スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
24時間二都の旅 京都編
2012 / 03 / 20 ( Tue )
2012年2月 / 京都 / 友人と二人旅

近鉄電車にて奈良から京都へ移動。
お昼過ぎには伊丹空港行きのバスに乗らねばならないので、観光は1か所のみ。
まだ行ったことのないところ…ということで、わたしのリクエストにより「伏見稲荷」です。1300年の歴史を誇るお稲荷さん。
P1020630(1).jpg
青空に向かってコン、コーン!
あっ、やっぱり油揚げをくわえているのねぇ、と思ったら違いました。(金色の房状のものでした…)

お寺より神社の方が晴れやかな気分になれるのは、このビビッドな朱色のせいでしょうね。
P1020628(1).jpg

P1020629(1).jpg

絵馬もキツネ。
P1020634(1).jpg

イケメンぎつねもいるよ。
P1020635(1).jpg

P1020631(1).jpg


ここで圧巻なのは5000以上もの鳥居が並ぶ道。
P1020649(1).jpg

ロウソクの光に照らされたおキツネたちはちょっと怖いかも。
P1020639(1).jpg

とってもきれいだけど、どこまで続いてるのぉ~?
適当なところでUターンしてきましたが、途中すれ違う人に「この先何かありますか?」とか、「あとどのくらい続いてますか?」って何度も聞かれました。ふふふ。
「わたしたちも途中で引き返してきちゃったんですよー。でももうちょっと行くと池がありますよ」なんて答えたりして。
P1020636(1).jpg

お守りには英語でご利益の説明つき。さすが京都。外国からのゲストも多いのでしょうね。
P1020648(1).jpg

近くのうどん屋さんでお昼ごはん。
ここはやっぱりお稲荷づくしで参りましょう。
きざみ油揚げいりのおうどんに、ずばりお稲荷さんをセット。
P1020652(1).jpg

こちらは友人チョイスのおうどんプラス丼ごはん。
この「他人丼」って、先日わたしの愛するTV番組「秘密のケンミンショー」で、大阪の人たちが「東京には他人丼がない!!」って憤慨していらした、親子丼の鶏肉の代わりに、卵にとって「他人」である牛肉が入っているという丼もの。
P1020653(1).jpg
ちょっとお味見させてもらったら、あらまおいしーい。甘じょっぱいタレのからんだ牛肉に玉子がとろーり。
「東京には他人丼がない!!」 わたしもフンガイです。

最後に寄り道、京都の台所・錦市場へ。
おいしそうなものが並んでおりますなぁ。
P1020657(1).jpg

三木鶏卵というお店で玉子焼きを買いました。
P1020656(1).jpg

京都のお漬物、これも買わなくっちゃ。
P1020658(1).jpg

P1020660(1).jpg

魅惑の試食コーナー。動悸が早くなるわたし。
P1020659(1).jpg
でも、いろいろお味見させていただいていると、何が何だかわからなくなります…。

ちょっと休もう。
市場アーケードの二階にある素敵なカフェにて、温かいチョコがとろけ出すフォンダンショコラをいただきまして、
P1020655(1).jpg

あとは、伊豫又さんの鯖寿司を忘れずに購入のうえ、伊丹空港へ。

わずか24時間ほどの滞在で奈良&京都の旅。
ややあわただしかったものの、やっぱり楽しい旅でした。
P1020662(1).jpg

帰宅後さっそくいただきます。
P1020664(1).jpg

この味この味。京都だわ。
P1020666(1).jpg

空港で買った「七味家のあげおじゃが」
これは傑作! カルビーのお菓子ですが、きっと地域限定発売モノですよね。
P1020663(1).jpg
わたしの独断で「北海道のじゃがポックルを超えた!」と断言させていただきます。
「七味あじ」と「ゆず一味あじ」の2種類がそれぞれ3袋入っています。かた揚げタイプでぴりっと刺激的なお味…。
2箱買った友人は賢明でした。5箱買わなかったわたしはバカでした。えーん。
スポンサーサイト
12 : 36 : 59 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
24時間二都の旅 奈良編
2012 / 03 / 18 ( Sun )
2012年2月 / 奈良 / 友人と二人旅

