スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
蟹おこわで台南最後の晩ごはん
2010 / 03 / 27 ( Sat )
2010年2月 / 台湾・台南 / 友人と二人旅

CIMG6587_SP0000.jpg

台南の中心部からちょっと離れた「安平(アンピン)」という地区に来てみました。
言葉が通じないことなんて気にせず、ご機嫌におしゃべりし続ける陽気な運転手さんのタクシーに乗って。(でも何となく言っていることがわかるから不思議なものです)

車を降りたら目の前が天后宮。たしか海の安全を守ってくれる神様でしたっけ。
CIMG6569_SP0000.jpg


天井の装飾の何とお見事な。
CIMG6571_SP0000.jpg

CIMG6575_SP0000.jpg


こちらは安平古堡。16世紀にオランダ人によって築かれたという城塞です。
オランダの方、台湾に多くの足跡を残していますねぇ。
CIMG6583_SP0000.jpg

赤いレンガの立派な建築です。
CIMG6582_SP0000.jpg

CIMG6578_SP0000.jpg


大砲だって平和な時代にはちびっ子の遊び道具。
CIMG6579_SP0000.jpg


パンフレットによると、日本統治時代に一度取り壊されて再建されたんですって。あらあら。するとこのレンガは何年くらい昔のものなのかな。
CIMG6584_SP0000.jpg


さて、安平の街歩き。
うわっ、大量の牡蠣をむくおば様方。迫力あるなー。
CIMG6588_SP0000.jpg


ぶらぶら歩きが楽しいショッピングストリート。
CIMG6589_SP0000.jpg


小っちゃい店舗を構えるこちらは、うずら卵のおやつ屋さんです。
CIMG6592_SP0000.jpg


ひとつ下さいな♪
ミニミニタコ焼き機のようなもので作る焼き菓子もあるようでしたが、わたしたちは煮玉子を注文。
10個ほど入って20元(50-60円くらい)だったかと。
CIMG6590_SP0000.jpg


うずら卵っておいしいですよねー。
つるっとむけて、味が染みてておいしい。五香粉の香りがよいですなぁ。
CIMG6594_SP0000.jpg


安平の名物はエビせん。このお店でひと袋買いました。
CIMG6595_SP0000.jpg


ぱりぱりしていながら、みっしりとした噛みごたえがあって、もちろん海老の風味がたっぷり。かさばらなければもっと買いたかったんだけどな。
CIMG6598_SP0000.jpg
他にも台南のスーパーでお菓子やインスタントラーメン(レトルト袋に牛肉の煮たのが入っているちょっと豪華版)など。赤い缶詰は辛いタレで煮込まれた豚肉のそぼろです。ごはんにかけておいしーくいただきましたよ。


さて、晩ごはん。B級づくしの台南旅ではございましたが、最後の晩餐は屋根のある(笑)ちょっといいレストランで食べましょうということになりまして、
CIMG6600_SP0000.jpg


「阿霞飯店」というお店です。
CIMG6614_SP0000.jpg


とりあえず台湾ビール。
CIMG6603_SP0000_20100327123250.jpg


これまた台南名物からすみの入ったオードブル盛り合わせ。からすみは大根の薄切りとともにいただきます。ねっとりと濃厚な風味。
CIMG6604_SP0000.jpg

大好きな青菜とニンニクの炒めものを食べるぞーっと張り切っておりましたが、なんとこのお店には野菜のメニューがない!とのことで、かなりガッカリ。
しかたなく、腸詰のすきまにちょっぴり盛られたキュウリやキャベツの甘酢づけなど、貴重なお野菜をつまみます。
からすみ以外はどれも、どうってことない味(失礼!)なのですが、ビールを飲みつつ旅の反省会をしながらついつい箸が伸びてしまい、結構お腹がふくれてしまいました。

生まれて初めて食べました。ムツゴロウのスープ!
たっぷり浮かんだ刻みショウガに、「臭みが強いのか?」と警戒しましたが、泥くささなどは感じられず、あっさりしたお味。スープもだしがよく出ておいしかった。
CIMG6605_SP0000.jpg


ボーイさんが骨のはがし方のお手本を見せてくれました。何となく黒っぽくてグロテスクな感じですけど、美味しいヤツなんですよ。
CIMG6606_SP0000.jpg


メインの蟹おこわ登場~! ダイナミックすぎるこの盛り付け。写真ではよくわからないかもしれませんが、大きさもすごいんですよ。
CIMG6607_SP0000.jpg

もちろん、文句なくおいしかったのですが、何しろ大量すぎてとても食べ切れませんでした。残念。
お店の方がかわるがわるテーブルに来て「お持ち帰りにしますか?」と聞いてくださるのに、うれしいけれど持ち帰っても食べる機会がないなぁということで、そのたびにお断りしなければならないのが、心底つらかったです……。

とはいえ、サービスで出してくださったデザートはありがたくいただきまして、ごちそうさまでした!
CIMG6612_SP0000.jpg


レストランの目の前は「天壇」という廟。ネオンがぴかぴかですー。
CIMG6615_SP0000.jpg


門前にはお供えを売るお店がずらり。
CIMG6616_SP0000.jpg


台南随一のパワースポットだそうです。パワーをもらえた感じは特にしなかった鈍感なわたしですが、満腹でとっても幸せだったことは確か。
CIMG6618_SP0000.jpg

12 : 41 : 43 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<迷って楽しい自助ごはん | ホーム | 台南 つまみ食い歩き>>
コメント
--カラフルお寺--

天后宮の装飾、豪華ですね!
香港で見たお寺や廟もなかなか色彩豊かねぇ、
と関心したのですけれど、こちらのはその上をいく
カラフルさです~。
しかも夜はネオンピカピカなんて楽しげですらある^^
最後のお食事、盛り付けがどれもお皿から溢れんばかり
でダイナミックですね~。
カラスミがあれほど惜しげもなく積まれているしぃ。
ムツゴロウを選択される辺りはさすがlumiereさん、
何事も、食べず嫌いはいけませんよね!
蟹炒飯もオレンジのミソ部分が本当に美味しそう♪
by: chariko * 2010/03/28 22:26 * URL [ 編集] | page top↑
--charikoさん--

ほんとに何もかもが「溢れんばかり」でした。お料理の盛り付けも、お寺の装飾も。
あちらは、飾り付けにしてもお供え物にしても、とってもハデハデなので、見て回るのが楽しいんですよね。

初体験のムツゴロウ、なかなかのお味でしたよ。
by: lumiere * 2010/03/30 06:38 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/355-9b669bf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。