2013 / 01
≪ 2012 / 12   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2013 / 02 ≫

2012年11月 / 韓国・釜山 / ひとり旅

センタムシティのデパ地下でいろいろお買い物をしてきました。
P1000200(1).jpg

お菓子いろいろ。
6月に行った済州島のコンビニで買ったみかんチョコが全然おいしくなかったので、「韓国のチョコレート、大丈夫なのか?」とおそるおそる買ってみた、手前に写っているMarket Oのミニミニチョコレート、おいしかったです。よかった。
Market Oのお菓子は最近日本のコンビニでも見かけますね。
あとはいつも買っちゃうバターワッフルやらクッキーやら。
P1000206(1).jpg

これはコンビニで買ったんだっけ? ゆうべのキウィジュースがとってもおいしかったので、I’m REALのイチゴとみかんのジュース。
P1000204(1).jpg

手前のエゴマの葉のお漬物缶詰は、新世界デパートには売っていなくて、ががーん!もしや製造中止か!とショックを受けたものの、海雲台の小さなスーパーの棚で発見して買えたものです。
これがないとわたしのご飯ライフがかなり淋しいものになってしまうので、永遠に製造し続けていただかないと困ります。
その後ろにあるのは、お弁当用のふりかけと生姜茶。
生姜茶は甘くてショウガが相当効いてます。風邪のひきかけに飲んだら、すぐに治ってしまいそうな。
P1000205(1).jpg

恒例のインスタントラーメンは「ソルロンタン」。
P1000207(1).jpg

これは新世界百貨店の中の5階あたりだったかな、本屋さんの隣の文具コーナーで見つけたものたち。
ペンケースとボールペンとシール…、なんてちょっと子どもっぽいけど、かわいーっ!て買ってしまいました。ペンケースと3色ボールペンは旅行用にします。
シールは「血液型A型の人ってこんな人」みたいなことが描かれているらしい、読めないけど。
A型の友達にあげました。わたしもA型なんですけどね。
P1000201(1).jpg

海雲台市場で晩ごはん。
P1000184(1).jpg

市場に並んでいるお店をひととおり見てみた結果、一番端っこのこのお店へ。
P1000189(1).jpg

テジクッパをいただきます。
P1000187(1).jpg

ひとり旅だと何だかいつも同じようなものになっちゃいますな。
すなわち、飯と汁。
P1000186(1).jpg

飽きないし、好きだからいいんですけどね。
P1000188(1).jpg

あつあつのテジクッパですっかり暖まって、夕暮れの海岸へ。
P1000190(1).jpg

この時間の海が見たくて、今日は海雲台のホテルに泊ったのです。
P1000194(1).jpg

P1000193(1).jpg

すぐに日が落ちて、景色も変わりました。そろそろお宿へ帰りますか。
P1000198(1).jpg

今日も食べちゃうコンビニアイス。
P1000211(1).jpg



朝です。9時半発の飛行機に乗るため5時起き。
すぐ近くのパラダイスホテルから出る直行バスで空港へ。
寒いし、暗いし、雨も降ってるしー、とはいえ、旅のあいだはお天気にも恵まれ、今回もたっぷり楽しみました。
P1000217(1).jpg

釜山から関空経由で無事に羽田に帰りつきました。
アシアナの機内食はサンドイッチ。
P1000219(1).jpg

近くておいしい韓国はやっぱりよいですなー。


2012年11月 / 韓国・釜山 / ひとり旅

朝ごはんを食べに、わざわざ地下鉄に乗ってやってきました、チャガルチ市場。
P1000160(1).jpg

相変わらず海の幸がもりもりの市場でうれしくなっちゃう。
P1000162(1).jpg

P1000161(1).jpg

アジュンマ達、いつ見てもたくましいですなぁ。
P1000163(1).jpg

釜山に来たからには、意地でもここの焼き魚定食を食べねば気がすみません。
あ、ここは昨年(2011年)4月にも来たお店。
見覚えのあるおじいちゃんがお魚を焼いています。ここにしましょ。
P1000158(1).jpg

