スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
台湾旅のしめくくりは夜市で
2010 / 02 / 20 ( Sat )
2009年12月 / 台湾・台北 / ひとり旅

迪化街は古い街並みがのこる界隈。
CIMG6309_SP0000.jpg


乾物屋さんの多く並ぶ通りとして有名です。
何も買いませんでしたけどね、眺めながら歩いているだけでも楽しかったな。
CIMG6310_SP0000.jpg


てくてく歩いて、目指すは寧夏路夜市。正味2日間の滞在だった台北、最後の晩餐はやっぱり夜市に来てしまいました。
CIMG6320_SP0000.jpg


オープンして間もない時間帯だと思いますが、早くもおいしいものを求めてお客さんたちが集まってきていますねぇ。
CIMG6319_SP0000.jpg


「蚵仔」って牡蠣のことですね。「大王」を名乗っているところに、自信のほどがうかがえますなぁ。
CIMG6321_SP0000.jpg

例によって壁のメニューをバシッと指さし注文。
せっかくですから牡蠣入りメニューをお願いします。
CIMG6314_SP0000.jpg


牡蠣がごろごろ入ったチャーハンと生姜の効いた猪肝湯(豚のレバーのスープ)です。
チャーハンは大盛りだし、レバーは器からはみだしそう! 台湾の方は内臓系の食べ物がお好きなんですって。日本ではレバーのスープってあまり見かけませんよね。
どちらもおいしかった! けれど、チャーハンは多すぎて半分くらい残してしまいました…無念なり。
CIMG6315_SP0000.jpg
 

満足して屋台エリアをぶらぶら。 
台北に何か所もある夜市ですが、平日でもこんなに混雑しているなんてねぇ。
皆さんお外で晩ご飯が大好きなんでしょうね。

CIMG6329_SP0000.jpg

CIMG6336_SP0000.jpg

CIMG6335_SP0000.jpg


こんなゲームのコーナーもあったりして。
CIMG6342_SP0000.jpg


満腹ではありますが、甘いもの屋台でちょっと食べちゃおうかな。
「紅豆圓湯」。きっとあずきのおしるこに違いない、とは思うんですが、注文しようにも発音がわからないのが何とももどかしい台湾のコトバ。
CIMG6328_SP0000.jpg

屋台のお姉さんがわざわざこちら側に出てきてくれて、わたしが指さす看板の文字を見るや、うむ!とうなずいて、ここに座ってね、と丸椅子をすすめてくれました。

特等席で作業工程を拝見。白いお団子をこねこねしてますね。
CIMG6324_SP0000.jpg

やっぱりおしるこでした。小さいおもちもたくさん入っておいしい。甘すぎず、あと味がさっぱりしているんです。
こちらも大きい丼になみなみで、いささか苦しかったんですが、何しろお店の方の真ん前で食べているので、残すの悪いなーとがんばりまして完食。
CIMG6325_SP0000.jpg
帰り際に「謝々」と言ったら「アリガト」と日本語で見送ってくれましたよ。

このお店はとってもおもしろそう。お客さんが手前のザルに好みの具をポイポイ入れてお店の方に手渡すと…
CIMG6337_SP0000.jpg

裏に回ってみましょ。 コックさんたちが焼いたり揚げたりしてくれるというわけ。
CIMG6339_SP0000.jpg

今回も元気な夜市見物でしめくくった台湾の旅でした。


さて、わたしのRTWの旅はまだ続くのではありますが、長期休暇のとれぬ悲しき勤め人の身。マイル特典航空券にていったん帰国します。近々この特典チケットの復路、成田→台北を使って台北に戻り、RTW旅を再開いたします。


オマケの1枚。台北→成田 ANAの機内食。ワインがすすむメニューでしたわ。
CIMG6347_SP0000.jpg

22 : 00 : 31 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2009年の旅 | ホーム | やっぱりこれ!小籠包 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/349-13a28931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。