P1020626(1).jpg

「奈良の節分ナイトを見に行かない?」とのお誘い。
「京都・錦市場でのお買い物つきだよーん」とくれば、そりゃ二つ返事でOKですわな。

午前中はオシゴト(悲)、14:00羽田発の飛行機で伊丹へ飛びまして、そこからバスで奈良へ。というわけで、奈良到着はすでに夕方近く。
飛行機の中でおにぎりを食べただけだったので、お腹すいてますー。
「ひがしむき」という名の商店街で、
P1020569(1).jpg

「たなか」本店にて柿の葉すしをいただきますよ。
店舗の奥に、お寿司をいただけるテーブル席があるのです。
P1020567(1).jpg

おいしーい。見た目もとってもかわいいですな。
奈良名物の食べ物って何? と考えても、奈良漬以外にあんまり浮かばないなぁ、なんて思っていたけれど、これがありましたよねー。
P1020568(1).jpg

さて、節分イベント。
春日大社の「節分万燈籠」を見に来ました。
P1020571(1).jpg

参道に並ぶ、およそ2000個の石灯籠に火が灯ります。とっても幻想的な光景。

P1020578(1).jpg

2000もの!と言っても、あわいロウソクの光ですから、それほど明るくはない夜道を歩くのです。それがまた良い。
寺社仏閣の多い奈良ゆえ、節分の行事もあちこちで行われているらしく、見物客が分散されるためか、それほど混雑していなかったのも良かったです。
P1020585(1).jpg

縁結び祈願のピンクのハート絵馬たちがぎっしり。
P1020582(1).jpg

本殿に到着すると、回廊に下げられた約1000個の釣り灯篭にも火が灯されています。
P1020587(1).jpg

良く見ると灯篭に施された模様がひとつひとつ違っていて、これまたとってもキレイです。
P1020596(1).jpg

「豆まきはもう終わっちゃってるかもしれないけど、興福寺に行ってみようか」とタクシーで。
おっ、まだやってました。すごい人の群れ~。
P1020600(1).jpg

ちらっとでも見られて良かった。夜の五重塔もきりっと美しい。
P1020610(1).jpg

「いいもの見たねぇ」と夜のお食事へ。
あ、さっきの柿の葉すしはおやつですもの。

奈良好きの友人一押しのお店です。
「奈良に来るたびに寄っている、いやむしろ、ここで食べたいために奈良に来るのだ」とまで。
JR奈良駅近くの焼鳥屋さん「鶏田村」。
P1020624(1).jpg

地鶏の炭火焼でいきなりノックダウンされました。おいし過ぎますよ、これ。
P1020611(1).jpg

どんどん頼もう。わたしの好きな砂肝は、関西では砂ずりっていうんですか。
P1020614(1).jpg

ハツは「こころ」なんですね。
P1020620(1).jpg

じゃがバターも食べちゃお。
P1020615(1).jpg

ファイヤー!カウンター席は楽しい。
P1020619(1).jpg

すべてウマイです。
P1020621(1).jpg

P1020617(1).jpg

P1020623(1).jpg

焼きおにぎりは二つとも、ゴハンがなければ食事という気がしないわたしのお腹へ。
P1020622(1).jpg

お腹いっぱいになりました。(さっきお寿司食べたしね)
でも、写真をみると「もっと食べられたはずだ。だらしないっ!」と思ってしまいます…。
明日は京都へ。
11 : 54 : 31 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
佐世保のおいしいもの巡り
2012 / 03 / 04 ( Sun )
2012年1月 / 長崎県・佐世保 / ひとり旅

一路佐世保へ!
「シーサイドライナー号」って素敵な名前だけど、ちょっと古ぼけたフツウの電車でした…。
P1020520(1).jpg

車窓の眺め。一時間半ほどの電車の旅です。
P1020522(1).jpg

佐世保のお宿は、「駅に近くて一番安いホテル!」で検索した3900円也のこちら、金子ホテル。
P1020529(1).jpg
この外観。佐世保の地で相当な歴史を刻んできたホテルとお見受け致します。

