2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

2009年5月 / 韓国・釜山 / 友人と二人旅

オンドル部屋で熟睡の一夜が明けまして(友人はフツウのベッドお部屋でした。物好きの私と違ってね)、さて朝ごはんに出かけましょ。
「どこかおいしい朝ごはんの食べられるお店を教えて下さいな」とお願いすると、ホテルのフロントのお兄さんは「うーーむむーー」と苦悩の表情。
えっ、そんなに難解な質問しちゃいました? 聞けば、このあたりの食べ物屋さんはたいてい10時か11時頃開店、朝早くから営業しているお店はとても少ないのだそうです。
それでも、ちょっと歩いたところにある24時間営業の食堂を教えていただきまして、いそいそと向かいます。

ここ。キンパプ屋さんですが、他にもいろいろメニューがそろっています。
Pusan 09 049_SP0000


貸切状態。入口の横にキンパプをつくるコーナーがあります。ささっと作って持ち帰りのお客さんに渡すんでしょうね。
Pusan 09 046_SP0000

友人オーダーのカルククス(おうどん風)とおかず(パンチャンって言うんですよね)いろいろ。
Pusan 09 042_SP0000

わたしのカルビタン。山盛りごはんつきです。グツグツ煮立ってます。
Pusan 09 043_SP0000


今日は車をチャーターして、1日慶州ツアー。一度も日本に行ったことがないのに、日本語ぺらぺらのドライバー、チョウさんが案内してくれます。

釜山から慶州へは1時間ほどのドライブ。雨なのが悲しい……。
台風もどかすほどの晴れ女パワーを誇ってきたわたしなのに…。

途中で立ち寄ったサービスエリア。立派な山が連なっています。スナックのお店があるのは日本と同じですね。
Pusan 09 050_SP0000 - コピー(0) Pusan 09 051_SP0000 - コピー(0)


世界遺産の街・慶州に着きました。屋根のない博物館と呼ばれるほどに貴重な遺跡がたくさん残っている古都です。

仏国寺(プルグクサ)。
Pusan 09 052_SP0000

Pusan 09 056_SP0000 Pusan 09 055_SP0000


Pusan 09 053_SP0000 Pusan 09 057_SP0000

お説法を聞きに来た皆さんの傘と靴。
Pusan 09 058_SP0000


慶州はその昔、ハネムーンのメッカだったそうで(今は済州島や海外へ行くカップルが主流だそうです)、その頃にこの石の塔に小石を投げて、うまく乗せることができれば、男の子を授かるという言い伝えがあったとか。そのためにみんなが一生懸命小石を投げるものだから、あるとき笠の部分がボキっと壊れてしまったのだそうです。今では石投げ禁止に…。
Pusan 09 060_SP0000


お次は坂道を登って石窟庵(ソックラム)へ。
ガードレールなどないので、うっかり崖下へ転落しないように気をつけないと。
雨に煙っております。
Pusan 09 068_SP0000 Pusan 09 070_SP0000

石窟の中の仏像は撮影禁止。そのお姿は胸に刻みつけましたよ。

このへんでお昼ごはんにいたしましょう。
「サンパプが食べたいですっ!」とチョウさんにリクエストして連れてきてもらったのがここ「クロサンパプ」。
Pusan 09 084_SP0000

じゃじゃーん。テーブル狭しとならんだおかずの皿、皿、皿~。
Pusan 09 073_SP0000

果たしてすべてのおかずを味見することができたのか、いまでもちょいと自信がありません。ひとつふたつ食べ忘れたのがあるかも。

Pusan 09 076_SP0000 Pusan 09 075_SP0000

左のお皿はカキのキムチです。おいしいんですよー。新大久保のキムチ屋さんで出会って以来の再会。ご飯にのっけると最高!
Pusan 09 077_SP0000 Pusan 09 078_SP0000


サンパプは、野菜にご飯とおかず、そして韓国味噌を包んでモリモリ食べましょう!というお料理です。いろんな葉っぱにいろんなおかずを包むと、味が複雑になってとってもおいしいのです。ヘルシーですしね。
チョウさんによると、韓国でも女性に人気の食べ物なのだそうです。

