2010 / 07
≪ 2010 / 06   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2010 / 08 ≫

2010年5月 / 台湾・台北 / ひとり旅

いつものことながら、3泊4日の旅もあっという間でしたね。
空港へ向かう道すがら、トランクをごろごろ引っ張りながら、雙連駅近くの市場にちょっと寄り道。
CIMG7243_SP0000.jpg

エネルギー満ち満ち! どこの国でも市場見物はホントに楽しいですよねー。
CIMG7241_SP0000.jpg

CIMG7509_SP0000.jpg

おかずいろいろ、美味しそう。
CIMG7244_SP0000.jpg

健康器具の実演販売中でしょうか。
CIMG7249_SP0000.jpg

洋服屋さんとお肉屋さんの谷間の極小スペースの貝屋さん、お元気に営業中でした。
CIMG7248_SP0000.jpg


市場の中ほどに「文昌宮」というお寺があります。
CIMG7237_SP0000.jpg


学業成就のお寺らしく、合格祈願らしき方々がたくさんお祈りしていらっしゃいました。
台湾の受験シーズンってこの季節なのでしょうかね。
受験生本人はおうちでお勉強中なのか、目立つのは熱心に手を合わせるお父さん、お母さんの姿。
CIMG7233_SP0000.jpg


お供え物を置く台に、たたんだ洋服が置いてあるので、「ん?何かな」とよく見てみると、どうやらお参りに来られない受験生の服をお母さんが持ってきたもののよう。
そしてその襟元には受験票らしき紙が。
なるほどねえ、こんな風にして合格をお祈りするんですねぇ。
CIMG7231_SP0000.jpg

こちらも受験票かな。
CIMG7234_SP0000.jpg
いずこの国も受験戦争は厳しく、親の愛は深いのですなぁ。
受験生諸君、ガンバレ~。

お寺の前の屋台でセイロから湯気がたっていますよ。
CIMG7513_SP0000.jpg


ちまきをひとつ買ってみました。
CIMG7502_SP0000.jpg

お~! なんと大きなお肉入り! もぐもぐ、おいしい。お醤油の味付けが絶妙です。
CIMG7506_SP0000.jpg


名残惜しく台北の街をあとにし、桃園空港へ。
The Moreというラウンジにて朝ごはんをいただきます。
CIMG7516_SP0000.jpg

なんだか楽しいコンビニ風のコーナー。
CIMG7518_SP0000.jpg

おでんに肉まんあんまん。いただきまーす。
CIMG7520_SP0000.jpg

仙草デザートというものがありました。セルフサービスで甘く煮たお豆やらピーナッツやらをトッピング。
まっ黒でちょっと苦味があって、体に良さそうな漢方スイーツですな。
CIMG7522_SP0000.jpg

いやぁ、お腹一杯になりました。
エバー航空のラウンジに移動して、お茶でもいただきましょうか。
CIMG7524_SP0000.jpg

と思ったら、おいしそうなルーロー飯を発見してしまいまして……。
CIMG7526_SP0000.jpg

うわぁ、ほんとにお腹いっぱいだー、と思いつつ成田行きのANA機に搭乗。
CIMG7527_SP0000.jpg


機内食もついつい食べちゃうんだなぁ。
CIMG7528_SP0000.jpg
最後まで食べまくりの台湾旅でした。


2010年5月 / 台湾・台北 / ひとり旅

烏来から台北市内に戻り、ホテルで一休みのあとでちょこっとお出かけ。
行天宮は三国志の関羽を祀る廟なのだそうです。
CIMG7458_SP0000.jpg


ものすごい混雑ぶり。
CIMG7462_SP0000.jpg


これは何の行列かと言うと、
CIMG7470_SP0000.jpg


青い服をまとった女性たちが、長いお線香を手に持ち、信者の方の体のまわりをなでるような仕草をしています。きっとご利益があるのでしょうね。
皆さん辛抱強く長い行列を作っていらっしゃいました。
CIMG7471_SP0000.jpg


