スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
長崎 聖母の騎士修道院を訪ねて
2007 / 11 / 23 ( Fri )
2007年11月 / 長崎 / ひとり旅

わたしの一番好きな都道府県、長崎に今年もやってまいりました。
空港からバスに乗り、正午ちょっと前に長崎駅に到着。
お気に入りの岩崎本舗「角煮まんじゅう」でもいただきますか、と駅ビルの売り場へ行ってみたのですが、どうにも気になるお隣のブース。
桃太呂の「ぶたまん」です。今回はこっちにしてみましょ。こぶりの豚まん、ひとつ60円。3つ買いまして、ベンチでいただきまーす。
nagasaki 1

これは美味しいです!もちっとした皮、豚肉と甘い玉ねぎがたっぷりジューシー!酢醤油がこれまたいい相性!
長崎のお気に入りがまたひとつ増えたことにホクホクしつつ、路面電車にのってお次の美味へGO!

浜町のケーキ屋さん、梅月堂のブランチタイムに間に合いました。
初めにコンソメスープが出て、次にスコーンとキッシュの一皿、おいしい紅茶がついて580円はうれしい。

nagasaki 07 3

ちょっと軽めで、“お腹いっぱーい”にならないところがよいのです。
だって、このお店にきたなら、あのケーキを追加注文しなければ。
シースクリーム! 前回はじめて食べてみてファンになった、この長崎にしかないケーキ。
あいかわらずしっとりして、そこはかとなく懐かしさを感じるクラシックなお味。

nagasaki 07 2


路面電車の終点「蛍茶屋」(すてきな名前ですね)から徒歩10分ほどの丘の上にある、「聖母の騎士修道院」を訪ねます。アウシュビッツの聖者として知られるコルベ神父が長崎滞在中に創設した修道院です。
nagasaki 07 4

長崎ではこれまでにも、コルベ神父ゆかりの地をいくつかみてきました。ここも是非来てみたかったのです。
コルベ神父についてはこちら
階段をひいひい言いながらのぼって、ルルドを目指します。
途中には美しいレリーフ。
nagasaki 07 8


コルベさんのつくったルルド。フランスの片田舎ルルドの奇跡の泉を模してつくったもの。カトリックの教会ではあちこちでみることができます。
nagasaki 07 5


ルルドは長崎の町を見下ろす丘の上にあります。曇り空なのが残念。
nagasaki 07 6


教会のそばに建つコルベ神父の資料館を見学。
nagasaki 08 9


コルベさんのお部屋を再現したコーナー。神父が実際に使っていた机です。貧しい人々のために尽くしたことで知られるゼノ修道士が、コルベさんのために作ってあげたものだそうです。そっと触れてみました。感激。
nagasaki 07 11

雑誌「聖母の騎士」を印刷するのに使った機械や活字など、貴重な資料が展示されています。アウシュビッツでの出来事についても詳しく説明されています。
max 1 max 2
max 3 max 4


受付にいらした、かわいらしい小さなおばあちゃまといった感じの女性が丁寧に説明してくださったり、教会の中を案内してくださったり、とても親切にしてくださいました。
旅の出会いに感謝です。
nagasaki 07 9

16 : 40 : 57 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<4冊目 中谷美紀 「インド旅行記」 | ホーム | やみつきになりそう 尾道ラーメン>>
コメント
--今度は長崎!--

相変わらずフットワーク軽いですねえ。
かわいい豚マンもおいしそうですけど、コルベ神父の机がいい感じです。机からそれを使っていた人の人柄が見えるようです。
by: lunta * 2007/11/23 19:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

luntaさん
長崎、好きなんです。コルベさんが実際に使っていた机を前にして、本当に感激しました。
今度は五島列島に是非行ってみたいと思っております。
by: lumiere * 2007/11/24 23:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/188-d1cef6d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。