アンニョンハセヨー。
中ではおばあちゃんが迎えてくれます。
P1000157(1).jpg

P1000155(1).jpg

黙っていても座れば出てくる焼き魚定食!
P1000152(1).jpg

これこれ、表面カリっと、身はふわふわ。絶品焼き魚~。そしてご飯のすすむおかずたち~。
P1000153(1).jpg

あれ、同じおかずが二皿出てきたぞ。まぁ、気にしない、気にしない。モヤシ大好きですもんね。
P1000154(1).jpg

おいしかった! 老夫婦おふたりで切り盛りするこのお店(忙しい時間帯はきっと誰かがお手伝いしているんでしょうけれど)。
おばあちゃんの腰がだいぶ曲がっているのが気になりますー。
次回の釜山トリップでもきっと来るから、それまでどうぞお元気でね。

今日は海雲台へ移動。
お宿は、ひとりでリゾートホテルに泊ってもしょうがないし~、ってことで、またも東横イン。最近東横インづいてますな。いっそメンバーカード作っちゃおうかしら。
P1000166(1).jpg

シングルが満室でツインルームとなりました。
P1000181(1).jpg

海です。
P1000168(1).jpg

ん、人がいっぱい。
P1000169(1).jpg

こっちに歩いてきたー。何かのイベントだったようです。
P1000170(1).jpg

海雲台駅から地下鉄で(確か)ふたつめのセンタムシティへ。
P1000171(1).jpg

ロッテと新世界、二つのデパートがあるちょっとおしゃれな新スポットらしい。
P1000178(1).jpg

P1000179(1).jpg

わたしはおしゃれなお店よりまずお昼ごはーん。
「プサンナビ」で探した参鶏湯のお店、トンネサムゲタンです。
ちょっと殺風景な感じのビルの中にあるお店。
P1000177(1).jpg

参鶏湯、大好きなんですよね。このお店のはどんなお味かな。
P1000172(1).jpg
テーブルの上にとっくりがのってますけど、昼間からお酒を注文したわけじゃないんですよ。デフォルトで出てくる薬草のお酒です。ま、ひとくちだけいただきました。

来ましたよ、ぐつぐつと。
P1000173(1).jpg

お腹の中にごはんが詰まってます。にんにくが効いて、正統派の参鶏湯!という感じ。
いやぁ、数ある韓国料理の美味たちの中でも、参鶏湯はベスト3入りまちがいなし!に好きなんです。シアワセ。
P1000174(1).jpg

残さずいただいて、お財布をごそごそしていたら、シナモンの香りのするお茶を出していただきました。これがまた甘くてさっぱりとして、美味でしたよー。
P1000176(1).jpg



2012年11月 / 韓国・大邱 / ひとり旅

海印寺(ヘインサ)の境内におじゃまします。
11月初旬のころでした。紅葉が美しい。
P1000108(1).jpg

P1000109(1).jpg

お花で仕切られた迷路のようなところを、両手を合わせてお経を唱えながらぐるぐる歩く皆さん。
P1000114(1).jpg

P1000115(1).jpg

P1000116(1).jpg

P1000127(1).jpg

厳密に言うと、世界遺産に指定されているのは向こうに見える蔵に納められている「八万大蔵経」です。八万枚以上もの板に仏教の経典が書かれているんですって。
800年もの間、戦乱と火災をくぐり抜けて守られてきた貴重なお経の板。これは世界遺産に値しますなぁ。
P1000124(1).jpg

写真撮影は禁止。撮りたい方はこちらをどうぞ、と用意されているパネルです。
P1000121(1).jpg

お山の上にあるお寺。広々していてとてもすがすがしい気持ちになります。
何というか、ずっとここでゆっくりしていたくなるような。
P1000118(1).jpg

P1000125(1).jpg

とはいえ、時刻はすでに午後3時過ぎ。
お腹へったー。
P1000131(1).jpg

お寺の近くには食堂など見当たらず。
おばちゃんたちが売ってるのは野草ばかりだし…。街へ帰りますか。
P1000135(1).jpg

空腹を抱えたまま再びバスに揺られて、地下鉄に乗って、
P1000136(1).jpg

大邱名物「タロクッパ」のお店クギルタロクッパへ。タロとは「別々」という意味。つまり「汁かけご飯」であるクッパのスープとご飯が別々になって出てくるもの、です。
P1000139(1).jpg

夕方5時過ぎという中途半端な時間のためか、貸切状態でした。
結局お昼ご飯は食べ損ね、すでに夕食になっちゃいましたよー。
P1000143(1).jpg

これがタロクッパ。テーブルの上の壺の中に入ったカクトゥギ(大根のキムチ)をお店のアジュンマがお皿にたっぷり盛りつけてくれました。
P1000140(1).jpg

いただきまーす。からくてニンニクがいっぱい。牛肉とソンジ(血のかたまり)、そしてネギがたくさん入ってます。
P1000142(1).jpg
辛い~、おいし~、で残さずいただきました。

