2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

2009年3月 / 鹿児島・知覧/ ひとり旅

ルーフバルコニーから、朝の鹿児島湾を眺めます。おはよーう!
Kagoshima 09 059_SP0000

素泊まりのプランでしたが、宿の方がおいしいパンとインスタントスープを用意して下さっていました。自前の豆乳とともに朝ごはん。ありがたくいただきます。
Kagoshima 09 062_SP0000


すぐ近くの浜辺へ朝のお散歩。誰もいない砂浜。朝の光がきれいだなぁ。
Kagoshima 09 064_SP0000


でも、ここは危険な砂浜なのですよ。
ほらね。
Kagoshima 09 068_SP0000


「なのはなDX号」で出発! 知覧へと向かいます。
Kagoshima 09 075_SP0000

喜入駅で荷物をロッカーに預けてからバスで知覧へ向かいましょ……、なんて思っていたら、喜入駅はとっても小さな駅で、コインロッカーなどありませんでした。がっくり。
喜入から知覧へのバスをしばらく待って、重い荷物を抱えて知覧へと…。
とほほ、こんなことなら、指宿のホテルの目の前のバス停から、知覧へ直行するバスが出ていたのにぃ。
リサーチ不足を反省するわたし。

さて、知覧の町に着きました。有名なお茶どころですが、
Kagoshima 09 078_SP0000


ま、とりあえずお昼ごはん。鹿児島ラーメン。
Kagoshima 09 076_SP0000


これがおいしかったー。お土産屋さんの並ぶ一画にあるお店でしたので、それほど期待せずに注文したんですけれどね、ほろほろに柔らかく煮込まれた豚肉といい、こくのあるとんこつスープといい、さすが「特攻おばさんの店」。
Kagoshima 09 077_SP0000


そう、こちらは「知覧特攻平和会館」
Kagoshima 09 087_SP0000

太平洋戦争末期、この知覧の地から多くの兵士たちが特攻隊員として、飛び立っていったのでした。
Kagoshima 09 080_SP0000


館内は撮影禁止ですが、貴重な資料がたくさん展示されています。
とくに、特攻隊員たちが家族にあてた手紙や、出撃命令を待つ束の間に土地の子供たちと遊んだり、子犬と戯れたりしている様子を写した写真などを見ていると、ほんとうにたまらない気持にさせられます。
青年兵というより、どうみても少年、子どもにしか見えない、あどけない寝顔の兵士の枕もとに、慰問袋にでも入れられていたのか、かわいらしいお人形が大事そうに置かれている写真などは今思い出しても辛い辛い気持になります。

だって、どの兵士にも最愛のお母さんがいたんですから。
Kagoshima 09 079_SP0000



【No title】
lumiereさん こんばんわ^^

素泊まりなのにパンとスープを用意してくれているのは気が利いていますね。
知覧はお茶と特攻隊が有名ですよね。
前回の沖縄といい知覧といい戦争に関係するところが続きますね。
知覧の資料館を訪れる観光客は少ないでしょうから良いことをされましたね。
【b-pigさん】
知覧特攻平和会館へは、かねがね行ってみたいと思っていたのですが、念願が叶いました。思った以上に充実した展示内容でした。
多くのバスツアーのコースに組み込まれているらしく、会館の駐車場には大型バスがずらりと並び、大勢の観光客が訪れていたんですよ。
この記事へコメントする















lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。