スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「世界遺産白川郷ライトアップと冬の風物詩金沢兼六園雪吊・飛騨高山2日間」バスツアー後篇
2013 / 03 / 09 ( Sat )
2013年2月 / 岐阜・飛騨高山、白川郷 / 友人とツアー参加

金沢のホテルを9時半に出発。
本日の観光その1は金箔工芸館。金箔は金沢の伝統工芸品ですよね。
で、こーんな豪華なお茶室をつくってしまったというわけですか。
金箔が全面に貼ってあります。まぶしーい。
P1050159(1).jpg

金箔入りのお茶もふるまわれました…。味に変わりはございません。
P1050156(1).jpg

金箔を使った商品をいろいろ売っているショップは押すな押すなの大盛況で、皆さんお買い物に夢中。この職人さんの実演コーナーに気がついた方はあまりいないかも…。
P1050160(1).jpg

お次は金沢観光のメインスポット兼六園。
兼六園は3度目ですが、雪吊を見るのは初めて、で楽しみにしておりましたが…、
P1050168(1).jpg

雪がなかったー。
P1050178(1).jpg

雪の兼六園、見たかったな。

この作業、大変でしょうね。
P1050181(1).jpg

バスの旅は続きます。途中のサービスエリアでお昼ごはん。
自由昼食ですが、前もって注文しておいたオプションのお食事をいただきます。
P1050184(1).jpg

五箇山豆腐。どれどれ、といただいてみましたら…お、固い。
とてもしっかりとした歯応えのあるお豆腐です。固いもの好きのわたしとしてはうれしい。
P1050185(1).jpg

それともう一つ気に入ったのが、このそうめんかぼちゃ。
加熱すると繊維がおそうめんのようにほぐれるという珍しいかぼちゃです。シャキシャキしてとってもおいしかった。これもこのあたりで採れるものなんでしょうか。
P1050187(1).jpg

午後は五箇山の合掌造り集落へ。白川郷と合わせて世界遺産に登録されています。
こちらは雪が積もっていてとっても美しい。
P1050194(1).jpg

五箇山は富山県。
わたしの「未踏の県をつぶせミッション」がまたひとつ遂行されました~。うふふ。
P1050198(1).jpg

夕べの白川郷のライトアップも素敵だったけれど、青空と雪をかぶった藁ぶき屋根のコントラストもすばらしい。
P1050199(1).jpg

こちらの方がすいていて見学しやすかったな。
P1050200(1).jpg

藁ぶき屋根にパラボラアンテナの風景。
P1050203(1).jpg

これにてすべての見学終了。
夕食会場へと向かいます。
あの駅弁で有名な長野の「おぎのや」さん。とっても立派な建物の2階にレストランスペースがありました。その席数なんと1,000人だそうな。

ここでいただけるのが横川駅の名物駅弁「峠の釜めし」。
P1050206(1).jpg

これですよ。不朽の名作駅弁。
P1050208(1).jpg

1階は広ーいお土産売り場。ツアーバスで訪れた大量のお客さんがモリモリお買い物に励んでいらっしゃいました。
わたしはこのワサビ漬けコーナーでちょっと高級そうなのをひとつ購入。
P1050211(1).jpg

明日の朝ごはん用に栗パンも。
P1050214(1).jpg

帰りも上田駅から新幹線で東京へ。東京駅到着は夜の10時過ぎ。
長野、岐阜、石川、富山4県を駆け抜けた、ギッシリ充実の2日間でした。
P1050216(1).jpg
スポンサーサイト
17 : 57 : 23 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「世界遺産白川郷ライトアップと冬の風物詩金沢兼六園雪吊・飛騨高山2日間」バスツアー前篇
2013 / 03 / 07 ( Thu )
2013年2月 / 岐阜・飛騨高山、白川郷 / 友人とツアー参加

長ーいタイトルでスミマセン…。
阪急交通社トラピックスのツアーの名前がホントにこの通りだったんです。
一泊二日でこれだけを見て回るという欲張り&強行軍ツアー。

できれば団体ツアーはご遠慮申し上げたいわたし達でしたが、1年に7日間だけ夜間ライトアップされる白川郷の雪景色は、こういったバスツアーに参加しなければなかなか見られないということで。

