2009 / 11
≪ 2009 / 10   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -  2009 / 12 ≫

2009年11月 / 韓国・全州 / 友人と二人旅

今年5月の釜山旅行で、「ソウルじゃない韓国」のオモシロさに魅せられてしまったわたし達。
こんどは韓国の「食の都」と呼ばれる全州で、美味しいもの三昧の2泊3日を過ごしてきました。CIMG5505_SP0000.jpg

揚げたじゃがいもに、さつまいものペーストが入ってモチっとおいしいまん丸揚げパン。
CIMG5503_SP0000.jpg  CIMG5502_SP0000.jpg

ソウル金浦空港から全州まで、バスで約4時間の道のりも、途中のサービスエリアでこんなおやつをつまみつつ乗り切りますよー。

こちらのサイトでお奨めされていた「スマンモーテル」に泊ろうと思っております。
バス停から乗ったタクシーのおじさんがカーナビを駆使して見つけてくれました。
CIMG5529_SP0000.jpg

えーっと、看板にはくっきりと「温泉マーク」、駐車場にはある種のホテルに特有のビラビラが……。
CIMG5532_SP0000.jpg

果敢に受付へと突進しまして(ウソです。おじけつきつつソロソロと)、お部屋をお願いします。
予約なんてしていません(というか、多分そもそも予約というものを受け付けてはいないらしいです)が、めでたく2泊分のお宿を確保。

全州と言えば、ご存知ビビンパの発祥の地。代表的なお店「家族会館」へ!
CIMG5521_SP0000.jpg

張り切りすぎて一番乗りしちゃった。積み上げられた器が壮観ですな。
CIMG5511_SP0000.jpg

有無を言わせず登場するおかずたち。何といっても韓国料理はこれが魅力ですよねー。
ん? なぜ真中がぽっかりと空いているのでしょう、と思っていると、
CIMG5512_SP0000.jpg

熱々のケランチム(卵蒸し)が置かれました。 スフレみたいにふわふわで、ねぎの風味が香ばしくってこれは相当に美味なるお料理です。
CIMG5517_SP0000.jpg

待ってました!主役のビビンパが登場。何とまぁ、色鮮やか~。
CIMG5516_SP0000.jpg

ずらーり、幸せな光景ですー。
ビビンパを混ぜ混ぜして、もぐもぐ。おいしいなぁ、もーう!
CIMG5518_SP0000.jpg
小皿のおかずたちも、ひとつひとつが丁寧につくられていることがわかります。さすがは人気のお店。

「母酒 モジュ」というお酒も飲んでみました。マッコリに黒糖とシナモンを加えたとろりとしたお酒です。甘くてカクテルみたい。
CIMG5519_SP0000.jpg

初日からいきなり食べすぎ。ふくれたお腹を抱えてお宿へ戻ってきました。
うふふ、モーテルのお部屋の様子が気になりますか?



小さなのぞき窓風の受付のあるロビーから、
CIMG5686_SP0000.jpg

階段を上りまして、
CIMG5687_SP0000.jpg

じゃんっ、いたって普通のシングルルームです。11月の韓国は相当に冷え込みますが、床がオンドルなのでぽかぽか。
CIMG5506_SP0000.jpg

カーテンの向こうの浴室がガラス張りってところが、ちょっとエッチな感じではありますが。(廊下をはさんでお向かいの友人の部屋は普通の壁でした)
CIMG5509_SP0000.jpg

韓国では温泉マークのモーテルでも、ビジネスや観光のお客さんが普通に泊っているのだそうですね。わたしたちの滞在中にも、小さな子供連れの韓国人ファミリー客を見かけました。ところ変われば……ですねぇ。
なんといっても一泊3万ウォン(2,400円ほど)ですからね、利用しない手はございません。
それにこのお宿のご主人夫婦がとっても親切。日本語も英語もカタコトのようですが、一生懸命全州の観光名所やお食事どころの場所を教えてくださいました。
チョンマル、カムサハムニダー。

おまけ。 はではで広告だらけのティッシュボックス。
CIMG5510_SP0000.jpg



2009年10月 / 山口県・萩、山口市 / 母と二人旅

目覚めのひと風呂のあとにおいしい朝ごはんをいただきまして、
CIMG5447_SP0000.jpg

観光開始。萩の武家屋敷跡です。
CIMG5454_SP0000.jpg

壁の向こうに実るのは、
CIMG5452_SP0000.jpg

萩のシンボル、夏みかん。
CIMG5453_SP0000.jpg

明治維新によって失業してしまった武士たちの収入源となるように、と始められた夏みかん栽培が苦労の末に大成功。
以来、夏みかんは萩の名物となりました。

……てなことは、ここ「萩博物館」でお勉強いたしました。
CIMG5461_SP0000.jpg

吉田松陰の足跡などが詳しく説明されていて、とても面白かった!
CIMG5459_SP0000.jpg

昨日の松下村塾は、ここを見てから行くべきだったなぁと、ちょっと後悔。
松陰先生、どうしても外国に行きたかったんですね。アメリカに密航しようとして、牢屋に入れられちゃったなんてねぇ。