玄関で靴を脱いで上がりましょう。
P1020550(1).jpg

お部屋もレトロ~。
洋室もありますけれど、あえて和室を選択したのです。
P1020527(1).jpg

何故かとっても広いお風呂つき。
今どきこんなお風呂が部屋の中に備わっているビジネスホテルなんて珍しい!
P1020525(1).jpg

すぐ近くにあるカトリック三浦教会を見学…と思ったら、お葬式の最中でして、階段の下から写真を一枚撮らせていただいて退散しました。
P1020536(1).jpg

これまた歴史のありそうな商店街を抜けまして、
P1020531(1).jpg

P1020533(1).jpg

佐世保と言えば「佐世保バーガー」
Big Manというお店にておやつタイム。
P1020539(1).jpg

ここはベーコンエッグバーガー発祥のお店なんですって。
ほーんと、おいしかったー。
「おやつ」にしてはボリュームあり過ぎですが、佐世保に来たらこれは絶対食べてみなくちゃ!
P1020537(1).jpg

アーケード街をぶらぶら。佐世保でも全く観光らしいことしておりませんな。ただ当てもなくふらふら…。
P1020540(1).jpg

佐世保銘菓「ぽると」のお店があったので、
P1020547(1).jpg

この可愛らしくもノスタルジックなパッケージに魅せられて、お土産にいろいろ買いました。
でも肝心な「ぽると」を買い忘れてます…。
P1020549(1).jpg

この立派な建物はアルカスSASEBOという、コンサートホールなどが入っている施設です。
この中にある「サザンクロス」というレストランにて、もうひとつの佐世保名物をいただきます……って、ホントにもう食べてばっかり~。
P1020541(1).jpg

じゅじゅ~っ。レモンステーキ。
ずっと食べてみたかったんです。
P1020542(1).jpg

一枚ずつお箸で裏返してっと。
いい感じに火が通りましたね。レモンのさわやかな酸味でご飯が進みますー!
P1020544(1).jpg

またも満腹のお腹を抱えてお宿へ。
夜の三浦教会は、クリスマスもとっくに終わったのに、何やらきらびやかですなぁ。
それにしても、今日は朝からお肉ばっかり食べてた一日…。
P1020546(1).jpg


最終日の朝。
お昼すぎに長崎発の飛行機に乗るためには、あまり時間がないのですが…、うふふー、朝9時から佐世保バーガーをいただけるお店をリサーチ済みですよ。
佐世保駅近くの「喫茶リベラ」さんにて朝バーガー。
P1020555(1).jpg

むむ、大きい~。
P1020551(1).jpg

これはこれは、「喫茶店のハンバーガー? 専門店にはかなわないのでは?」なんて、ちらりとでも思ってしまったわたしが間違っていました!
P1020553(1).jpg
手作り感いっぱいの肉汁たっぷりハンバーグに野菜もたっぷり。マヨネーズがよく合います。
それにしても朝からこのメニューはさすがのわたしにも手ごわかった…、といいつつ、もちろん完食いたしましたよ。

当初の心づもりでは、最後に長崎空港でちゃんぽん、のはずでしたが、「朝バーガー」のインパクトが強すぎて、お昼になってもあまり空腹を感じず(そりゃそうだ)…。

おあつらえ向きに「五島うどん」のお店があったので、軽めにおうどんのランチをいただきまして(結局食べるんですね…)、
P1020560(1).jpg

ちゃんぽんはまた次の機会にいたします。
P1020559(1).jpg

さて「角煮まん」でも買って帰りますか、とおみやげ売り場を物色していると、おーっ! 昨日感激しつついただいた坂本屋さんの「角煮めし」のお弁当が売られているではありませんか。これは買うしかない!

というわけで、今回のおみやげは、角煮めし弁当と「長崎に来たら絶対!」の「うに豆」。
P1020561(1).jpg

お弁当の中味はこちら。お店でいただいたのは普通の白いご飯だったと思うのですが、こちらはもち米がぎゅっと詰め込まれていました。豚の角煮もこれでもかっと盛られておりますよ。
P1020562(1).jpg

ボリュームあり過ぎ!で2回に分けて食べたのでした。これでお値段750円。
次回も絶対買わなければ! 
17 : 16 : 41 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。