朝の7時過ぎに東京駅集合、って早いよー。眠いよー。
でも、長野新幹線に乗り込みまして、朝ごはんの駅弁を広げる頃には、すっかり目もさめてウキウキ観光気分に。
穴子&アサリたっぷりの深川弁当。これは美味!
P1050065(1).jpg

友人はチキン弁当。これ、ずいぶん昔からありますよねー。今ちょっと調べてみたら1964年に登場したんですって。半世紀の歴史を誇るチキン弁当~。
P1050063(1).jpg

上田駅に到着。ここから観光バスに乗り換えます。
このツアーの参加者は40人乗りのバスが6台。この旅行会社の東京発グループだけでこの人数ですものねぇ。
P1050066(1).jpg

バス旅行は途中の休憩タイムが楽しいんだな。
おぉ、信州の山々。空気がおいしく感じられます。
P1050075(1).jpg

信州名物「おやき」もおいしいです。
P1050074(1).jpg

岐阜県に入り、平湯のサービスエリアでちょっとお買い物。
「めしどろぼ漬」って前に「ケンミンショー」で見ました! 
あまりのおいしさにご飯がすすみ過ぎ、しまいにはご飯を盗んできてまでも食べちゃうって、なんというネーミング。ほどよい酸味がご飯とベストマッチ。ほんとにおいしかったです。
P1050154(1).jpg

そして飛騨高山に到着。
雪の残る駐車場にいたプリティちゃん。
P1050079(1).jpg

ここで小一時間のフリータイムですが、昔の街並みの残るエリアは大混雑状態。
P1050081(1).jpg

わたしも友人もここは前に来たことがあるので、「見物よりお昼ごはん!」とばかりにお店を物色。
飛騨牛推しの界隈でみつけたのは高山ラーメン。冷えた体にはこっちの方がうれしいですな。
P1050091(1).jpg

具もスープもまさしく正統派のお醤油ラーメンですね。いちばん好きなタイプ。
P1050088(1).jpg

お腹も満たされ、時間もあることだしと街をぶらぶら。
P1050097(1).jpg

昔の街並みがよく保存されていますね。
P1050093(1).jpg

P1050092(1).jpg

豆菓子のお店で、
P1050100(1).jpg

胡椒味と七味味を買いました。
P1050103(1).jpg

「せっかくだから飛騨牛もいっときますか」と肉まんをひとつ買ってバスのなかでいただきましょう。
P1050101(1).jpg

おいしかった、けど1個420円とはずいぶん高級な肉まんですなー。
P1050102(1).jpg

世界遺産白川郷に到着。
バスを降りて、ぐわんぐわん揺れる橋を渡って集落へと向かいます。
P1050105(1).jpg

合掌造りの神田家は内部を公開してくれています。
P1050131(1).jpg

いろりだー。
P1050110(1).jpg

野草茶のおもてなしがありがたい。どくだみやクマザサのお茶だそうです。
P1050128(1).jpg

二階のようす。
P1050117(1).jpg

お蚕さんを育てていたんですね。
P1050127(1).jpg

窓からの眺め。
P1050119(1).jpg

村を見下ろせる坂道を登ってみます。そろそろ日も落ちて、ライトアップが始まりました。
P1050134(1).jpg

真っ暗な中にライトアップされる合掌造りの家々。
撮影むずかしい…。上手に撮れないので写真撮影は早々にあきらめ、この目に焼き付けようとながめながら歩きまわりました。
P1050142(1).jpg

P1050147(1).jpg

それにしても寒い!ので暖まりましょうか。
P1050153(1).jpg

おでん、しみるわー。白川茶サイダーもなかなかおいしかったですよ。お茶味のサイダー、初めての体験。
P1050150(1).jpg

念願の白川郷見物を終えまして、バスは一路石川県の金沢へ。
今夜は金沢泊まりです。移動距離長いわー。
17 : 38 : 51 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
朝飲茶でまたも大食い
2013 / 03 / 04 ( Mon )
2013年1月 / 香港 / 友人と二人旅

