2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫

2009年6月 / ポーランド・クラクフ / ひとり旅

カジミエーシュ地区から中央市場広場方面へと戻ります。
路面電車に乗りたいなあ、と思いながらも、ルートがよくわからず、結局かなりの距離を歩きとおしてしまいました。
Poland  Canada 09 258_SP0000

でも緑いっぱいの並木道が続いているので、疲れた足と体ながらも心は楽しく歩けます。
……でもやっぱり疲れた~。
Poland  Canada 09 260_SP0000

というわけで、広場のカフェで休憩。ガス入りのシュワッと冷たいお水で元気を取り戻します。
Poland  Canada 09 261_SP0000


広場にそびえる聖マリア教会。 
Poland  Canada 09 091_SP0000


何回かのぞいてみたものの、そのたびにミサの最中で入れず、4度目の正直でようやく内部を見学することができました。
Poland  Canada 09 092_SP0000


すばらしい祭壇の装飾。
Poland  Canada 09 259_SP0000


本日の夕食は、ホテル近くのグルジア料理のお店にて。ポーランドと隣接しているわけでもないのに、なぜここにグルジア料理店が?? と思いつつも、どんなものやら気になりまして。
Poland  Canada 09 264_SP0000


グルジア風ポークステーキというもの。
Poland  Canada 09 263_SP0000


三種類のスペシャル・ソースを添えて云々、とメニューにはあるものの、お味はケチャップ風、マヨネーズ風、ヨーグルト風ととくに特徴的でもないような……。 ほんとにグルジア料理ってこういうものなのぉ? と疑惑を覚えつつも、ホンモノを食べたことがないからわからないんですよね。
Poland  Canada 09 262_SP0000


まあ、そこそこ満足いたしまして、お宿へもどります。
おっとおやつも忘れずに買いました。
Poland  Canada 09 265_SP0000

どこにでもあるRay’sのポテトチップスと、たぶんポーランドのブランドではないかと思われるCappyのいちごジュース。(Wikipediaで調べてみましたら、やはりポーランド生まれのジュースブランドらしいです。しかし現在はコカコーラ社の所有だそうで……)
いちごのジュースってちょっと珍しいですよね。滞在中にCappy印のオレンジジュースやレモンジュースも飲みましたが、どれも濃厚な味でとてもおいしかったです。

唐突に「撮っておこう」と思いついて、ポーランド・ズロチの記念撮影。1ズロチが30円ちょっとくらいだったかな。
お札に四角やダイヤのマークをつけているところが面白い。
Poland  Canada 09 266_SP0000

ほとんど使い切り、記念にコインを一つだけ手元に残して、あとは空港のユニセフボックスにチャリーンと入れてしまったので、今度お会いするのはいつの事やら。あ、その頃にはユーロになっているかも知れませんね。


【】
ポーランドというと、なんとなく暗い過去の時代を
イメージしてしまいますが、lumiereさんのレポートを
拝見する限り、「なんと清々しく爽やかな街なんでしょう」という印象に大変更!
このクラクフがそうなのでしょうか、ほんと、美しい街ですね。
教会の祭壇がまたいいっ!描かれたもののストーリーを掘り下げてみたくなりますね。
そして、相変わらずのチャレンジンググルメ♪
密かに楽しみにしているんですぅ^^でもグルジアとは恐れ入りました!
過去記事もゆっくり拝見させていただきますねー。
塩の洞窟、興味深々!!
【charikoさん】
わたしも未知の国ポーランドに対してはまったく同じイメージを抱いていましたので、実際に行ってみて、他のヨーロッパの国と変わらない華やかな街の雰囲気にびっくりしたんですよ。
クラクフは世界遺産の街ですし、観光客も多いので一層そう感じたのだと思います。

グルジア料理、たまたまホテルの近くにお店があったので入ってみました。今グルジアのお国は情勢不安定のようですけれど、お料理の方はなかなかおいしくいただきました。

塩の洞窟見物はおススメです。見ごたえありましたよー。
【No title】
lumiereさん こんにちわ^^

素晴らしい教会の祭壇ですね。
見応えもあり写し応えもありますね。
日本人には宗教心が希薄ですから・・・ここまでは?と思いますが
特にカトリックの教会はそうなんでしょうね。
日本の寺社仏閣とは表現が違うだけで本質は同じなんでしょうね。
ステーキがでかそうに見えます。・・・・ヨーグルトソースがグルジア風かしら?
【b-pigさん】
こんにちわ
ヨーロッパの古い教会や聖地といわれるところに行くと、日本のお寺や神社と同じ空気を感じます。
人々の信仰心ってほんとに世界共通なんだなぁと思います。
わたしは教会めぐりが大好きで、訪ねた街の教会には可能な限り入ってみることにしています。
ポーランドは国民の90%以上がカトリック教徒だとか。自然と聖堂の装飾も豪華になってしまうのかもしれませんね。
偶像崇拝を嫌うシナゴーグのシンプルなたたずまいも感動的でしたが、キリスト教会の見事な装飾もまたすばらしいと思います。

グルジア料理は本場モノを食べる機会はなかなかなさそうですから、ここで経験することができてよかった、と思うことにしましょうか。
わたしとしては、Cappyのいちごジュースの味が恋しいのですが。
この記事へコメントする















lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。