2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫

2008年4月 / フランス・コルマール / ひとり旅

朝の聖堂広場は観光客の姿もなく、鳩さんたちの「くっくー」という声が聞こえるだけ。
CIMG2453_SP0000.jpg


さて、ストラスブールともお別れ。アルザスの旅の最終地点コルマールへと向かいます。
駅のパン屋さんPAULにて、温めてもらったキッシュで朝ごはん。
CIMG2458_SP0000.jpg CIMG2460_SP0000.jpg


ストラスブールから電車で30分。コルマールに到着しました。木組みの家に石畳の道。中世から変わらぬ景色が残っている美しい街です。
その中でも、特にロマンチックなプティット・ヴニーズ(小さなベニス)と呼ばれるこの一帯。正面のペパーミントグリーンのかわいいホテルが今夜のお宿です。
お部屋の準備はまだのよう。ひとまず荷物を預けて、お散歩開始。
CIMG2461_SP0000.jpg

CIMG2539_SP0000_20080601210830.jpg

CIMG2546_SP0000_20080601210845.jpg

CIMG2544_SP0000_20080601210738.jpg


どこを見ても絵になっちゃうなぁ。
CIMG2542_SP0000_20080601210807.jpg

CIMG2463_SP0000.jpg

CIMG2465_SP0000.jpg

CIMG2476_SP0000.jpg

CIMG2547_SP0000_20080601210600.jpg


オランジナでちょっと休憩。
CIMG2464_SP0000 - コピー(0)


緑色の観光電車に乗りました。
CIMG2480_SP0000.jpg


あら、おいしそうな屋台。すぐそばをプチ電車はガタゴト通り抜けます。
CIMG2481_SP0000.jpg


外にテーブルを並べたレストランの集まる一帯。ここでお昼にしましょうか。
CIMG2468_SP0000.jpg


さて、メニューを拝見。アルザス料理のページには、各種シュークルート、ベックオフ…など、おなじみの名物料理が並びます。
ん? 下のほうに気になるお料理が…。 「カエルの太モモ」に「牛のアタマ」。
へー、アルザス料理にはこんな名物もあったのかぁ。 うーむ、どうしよう。 ここは無難に、まだ食べたことのないベックオフ(お肉とジャガイモの煮物風)にしようか、それとも……。 カエルの脚は中華料理で食べたことがあるから……、えーい、牛のアタマいっちゃいましょー!
というわけで、テーブルに並びました。
CIMG2469_SP0000.jpg


お鍋の中身にズームイン。これはまた、グロテスクなお姿ではありませんか。このトゲトゲは、ウシさんの頭のいったいどの部分なのでしょうか…。
CIMG2470_SP0000.jpg


お味の方はですね、ブヨブヨそうに見える白っぽい部分は、意外にも歯ごたえがあり、硬めのグミのような食感。薄味のスープで煮込まれているので、マスタードをたっぷりつけてほおばると、なかなかおいしい普通のお肉のポトフといった感じです…、が、やはりこの見た目の不気味さにくじけて、お肉は半分くらい残してしまいました。
ゴロゴロのジャガイモでおなかがいっぱいになってしまったせいもありますけれど。

それなのに、デザートですか?
CIMG2471_SP0000.jpg


はい、クグロフ型のアイスクリーム。うーん、おいしい!
CIMG2474_SP0000.jpg


食後は、ウンターリンデン美術館へ。
CIMG2486_SP0000.jpg

CIMG2484_SP0000.jpg


有名なイーゼンハイム祭壇画を鑑賞したのでした。
CIMG2485_SP0000.jpg



【】
コルマールってストラスブールにそっくりなんですね。ここの建物探訪もおもしろそう。そしてウンターリンデン美術館、行ってみたいです。北方ルネッサンス好きとしてはグリューネヴァルト詣でをせねば。

