スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
川べりのお散歩 リルシュルラソルグ
2007 / 05 / 06 ( Sun )
2007年4月 / フランス・リル シュル ラ ソルグ / ひとり旅

アヴィニヨンからバスに乗って、小さな街を訪ねました。リル・シュル・ラ・ソルグ、「ソルグ川に浮かぶ島」の名前通り、ソルグ川にまぁるく囲まれたのどかな街です。

日曜日にはアンティーク市が開かれ、大いににぎわうというこの街も、わたしが訪れた月曜日にはその面影もなく、ゆったり静かな時間を過ごせました。観光客らしき人は見かけませんでしたねぇ。

街に着いたのがちょうどお昼時、まずはお腹をみたさなくては。教会広場の前のカフェで海の幸のサラダを。食事のお客はわたし一人。あとはのんびりコーヒーを飲む二人のムッシュー。
20070506151059.jpg


ソルグ川に沿って歩いてみます。
20070506151126.jpg


街のシンボルはこの水車。あちこちでギーギーがんばってます。
20070506151120.jpg


透き通った水。本当に静かな散歩道です。
20070506151133.jpg

20070506151159.jpg


いいお天気。お散歩を楽しむ地元の方にまじってわたしものんびり。
ベンチに腰掛けてうとうとしたりして。
sorgue.jpg


こんにちわー。キミもお昼寝中?
20070506151139.jpg

20070506151147.jpg


わたしにとってヨーロッパ旅行の大きな楽しみのひとつは(最大の楽しみは「食」ですが…)、教会巡り。どんな小さな教会でも、見つけると入ってみます。
ここではこんなに立派な内装の教会に出会えました。
20070506151214.jpg

20070506151220.jpg

20070506151226.jpg


お茶を飲んで、さて電車に乗って帰りましょうか。
20070506151234.jpg

15 : 21 : 01 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<いちごの朝ごはん | ホーム | アヴィニヨンのパエリア>>
コメント
--美味しそう&美しい写真ですね!--

こんにちは。初めまして。
ヨーロッパ一人旅をされてるブログを探していてたどり着きました。
私もこの夏、一人で欧州に行く予定なので、
いろいろ参考にさせていただこうと思います^^
by: s@nas * 2007/05/09 12:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

s@nasさん

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
お日様サンサンでも、木陰に入るとすーっと涼しくなる夏のヨーロッパ、いいですよねー。
どちらの国にいらっしゃるのでしょうか。
ブログで紹介されるのを楽しみにしています。
s@nasさんのブログ、何ページか拝見しましたが、きれいな写真がいっぱいのとても素敵なブログですね。
あとでゆっくり読ませていただきますね。
by: lumiere * 2007/05/09 21:42 * URL [ 編集] | page top↑
--とても素敵ですね♡--

初めまして。リルシュルラソルグを検索してたら、辿り着きました。私も今年行ってみたいな~と思っています。去年は、パリに1週間ほど滞在。おととしはニース⇒エクサン⇒アルル⇒パリを旅しました゜+.(o~∀~o)゜+.また色々教えていただければと思います。宜しくお願いします♪
by: さくらカフェ * 2007/06/10 20:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

さくらカフェさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
リルシュルラソルグは、アンティーク市のある日はきっと大賑わいなのだと思いますが、そうでない日ののんびり散歩もなかなかよかったですよ。
フランスにいらっしゃるご予定なのですか。いいですねぇ。
さくらカフェさんのブログで、写真をたくさん紹介してくださいね。楽しみにしています。
by: lumiere * 2007/06/11 21:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bonbonlapin.blog40.fc2.com/tb.php/149-14db4222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。