さて、晩ごはんは台北駅の上にあるフードコートへ。
CIMG7485_SP0000.jpg


焼きそばと、皮にかぼちゃを練りこんである小籠包。
CIMG7482_SP0000.jpg

CIMG7484_SP0000.jpg

それほどおいしくもなく…。
一日歩きまわってくたびれてしまい、便利な場所でお手軽に済ましちゃおうとしたのが、良くなかったんですな。反省~。

気を取り直しまして、ホテルに戻ってマンゴーをぺろっと2つも食べたあとで、
CIMG7499_SP0000.jpg


恒例おみやげ撮影会。
CIMG7491_SP0000.jpg

しいたけやジャックフルーツのさくさくフリーズドライスナック、筍の風味はあまり感じられないけれど妙に後引く冬筍餅という名のクッキー、葱入りクラッカーなどなど。
クノールのスープはお水と玉子を加えて煮るだけで簡単なのにとっても美味でした。

文房具屋さんでいろいろ。
ノートにメモ帳、スティックのりに右下はバースデーカード。
CIMG7359_SP0000.jpg
旅行中に次の旅用のノートを買うことにしています。
旅日記のすき間に、電車や美術館の切符やら、お菓子の包み紙やらぺたぺた貼りつけたりして、まるで小学生のようなことをしてはひとり悦に入っているのです(だからスティックのりもわたしの旅の必需品)。


パン屋さんで帰国翌日の朝ごはんを調達するというのが最近気に入っております。
CIMG7496_SP0000.jpg


謎の赤いマーク付き「太陽餅」は、パンというよりパイのようなほろほろの生地の中にクリームが入っていました。ぽろぽろこぼれて食べにくいけれどなかなかのおいしさ。
コンビニで買ったドラえもんパッケージのうず巻きチョコパンもおいしかったですよ。
CIMG7531_SP0000.jpg

2010年5月 / 台湾・台北 / ひとり旅

ホテルの朝ごはん。
CIMG7361_SP0000.jpg

洋食、和食、お粥の三種類から選びます、となればお粥でしょうなぁとお願いしましたこのメニュー。
白いお粥に目玉焼き、煮魚、青菜にお漬物。左手前のお味噌はお粥の味付け用かな。
そこそこおいしかったけれど、やっぱり台湾では「お外で朝ごはん」が正解かなぁ…と思ったのでした。

さて、今日は烏来(ウーライ)の街へと出かけます。
その前にちょっと興味を覚えた博物館へ。

「郵政博物館」で台湾の郵便事情を拝見しましょう。
CIMG7396_SP0000.jpg


大量の切手コレクション。
CIMG7368_SP0000.jpg


エバー航空のマスコットにもなっているキティちゃん。台湾でも大変な人気者ですが、こんなにたくさんのキティちゃん切手が発行されているとはねぇ。
CIMG7367_SP0000.jpg


メールの顔文字切手!
ネット普及で郵便利用が落ち込んでいるのは台湾もご同様なんでしょうね、ちょっと皮肉が効いてます。
CIMG7370_SP0000.jpg


台湾郵便局のシンボルカラーはグリーンなんですね。
CIMG7385_SP0000.jpg

CIMG7382_SP0000.jpg


世界の制服がずらり。
日本の郵便局員さんの制服は紺色でしたっけ。
他の国々も紺色ユニフォームが多数派のようですね。
CIMG7393_SP0000.jpg


ポストも緑色。
CIMG7386_SP0000.jpg


こちらは我が国の真っ赤っかポストたち。
一方、ヨーロッパの国々は黄色いポストが多いようです。
CIMG7389_SP0000.jpg


ちょっとのぞいて行くつもりが、なかなかおもしろくて1時間ほど過ごしてしまいました。
さて、バスに揺られて烏来へ。いやぁ、ほんとに揺れますこのバス!
CIMG7455_SP0000.jpg


