スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
トラムで行こう!
2008 / 12 / 21 ( Sun )
2008年11月 / 香港 / ひとり旅

スタンレーから、香港島の町なかエリアへ戻って来ました。
CIMG3504_SP0000.jpg

香港動植物公園。緑がいっぱいです。
CIMG3508_SP0000.jpg

あっ、親分さん。こんにちわー。
CIMG3512_SP0000.jpg

てくてく歩いて、こちらは香港公園。
日曜日とあって、仲間同士や家族連れで公園を訪れる人がたくさん。
CIMG3520_SP0000.jpg

池の向こうには、ついつい写真をとってしまうLIPPOビル。キラキラしてます。
CIMG3533_SP0000.jpg


公園内の茶具文物館を見学したあとは、すぐ近くにある茶芸館で実践とまいりましょう。
CIMG3532_SP0000.jpg


内装はこんなに素敵。ゆったりくつろげます。
CIMG3526_SP0000.jpg

えっ、茶葉の種類がこんなにあるの? うーむ、さっきの文物館でもっと真剣にお勉強しておけばよかった……。
こうなったら見た目重視で、「グラスの中でお花が咲くタイプのお茶」欄から「ジャスミン・ピーチ・ティー」というのにしてみましょ。
CIMG3521_SP0000.jpg

お店の方が熱湯を注ぐとぷかぷか浮いてきましたよ。
CIMG3522_SP0000.jpg

あっ、パカっとひらいた。
CIMG3524_SP0000.jpg


見事に開花いたしました。よい香り。
おかわり用のお湯のポットをテーブルに置いてくれて、「6~7回いれられますよ」。
へー、そんなに。お得ですな。そんなにたくさんは飲めませんけどね。
CIMG3529_SP0000.jpg

あつあつのかぼちゃの餅菓子もいただいて、ゆっくりお茶を楽しみます。
CIMG3528_SP0000.jpg

香港島を東西に走る二階建のトラム。中環あたりから終点まで乗ってみます。
明日の朝、帰国しなければならないのでね、お別れに街をすいーっと眺めてみようと思ったわけです。
CIMG3534_SP0000.jpg

やっぱり二階席は気分最高。
CIMG3536_SP0000.jpg

銅鑼灣(トンローワン)のあたり。にぎわってます。
CIMG3538_SP0000.jpg

終点に近づいてきましたよ。
CIMG3540_SP0000.jpg

北角(パッコッ)の市場街に突入!
CIMG3544_SP0000.jpg

お買い物に夢中の皆さんを真下に眺めながら進みます。
CIMG3548_SP0000.jpg

近い、近い。楽しーい。
CIMG3546_SP0000.jpg

CIMG3551_SP0000.jpg

満席だったトラムの二階も、終点間近のこのあたりはガラガラのほとんど貸切状態。おまけに、通行人の多さにノロノロ運転。
それをいいことにピョコピョコと座席を移動して、興奮気味に市場の喧噪ぶりを眺めておりました。
CIMG3555_SP0000.jpg

トラムが通り過ぎると、皆さんわらわらとレールの上を歩き始めます。車道と歩道の区別なんてありませーん。
CIMG3556_SP0000.jpg

あー、面白かった。へたな観光バスに乗るよりずっと楽しいかも。
CIMG3558_SP0000.jpg

18 : 28 : 16 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<定食屋さんで最後の晩餐 | ホーム | 香港の日曜日はリゾート気分で>>
コメント
--一気に!--

lumiereさん こんにちわ!

わあ~!今回はイッキに写真がアップされましたね!
たくさんあるから目移りして・・・
茶館ですが落ち着いた雰囲気ですね。こんなところは大好きですね。
中国のお茶は種類が多すぎて本当にガイドブックでもないと分からないですよね。鉄観音茶といっても色々なものがあるでしょうから!
かぼちゃの餅菓子も食べ応えがありそうで・・・

つぎはトラムですね。・・・目線が違うと世界が変わりますね。
私も時々コーヒーを飲むときに上から見下ろせる処で飲みますよ。
何故かって? 日常では同じ目線か、上目線が多いので、偶に見下ろす目線でストレスが解消できるような気がします。

そして、雑踏が東南アジアらしくて、やっぱり香港だなあ~と思いますね。
もう少し見たい気がしますが、そろそろですね!

by: b-pig * 2008/12/22 17:50 * URL [ 編集] | page top↑
--b-pigさん--

お茶の文化は奥が深いですね。真剣に勉強しようと思ったら、いくら時間とお金があっても足りないでしょう。
自分なりに好きな味のお茶を見つけていきたいと思います。
お茶に合うお菓子も。

二階建てのトラムが雑踏の中を進んでいくというのは、香港ならではの風景ですね。本当に楽しかったです。
by: lumiere * 2008/12/23 20:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/273-c3b426f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。