おっ、高杉晋作誕生の地。
CIMG5466_SP0000.jpg

こちらは木戸孝允の生家ですか。歴史好きの方にはたまらない街でしょうねぇ。
それほどでもないわたしも相当に感激。
CIMG5467_SP0000.jpg

クラシックな萩駅を拝見してから、山口市内へと向かいます。
CIMG5471_SP0000.jpg

幕末のヒーローさんたち、さようなら。
左から高杉晋作、吉田松陰、久坂玄瑞の面々。ゆかりの地を訪ねるとやっぱり親しみが湧きますね。
CIMG5474_SP0000.jpg


山口市内いちばんの見どころ、国宝・瑠璃光寺の五重の塔です。美しい。
CIMG5491_SP0000.jpg

最後は「山口サビエル記念聖堂」。
1991年に火事で焼失した旧聖堂に代わり、現在はこんなにモダンな教会となっていますが、付属の「クリスチャン記念館」に写真が展示されている1952年建造の旧聖堂の方が素敵ねぇとささやき合う母とわたしでした。
CIMG5494_SP0000.jpg

お昼ごはんをささっと食べて山口宇部空港へ。
CIMG5498_SP0000.jpg

1泊2日の短くも充実した旅がこれにて終了。おみやげは萩名物の夏みかんのクリームをはさんだゴーフルと山口名物ういろうでした。
CIMG5500_SP0000.jpg



2009年10月 / 山口県・秋吉台、萩 / 母と二人旅

年に一度の親孝行旅……なぁんて、行先は「わたしの行きたいところ!」ということで決めさせてもらいます。
高校の修学旅行(つまりはるか昔々ということですなぁ)で訪れた山陰地方へ1泊2日で行ってまいりました。
CIMG5374_SP0000.jpg

CIMG5349_SP0000.jpg

日本一の鍾乳洞・秋芳洞はさすがに迫力がありますね。神秘的。
CIMG5361_SP0000.jpg

CIMG5373_SP0000.jpg

これまた日本一のカルスト台地・秋吉台。
なんと、この白い石灰岩の正体は、海の生物サンゴ。
3億年の月日と地殻変動によって作られたこの絶景なのです。
CIMG5379_SP0000.jpg

カルスト台地をながめつつ、萩へのドライブは快適です~。
今回の旅は2日間とも観光タクシーのお世話になりました。
CIMG5387_SP0000.jpg


萩の街に到着。
萩の皆さんが大人も子供も全員、「松陰先生」と呼び慕う、吉田松陰ゆかりの地を見学します。
吉田松陰を祀る松陰神社の境内に、
CIMG5397_SP0000.jpg

松下村塾。
伊藤博文、高杉晋作……錚々たる偉人達を輩出した、まさに明治維新の出発点とも言える場所なんですね。
CIMG5393_SP0000.jpg

こんなに小さなところでねぇ。
きちんと正座をして、松陰先生のお話を一言も聞きもらすまいと耳を傾ける、若者たちの姿が浮かんでくるようです。
CIMG5394_SP0000.jpg


萩城址。1604年 毛利輝元が築城。
現在はお堀と石垣だけが残っています。
CIMG5403_SP0000.jpg

お泊まりは、「宵待ちの宿 萩一輪」さん。
CIMG5450_SP0000.jpg


お部屋の目の前に「日本の夕日100選」に選ばれたという菊が浜。
CIMG5448_SP0000.jpg


もちろん露天風呂もありますけれど、
CIMG5416_SP0000.jpg


今回泊ったお部屋はね、
CIMG5405_SP0000.jpg


露天風呂付~♪ 極楽極楽、でございました。
CIMG5407_SP0000.jpg


ひとっ風呂浴びたあとの夕食は、山口といえばフグ!のお刺身でスタート。
「ふぐ・鮟鱇・松茸会席」コースですよ。楽しみ楽しみ。
CIMG5420_SP0000.jpg

