2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

2009年6月 / カナダ・モントリオール / ひとり旅

モントリオールでのお泊まりはレ・ボン・マタン
地下鉄Lucien L’Allier駅のすぐ近くのB&Bです。
長屋スタイルの建物の3棟ほどがホテルとして使われています。
Poland  Canada 09 374_SP0000


建物の裏側のらせん階段も素敵でしょ。
Poland  Canada 09 437_SP0000


わたしのお部屋はこちら。
Poland  Canada 09 368_SP0000


廊下にいったん出て、別の小部屋にシャワーとトイレが備わっています。
Poland  Canada 09 367_SP0000

Poland  Canada 09 376_SP0000

同じ階にもう一部屋客室があるのですが、そのお部屋には室内にバス&トイレがあるので、このシャワー&トイレルームは専用で使えます。
面白いけれどやはりちょっと不思議で不便なつくり。
きっと個人の住宅だった建物をホテルに改装したんでしょうね。
はじめこそ、部屋も洗面室もいちいち鍵を開け閉めして、そーっと行き来していましたが、そのうち両方ともあけっぱなしで、パジャマにスリッパなんて恰好で、廊下を行ったり来たりしておりました。

玄関ホール。玄関と部屋の鍵を渡され、滞在中は自由に出入りできます。
Poland  Canada 09 372_SP0000


床は傾いてギシギシ。お隣や階上の客室の物音も結構聞こえてしまうこのお宿……、でしたが、魅力は朝ごはん!
あらかじめ予約していた時間にいそいそとお隣の棟の玄関へと向かいます。
Poland  Canada 09 386_SP0001

朝食ルーム。
Poland  Canada 09 380_SP0000


ちょこちょことお皿にとって戻ってきたら、
Poland  Canada 09 382_SP0000

焼きたてのフレンチトーストをサーブしてくれました。
ライムとパッションフルーツのクリームを添えていただきます。甘ーい。でもとってもおいしい。
Poland  Canada 09 383_SP0000



卵料理はこちらから選ぶんですね。迷う~。
Poland  Canada 09 381_SP0000


野菜のオムレツをお願いしました。
Poland  Canada 09 384_SP0000


たいへん満足いたしまして、さてさて街歩きへと出かけましょう。
かわいい袋にチップを入れるのを忘れないようにね。
Poland  Canada 09 371_SP0000



【】
lumiereさん こんにちわ^^

lumiereさんは長崎旅行も終わり既にアシアナでパリに旅立っているのにこちらはまだカナダ最初の宿で一泊目を迎えようとしています。
いくらジジイとはいえあまりにも遅くてごめんなさい。
ホテルの裏の外部階段がいかにも外国らしいですね。
部屋もこじんまりとしていて偶にはこんなホテルも良いかもしれませんね。
ジジイは朝食の卵料理のメニューが読めないので思いとは違うものを注文しそうです。
フレンチトーストも焼き立てだと一段と美味しいでしょ。
そうか、カナダだからフランス語もありなんだ。
【b-pigさん】
ひとつひとつの記事にコメントいただいて恐縮しております。
どうもありがとうございます。
モントリオールはフランス語圏ケベック地方の中心都市で、街中にフランス語があふれていました。
スイスやベルギーもそうですが、同じ国の中で地方によって異なる言語を話しているなんて面白いですよね。
カナダは初めて行きましたが、小さな親切をたくさんいただいて幸せな気分で旅をすることができました。
ぜひ再訪したいと思っています。
この記事へコメントする















lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。