お店を出ると外はすっかり日が落ちていました。大邱の街を全然見られなかったなー。
お寺があんなに遠くて時間がかかるとは思わなかったわ。
大邱には大きな薬草市場があるらしいので、それを見物しにまた来ましょうね。
P1000144(1).jpg

帰りにKTXの車内でデザートのアイス。カステラ風のお菓子にオレオ味のアイスがはさんでありました。
P1000147(1).jpg

ただいまー、釜山駅。
こんな風に駅の近くに泊まって、ここを拠点に電車で地方の街を訪ねる旅、またやってみたいな。
P1000148(1).jpg

お風呂上りにコンビニで買ったキウィジュースを飲んでお休みなさい。
P1000149(1).jpg
このジュース、ホントに「リアル」な生ジュースでおいしかったー。


2012年11月 / 韓国・釜山&大邱 / ひとり旅

ホテルの部屋は17階。窓からぐっと首をのばすとお隣の釜山駅前の広場と釜山の街並み、その向こうにきれいな山並みが見えました。
P1000072(1).jpg

今日は大邱(テグ)の街に遠足です。
P1000078(1).jpg

ゆうべ切符を買っておいた電車の出発時刻は10時半。早めに駅に来て構内の食堂で朝ごはんをいただくことにしました。
(東横インは朝食つきですが、韓国に来たらやっぱりお外の食堂でいただきたいですよね)
P1000076(1).jpg

で、熱々テンジャンチゲの朝ごはんでパワーをつけて出発。
P1000073(1).jpg

ホームに降りると、韓国が誇る新幹線KTXのお姿が。
この電車、信じられないくらい車両がつらなって長かったー。17号車の指定席にたどり着くまで延々とホームを歩きました。
P1000080(1).jpg

車内はこちら。車体が長すぎてホラ、がらがらじゃないのー、と思ったのですが、出発する頃にはほぼ満席になってびっくり。
P1000081(1).jpg

駅の売店で買ったおやつのチョコバー、走り出したらすぐに食べちゃいました。
P1000082(1).jpg

11時半ごろ大邱駅に到着。なかなか立派な駅でした。
P1000085(1).jpg

もうすぐお昼だけど、先にお寺見物してきちゃおうっと。(←これが甘かった…)
地下鉄に乗ってバスターミナルへ。切符がトークンだとなぜかウキウキしますな。
P1000089(1).jpg

このバスで世界遺産・海印寺(ヘインサ)へ向かいます。よし、ここまでは順調だわ。
P1000092(1).jpg

ところがお寺までの道のりが思った以上に長くてびっくり。勝手に20分くらいかなーと思い込んでいたのですが、1時間以上もかかりました。
P1000093(1).jpg

途中でどんどんお客さんが降りてしまい、不安になって運転手さんに聞くと「まだだよー」的なお返事。
ようやく到着すると、運転手さんと、その近くに座っていたアジュンマ達までもが「ヘインサだよー!」と振り向いて教えてくれました。
(「地球の歩き方」には「到着前にバスに乗り込んでくる係員に入山料を支払う」みたいなことが書いてあったのですが、そのようなことはありませんでした…)

やれやれ、やっと着きましたか。のどかな光景だわ。
P1000094(1).jpg

ここからお寺の入口までが、これまた結構あるんです。
道端に座っているのは、干した野草などを売っているアジュンマたち。
P1000095(1).jpg

自然の中を、
P1000097(1).jpg

テクテク歩く。
P1000098(1).jpg

まだまだ歩く。
P1000100(1).jpg

やっと着きましたよー。世界遺産・海印寺です。
P1000104(1).jpg


2012年11月 / 佐賀・唐津→福岡・博多 / ひとり旅

福岡空港から電車に乗ってやってきました、佐賀県は「虹の松原」駅。
P1000014(1).jpg
「日本三大松原」のひとつのわりには小さな無人駅でびっくり。
ともあれ、初の佐賀県入りで、これにて九州全県制覇を達成です!
(あと未踏の県は、徳島と秋田と三重と和歌山と…、まだまだたくさんありますなぁ~)