朝飲茶に出かけましょ。
P1050030(1).jpg

ホテルからネイザンロード沿いにテクテク歩きまして、旺角にある倫敦大酒楼へ。
ガイドブックに必ずといってよいほど載っている有名店ゆえ、観光客向けのお店だったらつまらないな…、との心配は無用でした。
地元のお客さんでいっぱい。
P1050032(1).jpg

蓮の葉ごはんと湯葉巻きは絶対オーダーしたい。
P1050033(1).jpg

蓮の葉に包まれたおこわ、うまーい。
P1050034(1).jpg

ぱりぱり衣のコロッケの中には、ねっとりサトイモが隠れています。
P1050035(1).jpg

何といってもこのお店の楽しさは、おばちゃん達の押すワゴンから食べたいものを選べること! このスタイルのお店は激減しているらしいので、とっても貴重ですな。
P1050038(1).jpg

もりもり食べながらも、常に視線は行きかうワゴンへ。
ワゴンを呼び止め、セイロをひとつひとつ開けてみて、おいしそうなものをテーブルに置いてもらう。これがもう楽しくってねー。
シューマイに、
P1050036(1).jpg

海老ギョウザ。
P1050037(1).jpg

ビーフンや大根餅のワゴンは注文があるたびに、ワゴンに設置された鉄板の上で炒めてからサーブ。面白ーい。
P1050045(1).jpg

プーアール茶をがぶがぶ飲みながら、どんどんいきますよ。
チャーシューまんに、ぷっくりうずら玉子ののったかわいいシューマイ。
P1050039(1).jpg

デザートワゴンが来たのでパイを。
P1050041(1).jpg

中味はあんことピータン、そして赤いのは紅ショウガ風のすっぱいもの。なんでしょ、このコンビネーション。
P1050043(1).jpg

もひとつデザート。おなじみゴマ団子、ですが、中にあんこが入っていない皮だけのお団子だったんです。
うす甘いもちもちがおいしくて、あんこ入りよりこのタイプのほうが好き。
P1050044(1).jpg

点心をとるたびにおばちゃんがハンコを押してくれる伝票。
全部で9品いただきました。2人で9品は新記録!
P1050047(1).jpg
「どうせなら10にしようよ~。あと1品!」とのわたしの提案は無視され、お店をあとにしたのでした。

時間がないけど、バスに乗って最後のお買い物へ。
P1050049(1).jpg

裕華百貨店は香港にくると必ず寄ります。
P1050050(1).jpg

今回はちっちゃいポーチしか買いませんでしたけどね。
P1050055(1).jpg

ふと目についたベーカーリーで買ったこのパンがおいしかった!
薄いグリーンはパンダンリーフ入りだから。
帰国翌日の朝食用。ほのかに甘くてトーストするとサクサクでした。
P1050054(1).jpg

スーパーでちょっと追加のお買いもの。
「パンに塗るものコーナー」にてハチミツ(中国産ではなくて香港メイドであることを確認の上買いました…やっぱりねぇ)とコンデンスミルク(普通の練乳なんですけどね、トーストのイラストが描いてあったので、あらおいしそう、と)。
トーストに練乳って初めてでしたが、おいしくないわけないですよね。
清目茶っていうのは、目によいお茶のようですな。疲れ目に効いてほしい!との願いを込めて買ってみました。
手前のキャンディーは、口に入れてすぐは無味…、なめてるうちにじわじわ甘みを出してくるというおっとりタイプの飴ちゃんでした。
P1050056(1).jpg

さて、二泊三日の旅もおしまい。お昼すぎの飛行機で帰国です。
P1050058(1).jpg

UAラウンジではサラダをいただきまして、
P1050059(1).jpg

それほどおいしくないはずの機内食おそばが妙においしく感じられるのが毎回不思議なんですけど。
申し遅れましたが、今回もマイレージ特典のタダ旅行。ANAさんありがとう。
P1050061(1).jpg

17 : 52 : 38 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マカオ・コロアネとタイパに遠足
2013 / 03 / 02 ( Sat )
2013年1月 / マカオ・タイパ、コロアネ / 友人と二人旅