烏来は山の中の温泉地。
CIMG7399_SP0000.jpg


鄙びた感じがいいですなぁ。
CIMG7398_SP0000.jpg


日本の温泉街にちょっと似てるかな。
にぎやかな通りには食べ物屋さんやおみやげ屋さんがいっぱい。
CIMG7453_SP0000.jpg

CIMG7405_SP0000.jpg

飴の実演販売ですか。にょーんとのばしてハサミでちょきちょき。
CIMG7420_SP0000.jpg


お昼ごはんはどのお店にしようかしら。
どこもこんな風に店頭においしそうな山菜をディスプレイしています。
CIMG7415_SP0000.jpg

どんな味がするんでしょ。
CIMG7404_SP0000.jpg


金針と言う名の黄色いお花のつぼみとしいたけのスープと竹筒ご飯です。
お花って苦いのかな、と思いましたが、癖のないあっさりしたお味。
CIMG7408_SP0000.jpg


竹筒の中味はもち米と雑穀のおこわ。薄味ながら旨みがあって、もちもち歯ごたえのおいしいご飯です。
CIMG7409_SP0000.jpg


当然山菜も食べてみなくちゃ。名前をみても全くわからないので「綜合野菜」という炒めものにしてみました。
豆のツルのようなものやら、山菜特有の粘りのある葉っぱやら、いろいろ入ってます。
ニンニクが効いてて、シャキシャキして、やっぱり台湾の野菜炒めは絶品。
CIMG7412_SP0000.jpg
満足満足。ごちそうさまでした。

キミはもうお昼ごはん食べたの?
CIMG7417_SP0000.jpg


川で遊泳している方がいましたよ。
CIMG7423_SP0000.jpg


トロッコ電車で山の上へ。
CIMG7425_SP0000.jpg


カーブがちょっと怖いですー。
CIMG7426_SP0000.jpg

お山の空気はさわやかですなぁ。
CIMG7432_SP0000.jpg

温泉には入らず「ご飯を食べに来ただけ」になってしまったけれど、山の空気を吸って、白糸の滝でマイナスイオン吸収。十分に満足いたしました。
CIMG7435_SP0000.jpg


親子わんちゃんものんびり幸せそうでした。
CIMG7443_SP0000.jpg



2010年5月 / 台湾・台北 / ひとり旅

孔雀ハマグリを山盛り食べてお腹いっぱい!ではありますが、
CIMG7314_SP0000.jpg


デザート代わりにもうひとつ、甘くて酸っぱい梅のジュース、淡水名物「酸梅湯」いってみましょう。
CIMG7319_SP0001.jpg


ちゅーちゅー飲みながら歩いていると、あら、何をしているのかな。
CIMG7323_SP0000.jpg


どうやらお札に見立てた(?)紙のお供え物を燃やしているようです。


どんどんゴミ箱に投入される札束の山。
CIMG7324_SP0000.jpg



あらま、こちらでは大胆にバラまいちゃってますよ。
CIMG7328_SP0000.jpg



駅の構内でポスター発見。台湾でも封切ですか。人気なんですね。あら、ミルヒーさんのお顔が切れちゃった、ゴメンナサイ。
ちなみに、のだめちゃんは「野田妹」と表記されておりました。うまいこと訳しますなぁ。
CIMG7329_SP0000.jpg
そう言えば、前回台湾に来た時は「アバター」のポスターがあちこちに貼ってありましたが、漢字表記は「阿凡達」。見かけるたびに「あぼんたつ…」とつぶやいてはひとりニヤけていましたっけ。


この日の夕ご飯は、外出するのが面倒になりまして、ホテルのすぐ前のお弁当屋さんで調達。
CIMG7341_SP0000.jpg

メインおかず一品とサブおかず三品を指さして選べます。
CIMG7343_SP0000.jpg


お醤油味の鶏のもも肉もお野菜のおかずも美味。
真ん中の黒くてもち米を固めたようなものがもっちりとした歯ごたえの面白い食感でした。
CIMG7349_SP0000.jpg


デザートはスーパーで買ったマンゴー。季節ですからねぇ。
CIMG7350_SP0000.jpg


このために果物ナイフを持参しております。
みずみずしくて、とっても甘くて、幸せだー。
CIMG7355_SP0000.jpg


淡水で買ったお土産はエビせん。がりがり固くておいしいんですよー。
CIMG7356_SP0000.jpg



lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2010年07月 | 08月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。