駅から少し歩くともうそこは松原。なんと幅1キロ、全長5キロにわたってクロマツの林が続いているんですって。
ちなみに三大松原のあと二つは、静岡県の三保の松原と福井県の気比の松原です、って今ネットで調べたんですけどね。
P1000015(1).jpg

松、松、松、ひたすら松~。その数なんと百万本だそうで。
P1000016(1).jpg
それにしても人がいない…。
なんだか遭難しそうでコワイのでそろそろ引き返しますか。
全長5キロの絶景は、たぶん上から見下ろすことによって堪能できるんだろうと思うのですが…、いまひとつ感動のないまま松原をあとにします。

さらに電車に乗りまして唐津駅へ。
目的地は唐津城なのですが、駅の観光案内所にて尋ねたところ、お城行きのバスも出ているけれど、徒歩15分くらいの距離とのことですので、ぶらぶら歩いて行ってみることにします。
アイスで燃料補給しつつテクテク。お、向こうにお城が見えてきましたよ。
P1000024(1).jpg

うわ、階段きつそう~。
P1000041(1).jpg

というわけでお山の上まで運んでくれるエレベーター(料金片道100円なり)で、お城の入口まで運んでもらいまして、

ご対面。1608年築城の唐津城でございます。
P1000039(1).jpg

てっぺんに登ります。
P1000030(1).jpg

天守閣からの眺め。
P1000029(1).jpg

向こうに見えるのがさきほどの虹の松原かしら。違うかな。
P1000034(1).jpg

唐津城のゆるキャラ、唐ワンくん……、えっ?えっ?、似てますよね。
すっごく似てますよねっ。 彦根城のあの人気者ネコちゃんにー!。
P1000036(1).jpg

帰りはエレベータ代100円を節約して(?)300段あまりの階段を歩いて降りたのでしたが、その前日に会社の避難訓練で、ビルの25階のオフィスから非常階段をグルグル歩いて降りた足に、さらなるダメージを被りました…。



再び電車に揺られ博多に到着。
P1000053(1).jpg

時刻はすでに午後3時を過ぎていますがようやくお昼ご飯にありつけます。
お手軽に駅ビル内のレストラン街にて。
ぜひ食べてみたいと思っていた博多の味が二つありましてね、迷った末にこちら。
P1000042(1).jpg

モツ鍋初体験。一人鍋~。
P1000043(1).jpg

あら、これ思った以上においしいわ。モツは臭みなど全くなく、ふわふわと柔らかなのに適度な噛みごたえもあって。
P1000044(1).jpg

ふむふむ、おいしいものですなぁ、と食べているうちに、素晴らしい考えがひらめいたー。

このお鍋のシメのちゃんぽんっていうのをパスすれば、もうひとつの食べたかったものが食べられるじゃないのー、って。

で、ラーメン屋さんにて(モツ鍋アフターのちゃんぽんも相当に捨てがたかったんですけどね)、
P1000051(1).jpg

会いたかったよ、とんこつラーメン。
博多には何度か来ているのに今までいただく機会がありませんでした。
このこってりスープに、細くてまっすぐな麺ってのがいいんですよね。最高。
P1000048(1).jpg

なぜか餃子も。おなかいっぱいです。
P1000050(1).jpg

さて、思い残すことなく福岡空港へ。
えっ? もう帰るんですかー。



ではなくて、うふふ、これから次なる目的地に出発です。
福岡空港国際線ターミナルのちっちゃいラウンジにて、ひとりカンパーイ。
P1000055(1).jpg

18:50発のアシアナでぴゅーんと飛んできましたよ、韓国・釜山。
釜山駅前の、
P1000057(1).jpg

東横インに宿泊です。駅のすぐ近くにそびえたってます。
P1000058(1).jpg

日本の東横インと全く同じ内装でおもしろくはないけれど、日本語も通じるし便利です。
P1000059(1).jpg

チェックインしてから、お隣の駅にささっと明日のお出かけの切符を買いに行きました。
P1000062(1).jpg

ホテルのすぐ横にはこんな屋台街。
P1000065(1).jpg

さきほど食べずにいただいてきたアシアナの機内食おにぎりと、釜山駅構内のコンビニで買ったチョコレート牛乳で簡単に夜食をすませて、今日のところはおやすみなさい。
P1000066(1).jpg

……実は、ポテトチップもちょっと食べちゃいました。へへへ。
P1000069(1).jpg



lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。