コロアネ島の風景。とってものんびりムードです。
P1030981(1).jpg

やっぱりちょっとポルトガルの街角に雰囲気が似ているような気がするな。
P1030990(1).jpg

P1030989(1).jpg

この島の観光スポットはこちら。
P1030982(1).jpg

聖フランシスコ・ザビエル教会です。
日本に初めてキリスト教を伝えたザビエルさん、その遺体の一部がかつてこの教会に納められていたんですって。今はマカオの他の教会に移されたそうですが。
P1030983(1).jpg

教会の前で、近くの食堂の方たちがワゴンを盛大にジャブジャブ洗っていたりして、ちょっとびっくりしたけれど、
P1030984(1).jpg

聖堂に入るとシーンとしていますね。
とっても小さな教会です。この近くにはあまりカトリック教徒がいないんでしょうかね。
P1030985(1).jpg

マカオではポルトガルから伝わったあのお菓子が食べられますよ。
P1030991(1).jpg

エッグタルト!
さくさくパイの中味はプリンみたいなカスタード。焼き立てをタイミングよく買うことができまして、ぱくっとかじりつくと熱々!おいしーい。
P1030993(1).jpg

タクシーでタイパビレッジに移動。
丘の上に建つクリームイエローの聖堂は、カルモ教会。
P1030998(1).jpg

この日はお日柄がよかったのでしょうか、結婚式のカップルにたくさん遭遇しました。
この写真にも3組ほどの新郎新婦が写っています。
P1030997(1).jpg

ショッピングストリート官也街へ。
P1030999(1).jpg

P1050016(1).jpg

黄色いスターバックス。
P1050003(1).jpg

にぎわっております。通路の両側にお土産屋さんやレストランがずらり。
P1050004(1).jpg

その中でもひときわの人だかり。行列ができていたお菓子屋さん。
ホロホロっとした食感のマカオ名物クッキーをあちこちで売っているのですが、このお店はそのお菓子の人気店らしい。
P1050009(1).jpg

どうせなら売れてるお店で買いましょう、ということで我々も行列に加わりました。
P1050006(1).jpg

杏仁餅。ハンニンベーみたいな発音らしいです。前に並んでいた女性に教えてもらいました。
P1050008(1).jpg

買えましたー。
P1050011(1).jpg
ホロホロー、さくさくー、アーモンドの風味と粒々がいいアクセント。
飲み物なしには食べられないほどに、口の中の水分もっていかれちゃう系のクッキーです。
このままスーツケースに入れて持って帰ってきましたら、両端の1枚ずつは相当くずれちゃってました。そーっとそーっと、お持ち帰りくださいませ。

楽しくっておいしかったコロアネ&タイパ遠足。
フェリーに乗って香港に帰ります。
P1050018(1).jpg

この日の夜は「火鍋」の予定でしたが、お昼にあまりにも食べ過ぎたため、「鍋はちょっとムリでしょう」ということになりまして、ホテルのすぐ前にある粥・麺屋さんにて軽めに済ませたのでした。お魚のつみれ団子がぷかぷか浮いてる麺、おいしくいただきました。
P1050025(1).jpg

P1050024(1).jpg

今回の旅のお買いもの。
P1050019(1).jpg

マークス&スペンサーの食品コーナーで買ったお菓子たち。
P1050020(1).jpg

ティーバッグいろいろ。ジャスミン茶、好きなのです。
夏桑菊というのは、風邪のひき始めに効くらしい。まだ飲んでませんが、どんなお味かな。
お茶というより薬のジャンルに入るのでしょうか。
P1050021(1).jpg

おなじみ出前一丁にお米麺バージョンがありました。とっても細い麺でした。
(ふつうのラーメンの方がおいしいかも……)
POP-PANは香港メイドのクラッカー。ネギの風味が後をひきます。
上に写っているスナック菓子はですね、ポテトチップだと思って買ったんですが、食べてみるとなんだか繊維っぽい感じが口に残る…クリスピーポークって書いてあるので、豚肉をうすくスライスしてスナック菓子にしたものなのではないかと。不思議な食感のお菓子でした。
P1050022(1).jpg
17 : 23 : 09 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。