スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
台南・まんぷくの夜
2010 / 03 / 14 ( Sun )
2010年2月 / 台湾・台南 / ここから友人と二人旅

しばらく部屋で休んでいますとチャイムの音。行方不明だった友人と合流できました。
聞けば、一足先に到着し、ちょいとホテルの前の担仔麺屋さんで小腹を満たしていたのだとか。
「ごめんねー。何しろ朝から機内食しか食べていないものだからお腹がすいちゃって…」と謝る彼女に、「なぬー、台南名物の担仔麺を先に食べちゃったのー。ずるいよ~!」と一応ほっぺたをふくらませて見せたものの、大盛りの朝ごはんと、ギッシリ駅弁をたいらげたわたしのお腹はまだ満たされたままですのでね、オッケーオッケー。
担仔麺、おいしかったよー、との情報に気を良くします。楽しみ楽しみ。

ホテルのすぐ近に「赤崁楼」という名所がありました。台南で一番歴史のある17世紀建築の建物ですって。別名「紅毛城」。台北近くの淡水にも同じ名前の建物がありますね。当時台湾を占領したオランダ軍によって建てられたものだそうです。
CIMG6423_SP0000.jpg

CIMG6422_SP0000.jpg


建築当時の楼閣は地震で全壊し、現在あるものは違う様式で建て直されたそうなのですが、夕暮れにライトアップされた姿がとても美しい。
CIMG6421_SP0000.jpg


さて、担仔麺! 食べに行きましょうっ。 友人にとっては2杯目ですけどね。

台北にも支店のある「度小月」はここ台南が発祥の地……だというのに、すぐ近くの本店ではなく、支店の方に来てしまったのは何故なのかよくわかりませんが。
CIMG6429_SP0000.jpg


2人前お願いしまーす。
煮玉子、駅弁のおかずにも入っていたので、ついついパスしてしまいました。
今思えばやっぱりトッピングしてもらえばよかった~。黒光りしておいしそうです。
CIMG6424_SP0000.jpg


スープが絶品。ピリ辛の肉みそも文句なし。
CIMG6426_SP0000.jpg


夜はこれから。次いってみよう!
CIMG6430_SP0000 - コピー(0)


タクシーでやってきたのは、花園夜市。
夜空にはためく無数のノボリ。おいしいものが呼んでいるー。
CIMG6461_SP0000.jpg


ここ花園夜市は木・土・日の週3回オープン。わたしたちが行ったのは木曜の夜でしたので、それほど混んではいないんだろうなぁと思ったら大間違い!
CIMG6435_SP0000.jpg


ものすごい混雑です!! 人の波に流されてぐーるぐーる。ひゃー、助けてー。
CIMG6449_SP0000.jpg


お店をながめる余裕が少しでてきまして写真撮影。
大鍋でぐつぐつ。
CIMG6454_SP0000.jpg

腸詰がびろーん。
CIMG6448_SP0000.jpg


ミニ釣り堀で釣り上げたエビを、すぐ隣のコンロにて自分で焼いて食べるというシステムのお店。
CIMG6433_SP0000.jpg

ちょっとおしゃれなパン屋さんもあったりして。
CIMG6432_SP0000.jpg

ゲームコーナーも夜市には欠かせません。
CIMG6443_SP0000.jpg


ジュージュー。ひたすらお肉を焼き続ける赤いエプロン姿もりりしいお兄さんたち。
CIMG6445_SP0000.jpg

皆さんおいしそう、楽しそう。
CIMG6460_SP0000.jpg


わたし達も参加しますぞ。ちょっと肌寒いからお鍋にしましょうか。
CIMG6452_SP0000.jpg


何とか空いたテーブルを見つけまして、確か「東北ナントカ鍋」というものを注文しました。テーブルに置かれたコンロの真ん中にお兄さんが液体燃料を注ぎ点火。運ばれてきたお鍋をぐつぐつ煮込みます。
CIMG6459_SP0000.jpg
最後は小さなお椀に入ったご飯を投入して雑炊にしてみました。台湾ではこういう食べ方をしてよいのかわかりませんでしたが。もし、お行儀の悪い食べ方だったらゴメンナサイです。

お腹いっぱいになりまして、ドリンクの屋台で芋頭沙(←紫イモのようなお芋でした)のミルクティーというものを飲んでみました。甘くてとろっとしておいしかったな。
CIMG6444_SP0000.jpg


いやぁ、台湾の夜市のエネルギーにはいつもながら圧倒されます。オモシロかったなぁ。
再びタクシーでホテルの近くまで戻りまして、さらにデザート! だってまだ夜の8時半ですもの。
CIMG6462_SP0000.jpg
左がわたしのあずきたっぷりかき氷。氷の下には杏仁豆腐が隠れているという豪華版ですよ。
南国台南といえど、2月の夜はやっぱり寒くて、右側の友人オーダー暖かいお汁粉の方が正解だったかも。
18 : 07 : 58 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<台南名物・虱目魚のお粥 | ホーム | 台湾新幹線の駅弁>>
コメント
--すごい熱気!--

ふぅ、お友達と会えてよかったぁ(笑)
担仔麺って、食べたことないです~。
辛みそ共々美味しそうだわぁ。
花園夜市は週3回、年中立っているんですよね??
年に1度のお祭りかのごとく、すごい人出ですね(@o@i)
さしづめ、元旦の明治神宮!?
金魚すくいかと思ったらエビ釣りだし~、しかも食用の^^
このエネルギーは凄すぎですっ!!
体力をつけて臨まなくてはですね。
by: chariko * 2010/03/19 21:51 * URL [ 編集] | page top↑
--charikoさん--

はい、ここからは無事二人旅となりました。

夜市のにぎわいっぷり、すごいでしょう。そうです、これ毎週やってるんですよ。台南にはいくつかの夜市がありまして、日替わりで常にどこかの市がたっているそうです。ということは、台南の人にとって、夜市は「たまのお祭り」ではなく「毎日フツーにあるもの」。なのに、この熱気! 
台北でもいくつもの夜市が毎晩毎晩、大勢の人々を集めているし、ホントに台湾の夜市はスゴイ!!です。いえ、すごいのは台湾の皆さんの食欲かも。
charikoさんのおっしゃる通り、生半可な体力では人混みに負けてしまいます(笑)
by: lumiere * 2010/03/20 18:17 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/352-2b5ec53c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。