炙り長州鶏。
CIMG5421_SP0000.jpg

おいしいに決まってるアン肝。
CIMG5434_SP0000.jpg

タコちゃんですね。
CIMG5423_SP0000.jpg

あんこう鍋。ぐつぐつ。
CIMG5435_SP0000.jpg

サクっとあんこうの唐揚げ。
CIMG5428_SP0000.jpg

フグの袱紗焼き。
CIMG5429_SP0000.jpg

ここで洋風もの登場。ローストビーフのサラダ仕立て。
CIMG5431_SP0000.jpg

このあたりでもう満腹満腹! えーっと、これは何でしたかねぇ。お肉?でしたっけ。
CIMG5437_SP0000.jpg

満腹ではありますが、ぜひともいただきたい松茸ごはんのお釜にに火をつけまして、
CIMG5433_SP0000.jpg

食べちゃう。
CIMG5440_SP0000.jpg

土瓶蒸しも。
CIMG5441_SP0000.jpg

はーっ、ごちそうさまでした。久々にニッポンの旅館のごちそう、堪能いたしました。
CIMG5445_SP0000.jpg

もう一回、お風呂入ってから寝ようっと。




タイトルに「フランス」「旅」とついた本はとりあえず読んでみないと気が済まないわたし(笑)
航空会社をリタイア後、ご夫婦でフランス旅行をなさった記録です。
さすが余裕ある熟年トラベラー、グルメを堪能されているのがうらやましい。
著者が気に入ったフランス各地のレストランがいくつも紹介されており、わたしも何年か前にそのうちの一軒でおいしいリヨン風ソーセージをいただきました。
今回宿泊したアパートホテルもこの本を参考に決めたんですよ。
読み物としても楽しいし、少々古い記録ながら、資料としても役立つ本です。




2009年9月 / リヨンから成田まで / ひとり旅

あっという間の休暇もおしまい。
行きと同じ長ーい道のりをたどって日本へと帰ります。
それではその間の「食べっぱなし記録」をどうぞご覧くださいませ~。

まずは、リヨン・サンテグジュペリ空港のレストランにてお昼ごはん。
429_SP0000.jpg

サラダ・ニソワーズ(ニース風サラダ)。ふむ、次回はニースとコートダジュールの村々をめぐる旅なんてのもいいなぁ。

「ラウンジ・モンブラン」にて飲み物とお菓子をつまみつつ出発を待ちます。
430_SP0000.jpg


眼下に見えるはフレンチ・アルプスでしょうか? ルフトハンザにてフランクフルトへ。
432_SP0000.jpg


毎度おなじみ、小さなチョコバーのオマケつきサンドイッチをぱくり。
434_SP0000.jpg


フランクフルト空港ルフトハンザのラウンジでもついつい。
435_SP0000.jpg


19時発のアシアナ航空にてソウルへと向かいます。
437_SP0000.jpg

オードブルに続いて登場は……、

出ました、韓国グルメ。ビビンバです。
ん、ちょっと具が少なめじゃございませんか?
438_SP0000.jpg

フルーツにチーズのプレート。
439_SP0000.jpg


夜でも食べちゃうケーキ。
441_SP0000.jpg


それでは、おやすみなさーい……と数時間後に、

はい、お目覚めのフルーツ。
442_SP0000.jpg


朝ごはんにはヘビーすぎるこのひと皿。
443_SP0000.jpg


ふーっ。
444_SP0000.jpg


やっとソウルに着きました。ここで5時間弱の乗り継ぎ待ち時間(泣)
混雑のアシアナラウンジは敬遠しまして、HUBラウンジというところに来てみましたら、ゆったりしていてとても快適。
446_SP0000.jpg


生野菜がありがたいー。韓国らしくワカメスープも。
445_SP0000.jpg


ついつい食べちゃうなぁ。
448_SP0000.jpg


ソウル―成田間もビビンバ。好きなもので、ついつい選択。
451_SP0000.jpg

ほーんと、よく食べましたなぁ。


2009年9月 / フランス・リヨン / ひとり旅

またまた夜中のような写真ですが、朝6時半ころです。
朝のパンを買いに。
382_SP0000.jpg


中世時代にタイムスリップ、の気分が味わえる街リヨン。
なーんて、うっとりしているとお腹がくくーっと鳴り出しまして、急いでお部屋へ戻ります。
386_SP0000.jpg


