スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
土日きっぷで出かけよう 南東北の旅
2007 / 08 / 03 ( Fri )
2007年7月 / 福島県・会津若松 / ひとり旅

20070728171209.jpg

JR東日本の「土・日きっぷ」をご存知でしょうか。
名前の通り、土曜日曜の二日間、フリーエリア内の、新幹線を含む全てのJR電車普通車自由席が乗り放題。さらに4回まで新幹線の指定席も利用できるというお得なきっぷです。フリーエリアは東京から仙台・山形・新潟・長野方面まで。1枚18,000円です。
行ってみたいなぁと前から思っていた南東北の町をカバーするこのきっぷのことを知り、さっそくみどりの窓口へと買いに行きました。

さて、土曜日。接近中の台風4号から逃げるように東北へ出発!でも窓の外はポツポツ雨が。 結局ずっと傘をさしたままの2日間の旅でした。
東京駅で買ったお弁当は、「あさりおこわ弁当」。
20070728171225.jpg


もちもちしたおこわが美味しいんです。
20070728171232.jpg


郡山で磐越西線に乗り換え、会津若松に到着。
会津若松は野口英世博士が青春時代を過ごした街。
手の火傷を治療してもらった病院の建物が、現在は「野口英世青春館」として公開されています。
20070728171239.jpg


2階の小さな展示室は落ち着いた静かな空間。英世ゆかりの品が展示されています。
20070728171247.jpg


「ナポレオンは3時間しか眠らなかった」と、自らを律して猛勉強に励んだ机。見習わなくては。。。
20070728171303.jpg


1階は素敵なカフェになっています。 おいしい福島産りんごジュースで一休み。
20070728171311.jpg


野口英世ってクリスチャンだったんですね。洗礼を受けたという教会が近くにありました。
20070728171319.jpg


てくてく歩いて鶴ヶ城へ。城内には白虎隊に関する資料がたくさん展示してありました。 熱心に見入る見学客の皆さん。白虎隊、人気があるんですね。
16,17歳の若さで悲運の最期を遂げたというところが、日本人の心を打つのでしょう。
20070728171326.jpg


街を一周する「まちなか周遊バスはいからさん」に乗って、お次は白虎隊ゆかりの飯盛山へ。

白虎隊の少年たちが眠るお墓。雨がしとしと降っています。
20070728171342.jpg

20070728171350.jpg

20070728171335.jpg


少し離れたところにある自刃の地。鶴ヶ城がよくみえる丘の上です。
20070728171400.jpg

お城の展示で知ったのですが、仲間とともに自害を図ったものの死に切れずに助けられ、その後ひっそりと生き続けた少年が一人いたとか。彼の心情はいかばかりだったでしょうか。

会津若松駅のお食事処で夕食です。会津料理を代表する「こづゆ」という具だくさんの汁物がついたこのメニューにしました。おそばにニシンの酢漬け、棒ダラの煮たものなど、会津の美味がズラリ。
20070728171410.jpg


お祝い事などのときに、平たい会津漆器で供するのが伝統というこづゆ。だしのきいたおいしいおつゆでした。
20070728171418.jpg


さて、お腹もふくれました。
土・日きっぷをフル活用。今夜のお宿がある山形まで行きましょう!
21 : 30 : 01 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<山寺で雨の山登り | ホーム | ポルトガル・世界遺産の街シントラ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/167-867e02b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。