スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
オーストリア航空で大西洋を横断
2009 / 08 / 23 ( Sun )
2009年6月 / 大西洋横断 / ひとり旅

ポーランドを発つ朝はスーパー早起き。
朝焼けのクラクフ駅にお別れを告げまして、
Poland  Canada 09 344_SP0000


朝6時発の空港行き電車を待ちます。ホームはガラーン。
Poland  Canada 09 345_SP0000


クラクフ空港に到着。小さな空港だけれど、朝から結構にぎわっていますね。
Poland  Canada 09 348_SP0000


スターアライアンス・世界一周の旅、お次の目的地はカナダ・モントリオールです。
アメリカにはさほど興味のないわたし、北米大陸初訪問の地として、カナダを選びました。
フランス語圏ケベック州最大の都市にして、「北米のパリ」と称されるモントリオール。
ほんとにみんな、フランス語を話しているのかを確かめるために(笑)、行って参ります。

さて、モントリオールまでの長い道のり、まずはポーランド航空の小さな飛行機に再びお世話になります。
この、タラップを歩いて飛行機に乗るっていうの、割と好きなんですよねー。
Poland  Canada 09 350_SP0000


待ってました、朝ごはん。 
1時間ちょっとの飛行時間なのに、おいしい機内食をありがとう! 
「プリンス・ポロ」のチョコウェハースがここにも。
Poland  Canada 09 352_SP0000


スターアライアンス・グループ便でヨーロッパからカナダへ向かうには、ルフトハンザ、スイス航空、エアカナダなど、いくつものルートがあるのですが、今回はオーストリア航空にて大西洋を渡ります……というわけで、ウィーン空港に到着しまして、しばしラウンジにて休憩。
Poland  Canada 09 353_SP0000


「なんとなくエレガントなイメージだから」ということで選んだオーストリア航空でしたが、すばらしいサービスとおいしい機内食に感激。
今回の旅でわたしが搭乗した中でダントツNo.1の航空会社に決まりです!

真っ赤なユニフォームが素敵なベテラン女性パーサーさんと握手でごあいさつを交わしたあとは、お食事タイムの始まり~。

生ハムとチーズのひと皿でスタート。
Poland  Canada 09 355_SP0000


ワゴンサービスがうれしい前菜は、「全部ください!」と言いたいところを抑えて、こんな感じに盛り付けていただきました。
Poland  Canada 09 356_SP0000

これがすべておいしいんです。やっぱり全部くださいって言えばよかった。
Poland  Canada 09 357_SP0000


「りんごとセロリのポタージュ」なんてどんなの?と思ったけれど、これがまたおいしい。
りんごの甘さとセロリの香り……このコンビネーションを考えついた人はエライ!
大きなスープ鉢からひとりひとりのカップにサーブしてくれます。
Poland  Canada 09 358_SP0000


そしてメインは牛フィレステーキ。
お肉の下のマッシュポテトは、なんとワサビ風味なんですよ。おしょうゆ味のトマトともやしのソテーに、トッピングはゴマに白髪ねぎ。絶品でした。
Poland  Canada 09 359_SP0000

Cクラスただ一人の日本人乗客としましては、えっへん!と自慢したくなるような(←なぜアナタが?)和風味のメインディッシュでございました。

デザートももちろんワゴンから選びます。
おいしそうなケーキにも心惹かれつつ、フルーツとマスカルポーネのアイスクリーム。
甘いポートワインもいただきました。
Poland  Canada 09 362_SP0000

そしてそして、オーストリア航空ご自慢のコーヒーサービス。
10種類もの中から選びます。
ふだんコーヒーをほとんど飲まないわたしでさえ、心トキメキましたから、コーヒー好きのかたにはたまらないサービスでしょうね。
Poland  Canada 09 360_SP0000


メニューを熟読のうえ選んだのは、アインシュペンナー、いわゆるウィンナコーヒーですね。
お水のコップ、小さなチョコレートとともに、銀のトレイでご登場。ウィーンのカフェ式のサービスが心憎いですなぁ。
Poland  Canada 09 364_SP0000


9時間弱のフライト。シートを倒してウトウトしたり、読書をしたりで時間を過ごし、2度目のお食事です。
タンドリーチキン風の味付けのチキン・ブロシェットに、アプリコットケーキ。
Poland  Canada 09 365_SP0000

長距離路線の場合の、セカンドお食事サービスは、ちと美味しくない場合が多いような気がするのですが、これはとっても美味しくて、わたしの中でのオーストリア航空に対する評価はウナギ登りとなりました。

着陸間近、またもパーサーさんがあいさつに来てくださって、がっちりとその手を握りしめ「とっても楽しいフライトでした。ありがとう!」とお礼を述べたのでした。

カナダ・トロント空港。あともう一つ飛行機に乗らなくちゃ。
Poland  Canada 09 366_SP0000


エアカナダで一時間(飲み物のサービスのみでしたので写真はナシです…)、ようやくモントリオールにたどり着きました。

バスと地下鉄を乗り継いで、ようやくホテルに到着。
Poland  Canada 09 487_SP0001

やれやれ遠かったー。

16 : 22 : 08 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<モントリオール B&Bのおいしい朝ごはん  | ホーム | 三日連続 「ジューレック」>>
コメント
--No title--

ん~、またまた通な選択のオーストリア航空。
今時ビジネスクラスでワゴンサービスとは、長距離フライトといえども立派ですね。
オーストリアって特にサービスがいいというイメージはなかったのですが、認識を改めなきゃいけませんね。
スタアラのマイルがたまってるのでオーストリア航空、乗ろうかしら。機内食を食べるために(笑)
by: lunta * 2009/08/23 22:58 * URL [ 編集] | page top↑
--luntaさん--

ワゴンサービスってわくわくしますよねー。乗務員さんたちは大変でしょうけれど。
お味の方もとってもおいしかったんですよ。
(あ、もしかしてポーランド滞在のあとだったので、格別においしく感じたのかも……)

RTWの旅ではいろいろなエアラインの乗り比べも楽しみ。
今回はこのオーストリア航空が一番!でした。
by: lumiere * 2009/08/24 21:27 * URL [ 編集] | page top↑
--http://nfpig.exblog.jp/--

lumiereさん こんばんわ^^

一枚目のクラクフ駅舎が如何にも東欧という雰囲気ですね。
流石にビジネスは料理や飲み物も良くて長距離はビジネスに限りますね。
長期の海外滞在だとフィレステーキの山葵風味の和風味はありがたいでしょ。

私もやっとカナダに到着しました。
by: b-pig * 2009/10/01 03:31 * URL [ 編集] | page top↑
--b-pigさん--

カナダ編へようこそ!
世界一周チケットのおかげで、快適なビジネスクラスを格安に乗り比べができました。
中でもこのオーストリア航空はすばらしかったです。最近経営不振のためにルフトハンザに買収されたとニュースになりましたが、サービスのレベルの高さは保持していただきたいものです。
by: lumiere * 2009/10/03 09:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/303-c976640a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。