変わり映えせぬメニューではありますが、朝ごはん。
今朝のパンはブリオッシュでした。卵はめでたく6個使い切りましたよ。
387_SP0000.jpg


ケーブルカーでフルビエールの丘へ。旅の最後はあの教会へ行かなくっちゃ。
390_SP0000.jpg

また来ましたよー、ノートルダム大聖堂。
394_SP0000.jpg


いつも人が大勢いるこの教会、早起きして来てみたおかげで、なんと貸切状態でこの荘厳な空気を味わうことができました。
400_SP0000.jpg

わたしの恒例行事。
旅の終わりにろうそくを一本捧げます。
403_SP0000.jpg


赤いカップのろうそく。飛行機に乗るまで光を灯していてくれるかな。
402_SP0000.jpg


聖堂の横に街を見下ろせる展望台があります。
愛するリヨンの街よ、また来るからね。待っててねー。
404_SP0000.jpg


……と、いつもならケーブルカーで丘のふもとまで引き返すのですが、何となく下まで歩いてみようかなぁという気になりまして。
道に迷って飛行機に乗り遅れたなんてことにならないように気をつけながら……
411_SP0000.jpg  408_SP0000.jpg

これまたすごい階段ですなぁ。足ががくがくしてきましたよ。
416_SP0000.jpg


どうやらサン・ジャン通りあたりに出られたようです。
418_SP0000.jpg

このあたりもゆっくり歩いていたいんだけど、
419_SP0000.jpg

422_SP0000.jpg


ソーヌ川にも別れを告げて、そろそろ空港に向かわなければね。
423_SP0000.jpg


2009年9月 / フランス・リヨン / ひとり旅

フランス児童文学の国民的人気者、「プチ・ニコラ」の実写版映画?
372_SP0000.jpg

ちょっと調べてみましたら、1959年初版のLe Petit Nicolas、今年がめでたく生誕50周年。それで記念の映画製作となったわけですね。
わたしもはるか昔の仏文科1年生のころ、新宿の紀伊国屋書店で買いましたっけ Petit Nicolas……。
それにしても、この赤いベストの子役くん、サンペ描くほのぼの顔のニコラの挿絵のイメージとはちょっと異なる気もいたしますねぇ。

さて、短すぎた今回のフランス滞在。最後の晩餐は、やっぱりお部屋ディナー!ということで、冷凍食品専門スーパーで買い求めましたこちらのチキンカレー。
373_SP0000.jpg

なぜかインド料理なんですね。お味は相当に優秀でした。
卵6個パックを買ってしまったので、消費せねばとゆで卵満載のサラダとともに。
ゆうべの残りのワインもね。
376_SP0000.jpg


デザートは、これまた冷食スーパーのアイスクリーム。3回くらいに分けて食べたほうがよかったかも……、と思ったくらい濃厚なお味でした。
378_SP0000.jpg


今回のおみやげたち。いつもながらのお菓子いろいろと、モンペリエで買った明るいカラーのクロスとエプロン。南仏料理アイオリとラタトゥイユのレシピがプリントされています。
374_SP0000.jpg



2009年9月 / フランス・モンペリエ / ひとり旅

朝ごはん。生ではあまりおいしくなかった、丸ズッキーニを卵とハムと一緒にいためてみましたら、ふむ、なかなかよろしい。
307_SP0000.jpg


さて、でかけましょうかと外に出てみたら何だか夜みたい。これでも朝7時ごろなのですが。
308_SP0000.jpg


ベルクール広場に着くころに、少し空が明るくなってまいりました。
311_SP0000.jpg


リヨン・パールデュー駅からTGVで南へ2時間弱。
312_SP0000 - コピー(0)  313_SP0000 - コピー(0)


南仏のお隣、ラングドック地方の中心地、モンペリエに到着しました。
駅から続く大通りの、いかにも南国らしい街路樹に青い空。
317_SP0000.jpg


コメディ広場には……、
319_SP0000.jpg

我が愛する観光用のプチトラン! これがあると、必ず乗りますよー。
331_SP0000.jpg


がたごと揺れながら、小さな路地を抜けたり、
327_SP0000 - コピー(0)  328_SP0000 - コピー(0)

329_SP0000 - コピー(0)  320_SP0000.jpg


凱旋門の下をくぐったり。
322_SP0000 - コピー(0)  332_SP0000.jpg


プチ列車でのプチ散策を終え、今度は自分の足でてくてくと凱旋門まで歩いてきました。
333_SP0000.jpg

ここにもルイ14世が馬にまたがっていらっしゃる。
337_SP0000.jpg


数年前にここモンペリエを訪れて、いちばん印象に残ったのが、すうーっとまっすぐに伸びた水道橋。再会を楽しみにしてきたのですが、あらまぁ、修復工事中で塔に登れず……。
339_SP0000.jpg


