スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
クラクフ 世界遺産の街をお散歩
2009 / 07 / 22 ( Wed )
2009年6月 / ポーランド・クラクフ / ひとり旅

翌朝。窓の外は駅前広場です。
Poland  Canada 09 038_SP0000


3階の部屋から階段を降りて、朝食をいただきにまいりましょう。
一段一段歩いて降りるしかないのです。エレベーターがないんですもの。古ーい建物ですからね。
Poland  Canada 09 042_SP0000


おいしそうなものがたくさん並んでおりますよー。
Poland  Canada 09 044_SP0000

Poland  Canada 09 045_SP0000


ポーランドはハム類が名産。種類豊富にそろっています。
Poland  Canada 09 052_SP0000 Poland  Canada 09 054_SP0000

Poland  Canada 09 049_SP0000 Poland  Canada 09 051_SP0000

Poland  Canada 09 047_SP0000 Poland  Canada 09 043_SP0000


たっぷりいただきましょう。
Poland  Canada 09 048_SP0000

フルーツもね。
Poland  Canada 09 053_SP0000


ホテルの正面。短い滞在ではありましたが、お世話になりました。
今夜からは、もうちょっと中心部に近いホテルに宿泊します。
Poland  Canada 09 055_SP0000


ひろびろ駅前広場。
Poland  Canada 09 057_SP0000


クラクフ駅の立派な建物。
Poland  Canada 09 058_SP0000


その昔、クラクフの街は周囲を城壁に囲まれていたのだそうで、街の入り口にどんと構えたこの円形砦バルバカンで兵士たちが敵の侵入を見張っていたのです。
Poland  Canada 09 082_SP0000

Poland  Canada 09 078_SP0000

中に入って見学できます。
Poland  Canada 09 079_SP0000 Poland  Canada 09 080_SP0000


砦の先にはフロリアンスカ門。クラクフの中心部へと続きます。
Poland  Canada 09 081_SP0000


第二次大戦中、ドイツ軍司令部が置かれていたために、空爆を免れたこの街は中世の街並みをそのままに残しています。街全体が世界遺産。
Poland  Canada 09 083_SP0000


あちこちで見かけたパン屋さん。売り子さんはみんなこんなふうに白衣を着ていました。
Poland  Canada 09 084_SP0000


旧市街の中心、中央市場広場に到着。
Poland  Canada 09 095_SP0000


青空にむかってそびえるのは聖マリア教会。
Poland  Canada 09 094_SP0000


こちらは旧市庁舎の建物。
Poland  Canada 09 096_SP0000


お花屋さんも店開き。晴天の日曜日とあって大変な人出です。
Poland  Canada 09 103_SP0000


突然、ただならぬ地響きとともに、パッカパッカとせまりくるひづめの音。
うわー、馬車だー。
Poland  Canada 09 090_SP0000

中世の街にぴったりなその姿に、夢中でシャッターを切るも、その後あまりにも大量の観光馬車に遭遇し、最後にはすっかり見飽きました。

こちらでは馬車がずらりと並んでお客待ち。
Poland  Canada 09 105_SP0000


すてきなアコーディオンの演奏を披露してくれた4人組。しばらく聞かせてもらって、コインを投げて立ち去ろうとすると、わたしの好きな曲が始まり、また離れられなくなりました。
しかし、この楽隊さん、翌日には3人になり、その翌日には2人組になっていました。どうして?
Poland  Canada 09 088_SP0000

彼らの後ろに見える細長い建物は、14世紀に建てられたという旧織物取引所。現在は内部がお土産屋さんのアーケードになっています。
Poland  Canada 09 100_SP0000 Poland  Canada 09 098_SP0000


4万㎡もの広場のまわりにはぐるっと無数のレストランがテーブルを並べています。
お昼ごはんはどのお店にしようかな。
Poland  Canada 09 086_SP0000

21 : 23 : 55 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<美しき街 クラクフ | ホーム | 地球をぐるり RTWの旅 第二弾スタートします>>
コメント
----

次の行き先がポーランドだったとは。意外な展開にびっくり。
まだこの国が共産国だった頃おばが行って、食事がとにかくまずかった、とそればかり言っていたのであまり魅力的なところと思えませんでした。
でもlumiereさんの泊まったホテルの朝食だけでもすごい充実ぶりですね。
時代が変わったせいなのか、おいしそうなものがあるとわかれば俄然興味が湧いてきます(笑)。
by: lunta * 2009/07/23 23:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

luntaさん

わたしも自分がポーランドに行く日がくるなんて、思ってもいませんでした。なかなか馴染みのない国ですよね。
おば様は旧体制時代のポーランドにいらしたことがあるのですね。それはすごい。さすがluntaさんのご親戚(笑)

ポーランドの食事……、今回とーっても気に入ってしまった一品がありまして、これからご紹介いたしますが、うーむ、それ以外はどうだったかなぁ。確かにものすごくおいしい!ってものには出会えなかったかも……です。

でもクラクフ&その近郊は見るべきものがたくさんあって、たいへん満足のいく旅ができました。
ちびちびと更新してまいりますので、よろしくおつきあいくださいませ。
by: lumiere * 2009/07/24 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

lumiereさん こんばんわ^^

ホテルの朝ごはんすごく豪華なように思えますね。
ポーランドはハムが特産品なんですか。
それは美味しいハムがたくさんあったでしょうね。
ハムが特産品ならばポーランドの料理は豚肉料理がメインですかしら?
クラクフ駅舎や広場、そのほかの街の建物も東欧を想わせるものですね。
写真が以前と比べると随分シャープになったような・・・・カメラを替えた?・・・・それとも腕があがったかしらね?
by: b-pig * 2009/08/14 21:13 * URL [ 編集] | page top↑
--b-pigさん--

このホテルは古めかしくも由緒ありげなたたずまいで、なかなかすてきでした。
朝食もいろいろなものが美しく盛りつけられていて、朝の食堂でゆっくり食べていると「幸せだな~」なんて思ってしまいました。
旅の朝ごはんってなぜか気分が高揚しますよね。

写真をお褒めにあずかり、ありがとうございます。 カメラは相変わらずのちっちゃいデジカメなんですが。
b-pigさんのように本格的なカメラを手に、きれいな写真を撮ってみたいなぁとは思うものの、一眼レフは重いし、難しそうで使いこなせそうにありません。
欲しいなーとは常々思っているのですが……。 でも、これを買うお金でどこかに旅行に行けるもんなぁ、とすぐ思ってしまうのです(笑)
by: lumiere * 2009/08/15 16:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by: 履歴書の封筒 * 2012/10/21 02:14 * URL [ 編集] | page top↑
--履歴書の封筒さん--

初めまして。コメントありがとうございます。
クラクフに行ったのは、早3年前…。楽しい旅でした。
機会があったら今度はワルシャワにも行ってみたいな、と思ってはいるのですが。
つたないブログですが、よろしければまたいらしてください。
by: lumiere * 2012/10/21 15:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/295-c57ca47a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。