それにしても牛の頭のとげとげ、本当にどこの部分なんでしょうね。このレストランのメニューなら私もこれを注文しただろうなあ。
【】
おはようございます♪
えっ~!!「カエルの太モモ」に「牛のアタマ」ですか~?
私は、両方共ダメですY(><)Y
lumiereさんは、凄いです!その味に挑戦されたのですから~

アイスクリームは、チョコレート味でしょうか?
見た目もとってもおいしそう♪

ヨーロッパには、行ったことがないので、きれいな街の風景にうっとりしています。。。
私も、いつか行ってみたいです。。。
【コルマール、私も行きました。】
小ベニスのミントグリーンの建物はかわいいなぁと思い、私も写真に収めていました。
なんとそこに泊まられたのですね? 素敵♪
私はストラスブールからの日帰りなので、コルマールにはお泊りしませんでした。
「牛の頭」ですか?私の場合、100%ナシです。
「カエルの太もも」ならかろうじてアリですかね。
ま、私の場合、そんなスペシャルな料理名は、理解できないので、選択の余地はないんですけど。

私は、コルマールでは「タルトフランべ」と、「ピコー(オレンジリキュール入りビール)」を
「地球の歩き方」の紹介記事そのままにいただきました。
紹介のお店で、と思ってよく確認したら隣のお店でした(苦笑)。
ヨーロッパは屋根続きなので、よく見ないと間違えます。
(そんなバカは私だけ? ですよね・・・)


次のレポートはコルマールのホテル紹介ですか?
楽しみにしています。
【luntaさん】
ストラスブールからコルマールへは、電車で30分ほどですから、次回アルザス地方へおいでの際はぜひ。
イーゼンハイム祭壇画はやはり必見だと思います。

牛のアタマは、いったいどんな姿で出てくるのかしらとドキドキしましたが、「輪切り」な感じで登場しました。
珍しいメニューを見つけると、食べてみたい!という衝動を抑えられない困った性分です。luntaさんも?
【さりーさん】
両方ダメですか? まあそうおっしゃらずに(笑)
なかなかの珍味でしたよ。
アイスクリームは、記憶があやふやなのですが、クグロフを模しているだけあって、中身はスポンジケーキとアイスクリームを混ぜて凍らせたような感じだったと思います。
アルザスの人ってホントにクグロフが好きなんだなぁと思いました。
【happyParisさん】
こんにちは 
フランス旅行を満喫されましたか?
わたしはいまだに、四月の旅の記事をノロノロと書いております。
happyparisさんもコルマールにいらっしゃったのですね。
こじんまりして、アルザスらしい木組みの家がたくさんあるかわいい街ですよね。

ところで、オレンジリキュール入りのビール? 知りませんでした。 甘い風味のビールなのでしょうか。 飲んでみたかったなぁ。 タルトフランベとよく合いそうですね。

はい、次回はル・マレシャルのお部屋をご紹介したいと思います。 よろしければまた見にいらしてくださいね。
【】
キッシュって、おいしいですよね~。
と言ってもあまり食べる機会がないのですが(笑)、
朝食にぴったりですね!!
あれは、フランスのお料理なのですかね??

今回の街もまたまた素敵ですね。
木組みの家ですか~、かわいらしい建物ばかり!!
お店の看板ひとつ見てもすごくお洒落です~。
そして、牛さんの頭!!!
私、食いしん坊のくせにグロテスクものはダメという
意気地なしでして・・(^o^;)
lumiereさん、勇敢だー!!!
トゲトゲ部位はともかく(笑)、ゴロゴロのジャガイモが
とってもおいしそうです~^^
【charikoさん】
キッシュquicheは、フランス・ロレーヌ地方の名物料理ですが、フランスのほとんどのパン屋さんやお惣菜屋さんで買うことができます。。。って、日本でもあちこちで売ってますけどね(笑)
温めてもらってパクリとやるとおいしいんですよね。

いやぁ、「どんな味なのか知りたい!!」という欲望に勝てず、注文してしまいました、牛のアタマ。
けっこうおいしかったんですけどね。この見た目はインパクトありすぎでした。
この記事へコメントする















lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。