スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
旅に出たなら歩かなくっちゃ 
2010 / 01 / 25 ( Mon )
2009年12月 / タイ・バンコク / ひとり旅

いたいたスター選手たち、やっぱりタイといえば象さんですよねー。
3人(?)家族のようです。
CIMG6017_SP0000.jpg

「こらこら、お行儀よくなさい」母さん象に怒られちゃったお兄ちゃん。
CIMG6022_SP0000.jpg


頭の毛がぽやぽやしてる末っ子くんは、まだまだお母さんに甘えたいのね。
CIMG6019_SP0000.jpg


すぐそばの売店で20バーツのエサを買って、象たちにやることができます。
鼻がびょーんと伸びてコワ~イというわけで、後ずさりする子どもたち。
負けじとさらに鼻が伸びてくるので、半泣きになる子もいて周りのみんなは大笑い。
CIMG6026_SP0000.jpg


バイバイ。親子なかよく暮らしてね。
CIMG6043_SP0000.jpg


大きなフードコートがありましたので、ちょっと休憩。
CIMG6041_SP0000 - コピー(0) CIMG6037_SP0000 - コピー(0)


メロンを切ってもらいます。あんまり甘くなかったなぁ。
CIMG6039_SP0000.jpg


楽かった。動物さんたちありがとう。元気でねー。
CIMG6032_SP0000.jpg


動物園のお向かいにあるウィマンメーク宮殿を眺めながら歩いていると、
CIMG6044_SP0000.jpg


何だかピンク色のシャツを着た人々が大勢歩いています。
そういえば、動物園内でもやたらピンク色の人々を見かけたんですが…。
CIMG6047_SP0000.jpg


ひゃー、ピンクだらけ~。
CIMG6051_SP0000.jpg

CIMG6056_SP0000.jpg

察するに、ご病気の国王の回復を祈ってこれから何かの行事が行われるところらしい。
国王様のお誕生日である月曜日には、黄色いシャツを着て敬意を表すというタイの皆さん。ピンクは王様の健康と長寿をお祈りする気持ちを込めた色なのだそうです。
CIMG6053_SP0000.jpg

タイに来るたびに感動してしまうんですが、ほんとに国民に愛されている王様ですね。
この日、赤い服を着ていたわたしは、何だか申し訳ない気分になってそそくさと立ち去ったのでした。


近くにあるワット・ベンチャマボピットというお寺を見学していきましょう。
CIMG6063_SP0000.jpg


どこもかしこも大理石でご立派!
CIMG6060_SP0000.jpg


タイのお寺はそれぞれに特徴があって、とても美しいですね。熱心に祈りを捧げる地元の皆さんの姿を見るのもとても好き。
CIMG6061_SP0000.jpg

CIMG6065_SP0000.jpg


さて、駅まで帰りましょうかね。
道の途中でもたくさんのピンクのシャツの方々とすれ違います。
CIMG6066_SP0000.jpg


鉄道の踏切だ……BTSの駅はまだかしら……と、このあたりでようやく「あ、動物園までタクシーで来たんだっけ。けっこう距離があったよなぁ」ということに気づきます(←バカ)
CIMG6067_SP0000.jpg


歩いても歩いても……。
CIMG6068_SP0000.jpg


やっとパヤータイという駅にたどり着きました~。
あとでちゃんと地図を見てみたらゆうに3キロはありました……。真夏なら死んでいたかも。いえ、途中でタクシーを拾おうかなとも思ったんですがね、何となく歩き通してしまったのです。
CIMG6069_SP0000.jpg


駅の売店でグァバジュースを買って一息いれます。
ま、こういうこともツアーでは味わえない個人旅行のオモシロさだわ、なんて負け惜しみをつぶやきながら。
CIMG6073_SP0000.jpg


バンコク最後の晩餐は、ホテル近くのレストラン「キンナリー」へ。
CIMG6085_SP0000.jpg


ムードあるテーブルセッティング。チャーン・ビールでひとり乾杯。
CIMG6074_SP0000.jpg


こんな楽しいオードブルを頼んでみました。ミャンカムという柔らかい葉っぱで、細かく刻んだエビ、ピーナッツ、玉ねぎ、ライム、ショウガなどをくるみ、エビ味噌をたっぷりのせていただきます。
CIMG6078_SP0000.jpg


葉っぱ包みモノって楽しくっておいしい。このミャンカムは濃い緑色の見た目のわりにクセがなくとても柔らかい葉っぱでした。スパーシーな具もお味噌もとてもおいしく、ピーナッツのカリカリがアクセントになって、次から次へとくるくる巻いてほとんど残さずいただきました。これたぶん2,3人前だと思うんですけどね。
CIMG6082_SP0000.jpg


メインはパンダンリーフで鶏肉を包んで揚げたもの。
かわいいカゴに入ったカオニャオ(もち米)も。
CIMG6083_SP0000.jpg


お店の照明が暗くて、写りが悪いですが、ニンニクが効いてジューシーでとーってもおいしかったんですよ。ビールとももち米ともよく合う濃いめのお味でした。
お店のサービスや雰囲気もよくて、ここはおすすめ。
CIMG6084_SP0000.jpg


帰り道コンビニでちょっとした買い物をしたんですけれどね、アイスクリーム、爪切り、ガムで日本円にして合計150円ほど! いやぁ、改めていいところだなぁと思いました。帰りたくないなぁ。
CIMG6092_SP0000.jpg


バンコクで買ったものはこちら。スーパーで買ったお菓子やドライフルーツに、「ナラヤ」のコットン小物などなど。
CIMG6094_SP0000.jpg


このナッツのお菓子、食べるとお金持ちになれるんでしょうか。
CIMG6093_SP0000.jpg

15 : 54 : 28 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<台北へ移動します。 | ホーム | バンコクの動物園>>
コメント
--No title--

バンコクなもんで思わず連続コメント。
駅でよく売っているSoontraのジュース、おいしいですよね。もし酸っぱい味がお好きでしたら次はぜひパッションフルーツを飲んでみてください。目が覚めるほど酸っぱくておいしいんです。

国王陛下の平癒祈願はますます熱が入っていますね。政治的な不安定をなんとか持たせているのは国王なので、それで一層みなさん必死なのだそうです。後継者にとても不安がある、ということはタイ国内で言うと不敬罪で逮捕されるそうです・・・。


by: lunta * 2010/01/25 19:08 * URL [ 編集] | page top↑
--luntaさん--

うふふ、バンコク大好きluntadさんですものね。連続コメントありがとうございまーす。
はい、この駅ジュース、色鮮やかにいろんなフレーバーがありましたね。次回はパッションフルーツいってみます。

なるほど、王様への熱い思いはなかなか複雑なものだったんですね。
わたしは、万が一のときには街中あちこちに掲げられた王様の写真をいっぺんに取り換えなきゃならないんだろうなぁ、大変だなぁなんて思っておりました。 はっ、こういうこともうかつに言ってはいけないんでしょうね。
by: lumiere * 2010/01/25 20:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/344-879f0ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。