったんですね。
「何これ、ヘンなものが入ってる…」なんて思っておりましたが、あれが主役だったとは。 今となってはどんな味だったか思い出せません…。 次の機会にはじっくりと「チェンドル」そのものを味わってみたいと思います。

本物のインドには……果たして上陸の機会はあるでしょうか。 すっごく興味はあるのですが。
この記事へコメントする















lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。