こんな風にパクリ。
Pusan 09 081_SP0000


生の葉っぱ(左)にゆでた葉っぱ(右)。ゆでた葉っぱのお皿の左から2番目の黒っぽいのは分厚い昆布です。ご飯をぐるんと巻いて食べるとオツな味。
Pusan 09 080_SP0000 Pusan 09 079_SP0000

のっけて包んでパクリ。うーん、おいしい。
Pusan 09 082_SP0000

ちなみにお値段は、驚異の一人前9000ウォン。日本円で700円台ですよー。ウソみたいでしょ。


王様のお墓はぽっこり丸型。雨でなければよじ登ってみたかった。(雨でなくてもダメですってば)
Pusan 09 085_SP0000 Pusan 09 088_SP0000
Pusan 09 090_SP0000 Pusan 09 086_SP0000




【No title】
こんばんわ^^

lumiereは韓国語に詳しいですね。
なかなかパンチャンなんて言葉は知らないでしょう。
プルグクサもソックラムも行ったのですね。
ソックラムの仏さんが思ったより小さかったでしょ。
慶州なら一箇所是非行って欲しかったところがあったんだけど残念。
残念といえばチョッパルは美味しいのに本当に残念だったね。
私は行くと何をさて置いてもチョッパルとホットックは必ず食べるんですよ。
【No title】
うむむむ、しばらく行ってない韓国に行きたくなっちゃいましたよ~。
韓国はあのテーブルいっぱいに並ぶおかずがいいんですよね~。
行きたい博物館もあるし、次の「大人の休日」はやっぱり韓国にしようかな。
【b-pigさん】
前に少し韓国語を勉強したことがありまして、ハングルは読めますが、食べ物関係のボキャブラリーをもっと増強したいと思っております。

チョッパルって、やっぱり美味しいんですね。 あぁー、食べてみたかった。 これは次回訪問時の宿題といたします。 
今度慶州を訪ねるときには、b-pigさんのアドバイスを仰いでからにしますね。よろしくお願いします。
【luntaさん】
luntaさんのマニアックな(決めつけてます~)韓国旅行記、拝見したいので、是非是非いらしてくださーい。

ほんとに韓国の人って、「ケチと思われるくらいなら死んだほうがまし」って感じで、気前よくおかずを並べてくれちゃいますよね。
よく見るとたいしたことないものもあるんですけど。へんなポテトサラダとか(笑)
わたしは特にたっぷりの野菜と、ポリポリのカクテキが嬉しいです。
【No title】
韓国語を勉強したのですね。
私より上手かもしれませんね。
かってにTBしましたが司馬遼太郎も息を呑む美しさと言っている掛陵は小さな墓ですが何もないけど気品があり、彼の表現がピッタリのところですよ。
佛国寺の近くです。また慶州ナザレ園も側です。
【b-pigさん】
語学の上達には、その国への愛が欠かせませんからね、訪韓数十回のb-pigさんにはとてもかないません。
食堂でアジュンマに「チョギヨー」と大きな声で呼びかける勇気がないのです(笑)。

トラックバックありがとうございました。慶州には訪ねなければならない場所がまだまだありそうですね。
【No title】
慶州、素敵なところですね。
屋根のない博物館とはどれほど美しいのでしょうか~。
タクシーをチャーターされる辺りもさすがです!
サンパプ??
これまた、初めて知りましたー。メモメモ・・^^
たんまりと野菜摂取できるし、いいですね!
lumiereさん、帰国後、お肌ツルツルになられたのでは??
全部がお肌によさそうですもの~。
【charikoさん】
貸切タクシー、お勧めですよ。 「釜山ナビ」のサイトから予約したのですが、10時間で15万ウォンプラス高速代などの実費ですから、とってもお得。 日本語堪能なガイド兼ドライバーさんが案内してくれます。

そしてサンパプもおススメ! 野菜たっぷりですよ。
韓国の方ってモリモリ食べるのに、太っている人をあまり見ないし、お肌もキレイですよね。やっぱり食べ物がいいんでしょうね。
この記事へコメントする















司馬遼太郎 著司馬遼太郎が韓国に行きたいと思ったのは兵隊のとき関東軍に送られる過程において列車で ... ...
伊藤孝司著 上坂冬子著戦前、戦中戦後に満州・朝鮮半島に国策屯田や結婚で行き戦後も日本に帰れなくな ... ...

lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。