スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
サロン・ド・テで満腹朝ごはん
2008 / 05 / 05 ( Mon )
2008年4月 / フランス・ストラスブール / ひとり旅

聖堂のすぐ近くの老舗サロン・ド・テ「クリスチアン」。
CIMG2332_SP0000.jpg


時刻は朝の七時半(時差の影響で、早寝早起きになっております)、張り切って開店と同時に来てしまいました。店内はガラーン。一番乗りです。
CIMG2325_SP0000.jpg


六角形のガラスケースにはお茶の時間になると、おいしそうなケーキが並べられるのでしょうね。
さて、朝食をいただきましょう。

ちらほらと他のお客さんもいらっしゃいました。皆さんは、フランスの朝らしく、カフェやショコラに小さなパンといった軽いものを召し上がっているようですが……。
私の注文は、petit dejeuner complet、朝ごはんのフルコース!
CIMG2326_SP0000.jpg


フレッシュなオレンジジュースに、目玉焼き、トースト。
わたしもフランスでこんなにたっぷりの朝ごはんを食べたのは初めてですよー。

CIMG2327_SP0000.jpg

って、これでおしまいではなく、デザート付でした。
アルザス銘菓クグロフです。マリーアントワネットの大好物だったというこの焼き菓子までたいらげたら、さすがにおなかパンパン。う、動けない。
よろよろとホテルに戻り、ばたんとベッドに倒れ込んで、いきなり休憩時間をとってしまいました。

さて、なんとか歩けそう。行動開始!
イル川の遊覧船で街をひとめぐり。
CIMG2344_SP0000.jpg


フランスのどこかの町からやってきたらしき、高校生くらいの団体さん。止まらないおしゃべりに、業を煮やした引率の先生が「みんなー、お行儀よく、静かにねーっ。この船に乗っているのは私たちだけではないのよー。わかりましたかー?」と声を張り上げています。
やれやれ、まるで小学生みたいだな、まぁ日本の高校生も似たようなものだけど……と苦笑しつつ眺めていると、すぐあとから乗りこんできたドイツ人らしきおじ様おば様のグループの方がよっぽどうるさかった。旅先ではついつい、羽目をはずしてしまうもの。オトナも気をつけなければいけませんねぇ。
CIMG2337_SP0000.jpg


美しい街並みを眺めながら、小さな船旅を楽しみました。
CIMG2343_SP0000.jpg

CIMG2342_SP0000.jpg

CIMG2338_SP0000.jpg

CIMG2341_SP0000.jpg

14 : 28 : 32 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<アルザス名物 カリカリのパリパリ | ホーム | アルザスといえばこのキャベツ>>
コメント
--朝食~--

素敵なレストランで朝食ですね~。
旅に出ると、いつも以上に朝からモリモリいけちゃいますよね^^
まぁ、私はいつもモリモリなんですけど~(笑)
トーストと目玉焼きって、すっごく合いますよね!!
一緒に食べるの大好きなんです~^^
テーブルの上のポット?急須?が和風な感じで気になります^^
↓lumiereさん、フランス語OKでいらしたのですね!!
すごーーい!!
メニューを開く時が至福の時間なんてかっこいいですぅ♪
by: chariko * 2008/05/10 22:06 * URL [ 編集] | page top↑
--charikoさん--

旅行記を拝見してますからね、charikoさんの朝からモリモリぶり、知っていますとも(笑)。
ほんと、旅の朝ごはんって、張り切ってしまいますよね。なぜでしょう。
わたしも、この急須にはちょっとびっくりしました。なぜ唐突にオリエンタル?って。
しっかりトーストを食べたあとに、クグロフってのは相当こたえましたが、このお菓子、しっとりしておいしいんですよ。
でも、やっぱりクグロフとお茶だけで十分だったかも……。明らかに食べすぎの朝ごはんでした。
by: lumiere * 2008/05/11 15:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/225-fa126e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。