2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

2008年10月 / 茨城県・水戸、大洗、そして…… / ひとり旅

あら、また上野駅から列車の旅?
CIMG3149_SP0000.jpg

水戸駅に着きました。
急ぐ旅ではありますが、あの方たちにご挨拶しておかねば……。
ご老公さま~、こんにちは。水戸駅前にて、助さん格さんももちろんご一緒に。
皆さん世直し旅にご出発でしょうか? わたしも、これからちと遠方へ旅立ちます。

CIMG3156_SP0000.jpg


急ぐ旅ではあるのですけれど、水戸駅周辺を少しお散歩。
さすがは黄門様のおひざ元、風情ある道ですね。
CIMG3158_SP0000.jpg

江戸時代の藩校、弘道館は門の外からちらりと拝見しまして、駅へと戻ります。
CIMG3159_SP0000.jpg

水戸駅前からバスに乗って到着したのは、大洗フェリーターミナル。
CIMG3164_SP0000.jpg

じゃーん、これに乗りまーす。
どっしりとしたお姿に、ちらりと見える太陽マーク、「さんふらわあさっぽろ」です。
CIMG3162_SP0000.jpg

行先は、北海道の苫小牧。
CIMG3166_SP0000.jpg

タラップを上って、船に乗り込みます。憧れていた長距離フェリーの旅、わくわく。
CIMG3167_SP0000.jpg

フロントで部屋の鍵を受け取ります。右隣りは小さな売店。雑誌やお菓子、スナック類、さんふらわあ号のオリジナルお土産など売ってます。
CIMG3197_SP0000.jpg

どんなお部屋かな。
CIMG3176_SP0000.jpg

はい、スタンダード個室。2人用をひとりで使用させていただきます。シングルユースの場合は、1.5人分の料金が必要となるのが少々つらいところですが、このスペースをひとり占めさせていただけるんですから、文句はございません。
もちろん、飛行機の早割運賃の方がずっと安くて速いんですけれどね、「1時間当たりの料金では船の方が相当お得じゃなぁい?」とは、乗り物好きならではのヘリクツでしょうね、やっぱり。 
CIMG3171_SP0000.jpg
ソファーにDVDプレイヤー付きのTV、洗面台もついて、ホテルみたい。
でも、救命胴衣がしっかり備え付けられているところは、やはり船の旅ならでは。
CIMG3182_SP0000.jpg

船内を探検してみましょ。
共用スペースはどこもゆったりとしたつくりで、ソファがたくさん。くつろげます。
CIMG3196.jpg
CIMG3194.jpg
CIMG3189_SP0000.jpg
CIMG3172_SP0000.jpg


そうこうしているうちに、出航時刻の6時半になりました。
日もすっかり暮れまして、さあしゅっぱーつ! 19時間の旅が始まります。
CIMG3173_SP0000.jpg


退屈予防グッズ、いろいろ用意してまいりました。それにしても、一貫性のないタイトルたち……。
船内には小さな映画シアターもあり、テレビもBSデジタル放送が入るので、まったく退屈知らずです。
あっ、iPodを忘れてきちゃった!
CIMG3188_SP0000.jpg

かすかにゆらゆら揺れる船室で、水戸駅で買い求めた「納豆弁当」をひろげます。
電気ポットがあるので、熱いお茶やカップみそ汁が飲めるのがうれしい。
納豆尽くしのおかずに納豆おむすびをほおばりつつ、窓の外の真っ暗な海面をながめます。
CIMG3187_SP0000.jpg

おやすみなさい。やっぱり揺れてる。ゆりかごみたいだなぁ。むにゃむにゃ。
CIMG3177_SP0000.jpg



【わぉ~!!】
lumiereさん、またまたご無沙汰でございました~。
って、lumiereさん!!びっくりしちゃいましたよー。
のんびり水戸観光を拝見していたら、フェリーターミナルに行かれたから
湾内クルーズでもされたのかと思いきや、豪華船の旅!!!
すごーーいっ!!その手があったか~って、もう驚き~。
大洗から苫小牧まで19時間で行けちゃうのですね。(メモメモ)
とってもゆったりした船内&お部屋で、探検するのが楽しそう♪
レストランなんかもたくさんあったりするのですか??
あ~ん、続きが楽しみです!!
そして納豆弁当に興味深々の私^^
【楽しみ!】
ブログを新たにされて明るくなりましたね。
上手な写真もより映えるでしょう。
今度は船で北海道ですか。・・・どんな食べまくりか楽しみです!!
満室でなければシングル料金にすればよいのにね。
明日から期待しています。
【】
さすが乗り物好きのlumiereさん、今度はフェリーと来ましたか。
それにしても船内の写真に人がまったく写っていない。
季節のせいかもしれませんが、もしかしてがら空き?
さて、今度はどちらに行かれるのでしょう。
【charikoさん】
はい、海から攻め入るという手があったんですねー(笑)。
19時間の航海、退屈しちゃうかな、もしかして船酔いするかな、とややドキドキしておりましたが、まったく心配無用で楽しんでまいりました。

さんふらわあ号は、結構昔からある大型フェリーだと思うのですが、年季が入っていると申しますか、ぴっかぴかの豪華客船!って感じではなく、ベテランさん頑張ってますねぇ、と声をかけたくなるような、親しみの感じられるお船でした。

レストランはですね、一か所のみで、夕食、翌日の朝食、下船前の昼食がビュッフェスタイルで供されます。
わたしは「ひとりでビュッフェというのもなぁ…」と、夕食用に納豆弁当を携えて乗船したのでした。お部屋でのんびり食べられてよかったですよ。
【毘沙門のPIGさん】
ヘタクソな写真ですのに、恐縮してしまいます。
モノ好きが高じて19時間かけての船の旅でした。帰りは飛行機でぴゅーんでしたが。
商船三井フェリーのサイトを見ると、冬はやはりお客が少ないらしく、「11月からは4人部屋をシングル料金で使わせてあげます」なんて、キャンペーンが出ていましたが、10月初めの観光シーズンとあればやはり追加料金は仕方ないのかもしれませんね。ひとり旅は何かとおカネがかかります…。
【luntaさん】
船の旅、憧れていたんです。
長距離フェリー航路って結構全国にあるんですよね。今回19時間の旅もあっと言う間に感じられたので、「次はどのルートを攻略しようかしら…」と企んでいるところです。韓国あたりへの国際航路もいいかも、なんて。

ほんと、他のお客さんたちが全く写っていませんね。もちろん満室というわけではなかったのですが、予想していたより(実は、きっとガラガラなんだろうなと思っていました)、ずっとたくさんのお客さんが乗っていてびっくりしたんですよ。ツアー旅行の団体さんもいらっしゃいました。

カーペット敷きの大部屋でゴロ寝スタイルの「エコノミールーム」というのもあって、それですとなんと8500円で北海道まで行けちゃいますので、体力自慢の若い旅人さんたちも多く乗船しているようでした。
この記事へコメントする















lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。