スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
全メニュー制覇! 全州のお昼ごはん
2009 / 12 / 08 ( Tue )
2009年11月 / 韓国・全州 / 友人と二人旅


落ち葉をカサカサ踏みしめながら、梧木台という丘に登ってみます。
CIMG5579_SP0000.jpg

CIMG5571_SP0000.jpg


全州の古い家屋を保存した韓屋村が見おろせます。
CIMG5574_SP0000.jpg

その韓屋村の中にある、全州韓校。
中国と韓国の儒学者たちの位牌が納められているのだそうです。
CIMG5584_SP0000.jpg


こちらもイチョウのじゅうたんが見事。ぎんなんのカグワシキ香りも漂っております。
CIMG5585_SP0001.jpg CIMG5590_SP0000 - コピー(0)


…とくれば、やっぱりいらっしゃいましたね。ギンナン拾いのアジュンマさん。
CIMG5593_SP0000.jpg


あんなにたっぷり朝ごはんを食べたのに……、しっかりとお腹がすいてまいりましたので、こんなローカル色満載の道をぶらぶらと歩きまして、
CIMG5597_SP0000.jpg CIMG5598_SP0000.jpg

CIMG5599_SP0000.jpg CIMG5601_SP0000.jpg


こちらの「ベテラン」というお店へ。道路に面したこのそっけない入口は、厨房の出入り口でしたので、奥へ回ってみますと、
CIMG5614_SP0000.jpg

さらに、そっけなーい入口から食堂へと入ります。
CIMG5612_SP0000.jpg

でも、中は大混雑でびっくり。このあたりの道は人の往来もあまりないのに、皆さんいったいどこから集まってきたのでしょ。

このお店のメニューは3つだけ。オール4000ウォン=300円くらいです。
こちらはマンドゥ。餃子のような皮でつつんだ肉団子。こぶりですが肉汁と春雨のジューシー感が美味なり。
CIMG5602_SP0000.jpg


寒い日はオンドルがうれしいです。ずっとここにいたいねぇ。
CIMG5605_SP0000.jpg


カルククス。おうどん風の麺料理です。すぐにかき混ぜてしまったので、上にかかった海苔のお隣の粉の正体は謎のまま。
CIMG5603_SP0000.jpg

やわらかめの細い麺にスープと卵がからんでとってもおいしい……ですが、量が多くて食べても食べても減りません。2人でひとつにしておいてよかった。

……といいつつも、食べ終えてみると、壁に貼られたメニューが気になります。
3つしかないメニューの残るひとつは「チョルミョン」。「読めるけれども意味がわからない」というハングル入門者レベルのわたし達ですが、ま、せっかくですから全メニュー制覇を達成すべく注文してみましょ。お腹に余裕もあることですし。

真っ赤っかの混ぜ麺でした。上にのったコチュジャン、ちょっとどけてから混ぜればよかった……。とーっても辛かったですー。
CIMG5607_SP0000.jpg


家族連れでいっぱいの気軽なお店。ヤカンの中味はお茶ではなくて「ただの水」でした。
こういうところで食べるのも楽しーい。
CIMG5610_SP0000.jpg CIMG5609_SP0000 - コピー(0)

12 : 01 : 10 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<韓国伝統茶のひと時 | ホーム | コンナムル・クッパであたたまりました。>>
コメント
--No Title--

さすがLumiereさん、ハングルが読めるんですね。
韓国はあの文字が読めなくて、英語表記が結構あるタイやインドより苦労するんですよね。ローカルな食堂に入った時はまわりの皿を指差し(笑)。
こんな記事を見せられると韓国に飛んで行きたくなっちゃいます。オンドル部屋に民宿もたのしそうだなあ、ラブホもおもしろいですけど。
by: lunta * 2009/12/10 00:41 * URL [ 編集] | page top↑
--luntaさん--

ハングルの読み方は、いくつかの部首(というのかなぁ)を覚えれば、あとはその組み合わせなので、案外簡単に覚えられますよ。
読み方がわかるというだけで、意味はわからないことがほとんどですが…。
わたしも何年か前に、NHKのラジオテキストの4月号を買ってきて(つまり一番安いテキストです・笑)覚えました。

今回の旅で、韓国の面白さ、そしておいしさを再認識。またすぐにでも行きたいですー。
by: lumiere * 2009/12/13 20:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/334-0b8e0b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。