スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
フランスで中華料理
2009 / 10 / 23 ( Fri )
2009年9月 / フランス・リヨン / ひとり旅

フランスで中華料理屋さんに入るのが大好き、という変わった趣味をもっております。
今回は短い滞在期間ゆえ、早めに行っとこう!というわけで、前に入ったことのあるセレスタン広場のお店に向かうも、日曜日でお休み……。

ま、歩いていればそのうち見つかるでしょう。
大通りからちょっとそれたシャリテ通りをキョロキョロ。
中華屋さんって脇道に店を構えていることが多いんですよね。あまり治安がよくないといわれるこの通り、夕闇迫る中ちょっと早足になりつつ……。
あったあった、この赤いちょうちんはまさしく中華屋さん。屋根にはドラゴンが。
その名もLa Chine中国。
228_SP0000.jpg


フランスの庶民的な中華料理屋さんは、ベトナム料理やタイ料理も出すところがほとんど。
このネムはベトナム風の揚げ春巻きです。わたしが絶対に注文する一品なんですよ。
225_SP0000.jpg

広げたレタスにネムとミントの葉っぱをのせてくるり。ちょっと甘くてピリッとするタレをつけてガブリとやると、かりかりの皮の中でお肉と春雨がじゅわっとなって、ホントにおいしい。
フランス人にも大人気のネム。そっと観察していると、なんとすべてのテーブルに運ばれていきました。

これまたわたしの定番、酸辣湯(サンラータン)。フランス語ではpotage pekinois北京風ポタージュというお名前。なみなみと注がれておりますなぁ。この酸味と辛味がいいんです。れんげが止まらなーい。
226_SP0000.jpg

この時点ですでにほぼ満腹なのですけれど、焼きそばなども。
フランスの中華屋さんでは、なんだかいつも同じものばかり食べているので、たまには浮気してみようかな、とも思うのですが、やっぱり毎回こんな感じになっちゃうんですよね。
具だくさんでおいしい焼きそばでした。
227_SP0000.jpg


いやぁ、満腹満腹。帰りは大通りを行きましょう。
229_SP0000.jpg

ずっと歩いていたい気分だけれど、ホテルに到着。
230_SP0000.jpg


今日から3泊お世話になるのはシタディーヌ。世界中あちこちにチェーン展開しているアパートホテルです。

このソファがベッドに変身するのか……。
231_SP0000.jpg


むむ、できるかなぁ。
221_SP0000.jpg


途中経過でございます。 
「ちょっと誰かそっち側持ち上げて~!」とお願いしたいけれど、自力でがんばるしかありません。このままにしておくわけにもいきませんからねぇ。
232_SP0000.jpg


満身の力を込めて……ふんっと! おおっ、できたー! ヘトヘト。 
この調子では「万年床」になっちゃうかなぁと危惧しましたけれど、なんとか頑張って毎朝晩この重労働をこなしましたよ。
233_SP0000.jpg

00 : 04 : 11 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<星の王子様の生まれ故郷? フランス・リヨン | ホーム | 雨のち晴れ 遺跡の街ヴィエンヌ>>
コメント
--No title--

lumiereさん こんばんわ^^

ご無沙汰して御免なさいね。
四月ぐらいから旅だと思いますから、まだ日本にいますよね。

毎度の何処の国でも中華料理店ですね。
どちらの国でも無難なのが中華料理。
私も大好きな酸辣湯・・・・・辛さと酸味が刺激的で大好きですよ。
家でもたまに酸辣湯もどきをつくりますよ。
これをみると急に食べたくなりました。

ひとり旅だから治安が良くないところでは細心の注意をはらわなくてはね。
by: b-pig * 2010/02/03 18:18 * URL [ 編集] | page top↑
--b-pigさん--

お返事が遅れてすみませんでした。実は、4月の釜山の前にアジアの暑い某国を旅しておりました。

毎年のように訪ねるフランスですが、中華料理のお店に行くのが習慣化しています。お目当ては「ネム」! 
ベトナム料理なのですが、フランスの中華料理店には必ずあって、とってもおいしいんです。
そういえば韓国の中華料理店には、ジャジャ麺というのがあるそうですね。ずっと食べてみたいと思っているのですが、次回の韓国旅あたりでそろそろ実現したいと思っております。
どこの国にもある中華レストランですが、やはり少しずつ違うのがおもしろいですね。
by: lumiere * 2010/02/11 18:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/319-d11373d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。