安全フェンスの隙間からちらりとのぞかせていただきます。
どこまでも伸びていく水道橋を上から見たかったなぁ、残念。
340_SP0000.jpg


かわいくて、ちょっぴり憎たらしい表情のこの子をながめたり、
336_SP0000.jpg

色づいた葉っぱに「秋ですなぁ」とつぶやいてみたりするうちにお腹がすいてまいりました。
342_SP0000.jpg


ぶらぶら歩いていると、あったあった、レストランの集まる小さな広場。
350_SP0000.jpg

大きなパラソルの下でお昼としましょう。
351_SP0000.jpg

前菜のサラダをモリモリといただいた後で、
345_SP0000.jpg

メインはSouris d’agneau の煮込み……って、羊の膝のことです。骨つきのようにも見えますが、このかたまりは全部お肉。歯ごたえがあって、鶏の砂肝にちょっと似た、わたしの好きな食感でした。お豆は大量すぎて半分くらい残してしまいましたっけ。
347_SP0000.jpg


カフェインが苦手で、普段はまったくコーヒーを飲まないのに、どういうわけかフランスでは食後にプチカフェをお願いしてしまいます。我ながら不思議。
349_SP0000.jpg


シャンドマルス庭園の道をのんびり散歩。緑がいっぱいでほんとに気持ちいい!
モンペリエの住民のみなさん、いい街ですねぇ。
360_SP0000.jpg

362_SP0000.jpg


ファーブル美術館を見学しました。
363_SP0000.jpg


ここの目玉はギュスターブ・クールベの「こんにちは、クールベさん」。
チケットの裏に印刷されていました。この絵、美術の教科書に載っていたような気がします。写実主義の傑作、ということで。
379_SP0000.jpg


帰りの電車まで、ちょっとだけ時間がありますね。
355_SP0000.jpg

コメディ広場のカフェでオランジナを飲んでから帰りましょうか。
365_SP0000.jpg




2009年9月 / フランス・リヨン / ひとり旅

またかとお思いでしょうが、教会を見つけると入らずにいられません。
289_SP0001.jpg

人の姿はなく静かな礼拝堂でした。
284_SP0000.jpg

285_SP0000.jpg  287_SP0000.jpg

ショッピングストリートも由緒ただしそうな建物だらけ。
298_SP0000.jpg


またもやふらふらとスーパーマーケットに吸い寄せられてお買いもの。
短い旅行期間だというのに一体なにをやっているのかしら、と思いますが、当人は「こういうことこそが楽しいのだぁ!」と思っちゃっているのです。
ハーフボトルのコーナーで、4ユーロ程の赤ワインを買ってみましたよ。
290_SP0000.jpg


…とくれば、やっぱりチーズも買わなければね。
えーと、この地方の名物チーズを予習してきたんだっけ。「Tomme de Savoieトム・ド・サヴォアを少しだけ切ってくださいな」
291_SP0000.jpg


お次のお店は、Picardピカール。冷凍食品専門のスーパーなんですよ。フランスのあちこちにあるようです。
冷凍ケースがずらっと並んでいるだけの、とってもシンプルな店内。
お部屋に冷凍庫も電子レンジもあることだし、何か買ってみようっと。
294_SP0000.jpg

こちらアジア料理のコーナー。ヤキトリにスシなんて日本料理シリーズにも好奇心をくすぐられましたが、おとなりのインド料理シリーズからひとつ選択いたしました。これは明日の晩ごはん用。
296_SP0000.jpg


他にもお菓子だの牛乳だのかさばるものを両手にかかえての帰り道、お惣菜屋さんでおかずを仕入れ、パン屋さんでバゲットを買い、とさらに荷物を増やしたというのに、おやつを買う事は忘れません。
うふふ、りんごのタルト。おいしかった。
297_SP0000.jpg


さてさて、夕食の支度にとりかかりましょうかね。
299_SP0000.jpg

といっても、買ってきたものをお皿に移しただけで今夜のお部屋ディナーが完成いたしました。
300_SP0000.jpg


老舗のお惣菜屋Pignolピニョルで買った、ウサギのパテはナッツや干しイチジクが埋め込まれています。これが荒挽きのウサギのお肉と実によく合うんですな。おいしいパンと一緒にもりもり食べちゃう。
301_SP0000.jpg   302_SP0000.jpg

サヴォア育ちの牛さんミルクの風味豊かなトムチーズがメインのおつまみプレートを作成しまして、ワインとともに夜は更けていくのでした。
305_SP0000.jpg



lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2009年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。