スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
香港ひとり旅
2008 / 11 / 30 ( Sun )
2008年11月 / 香港 / ひとり旅

成田空港UAラウンジの朝。
CIMG3300_SP0000.jpg

バナナダイエット中ではございませんよ。
今回の旅はANAの特典航空券にて、「行きだけビジネスクラス」。
ANAラウンジでの朝ごはんを楽しみにして来たのですが、残念! ゲートに近いUAラウンジへどうぞ~と案内されてしまいました……。ここ、あんまり食べ物がないんですよね。それでバナナの朝ごはん、というわけです。

雨模様の滑走路。香港は晴れているかな。
CIMG3301_SP0000.jpg


機内食は和食を選択しました。秋刀魚にむかごご飯。秋を感じさせるメニューです。
CIMG3305_SP0000.jpg

アイスクリームもぺろり。
CIMG3306_SP0000.jpg

まもなく香港に到着! どんな旅になるのかな。楽しみ楽しみ。
CIMG3309_SP0000.jpg

今回のお宿は、地下鉄・油麻地駅のすぐ近く、ネイザンロードが目の前というとっても便利な立地のこちら、「カリタス・ビアンキ・ロッジ」です。
何しろホテル代の高い香港。この立地で日本円にして1泊1万円は上出来。
CIMG3457_SP0000.jpg

レトロ感漂う廊下とエレベーターのこの感じ、なかなか良いではございませんか。
CIMG3310_SP0000.jpg

CIMG3563_SP0000.jpg

こちらがお部屋。必要にして十分。最上階17階のお部屋です。
CIMG3313_SP0000.jpg

窓からはこんな眺め、こちらの住所はその名もCliff(絶壁)Roadですから。
CIMG3322_SP0000.jpg

11月の香港は時にクーラーが欲しくなる気候。しかしこの部屋のエアコンにリモコンはございません。いちいちソファーにえいっと飛び乗り、壁のスイッチを入れたり切ったりが、おもしろいやらめんどくさいやら……(笑)
CIMG3314_SP0000.jpg


さて、夕方の街へ出てみます。公園の一角にある天后廟。
CIMG3331_SP0000.jpg

CIMG3327_SP0000.jpg

天井から下がったぐるぐる巻きのお線香が圧巻。何日間も燃えつづけるものもあるとか。長いほどご利益があるのでしょうかね。
CIMG3328_SP0000.jpg

こういう街角をぷらぷら歩いていると、また香港に来ちゃったんだなぁとうれしくなります。
CIMG3334_SP0000.jpg

そろそろ夕ごはんとまいりましょう。
ポークとダックのローストのっけごはん。カリッとしてジュワっとしておいしいけれど、なんだか途中で飽きちゃいまして……(ゴメンナサイです)、半分ほど平らげて、「もう一軒行っときますか…」とつぶやきつつ……。
CIMG3335_SP0000.jpg


あっ、ワンタン麺のお店だ。
CIMG3339_SP0000.jpg

これこれ! 細くて弾力のある麺に、ぷりぷりの海老ワンタン。おいしいです。
相席になった地元のおじさんの真似をして、テーブルにあったラー油をどっとかけたら、いささか辛くなりすぎちゃいました。
CIMG3336_SP0000.jpg

完食! うーっ、満腹満足。
CIMG3338_SP0000.jpg


街のネオンも輝いてきましたが、初日でもありますし、ふくらんだお腹をかかえて、おとなしくお宿へ戻りましょう。
CIMG3340_SP0000.jpg

スポンサーサイト
14 : 20 : 52 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
北大は広かった
2008 / 11 / 13 ( Thu )
2008年10月 / 北海道・札幌 / 友人と二人旅

旅の最終日。かねて念願だった北海道大学キャンパス散歩をさせていただきます。
構内のガイドマップが入口に置いてあったりして、ビジターにも開放的なキャンパスなのですね。
CIMG3287_SP0000.jpg

とにかく広い!敷地内にこんな道路があるなんて。
学生さんたちの自転車があちこちにたくさん停めてありました。
CIMG3279_SP0000.jpg


もちろん、クラーク博士の銅像が見守っておられます。
CIMG3277_SP0000.jpg


池のほとりには、
CIMG3283_SP0000.jpg


こんな方たちがのんびりお散歩中。ガアガア。
CIMG3286_SP0000.jpg


ここはプロバンスの小道? 素敵ですー。
CIMG3282_SP0000.jpg


そろそろお昼の時間。
ここは札幌。やはり最後はラーメンで締めくくらなくては。
数あるラーメン店の中から、友人が「ここ、おいしそうだよ~」とネットで見つけておいてくれたお店へ。

ここ、「赤星」。まわりはシャッターの閉まったお店も目立つ、ちょっとさびしげなアーケードの端っこ。カウンターだけの小さなお店です。
CIMG3291_SP0000.jpg


醤油ラーメンご登場。とにかくスープのコクが素晴らしい。お魚系のスープです。岩のりの風味と食感がこれまた良い! 500円というお値段がまたうれしいではございませんか。
CIMG3288_SP0000.jpg


餃子も注文しちゃおう。
CIMG3290_SP0000.jpg


うむ。こちらもなかなか。
CIMG3289_SP0000.jpg


カウンターに置いてある、「さばにんにく粉」をラーメンにふりかけると、さらにさらに風味が増して、スープをすくうレンゲが止められなくなりますよー。

…というわけで、こちらを購入。 

CIMG3292_SP0000.jpg


赤星ラーメンを再現することは絶対に不可能ですけれど、我が家では普通のインスタントラーメンに、ゆでた野菜をこれでもかっとてんこ盛りにして、この魔法のお粉をふりかけて食べる、というのが超お気に入り。
使い切っってしまったらどうすればよいのでしょうか。また、札幌まで買いに行かなくちゃいけないのかしら。東京進出のご予定は?

にんにくプンプンをしっかり自覚しつつ、タクシー、電車を乗り継いで、空港へと向かいます。

相変わらず新千歳空港のお土産売り場の充実ぶりはすごいですねー。
さんざん目移りしながら、こちらの品々を買い求めました。北大の前身、「札幌農学校」の名を冠したサブレ(これ、味・食感ともに相当好きなタイプでした)に、とうきびチョコ、スープカレーに、おなじみ「じゃがポックル」。
CIMG3293_SP0000.jpg

じゃがポックルは相変わらずの人気商品ですが、ちょうど入荷のタイミングだったお店で運よく入手できました。

そしてゲート近くのお店で見つけて、夕食用にと買ったのが「ホッキ貝ごはん」。
CIMG3298_SP0000.jpg

こりっとした歯ごたえのホッキ貝、おいしいですよね。今回の旅の上陸地、苫小牧の名物だとか。
この貝殻は何と本物なんですよ。帰宅後おいしく食べ終わったあとも、なんとなく捨てがたく、洗ってとってあるのです。使い道は思いつかないけれど、旅の思い出の品ということで。
22 : 17 : 48 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
毛むくじゃらのごちそう
2008 / 11 / 09 ( Sun )
2008年10月 / 北海道・札幌 / 友人と二人旅

札幌市内に戻りました。
雪印パーラーでひと休み。
CIMG3265_SP0000.jpg

特大パフェのディスプレイに、「こんなの注文する人いるのかしらねー」とげらげら笑いながら店内に入りましたら、まさにこれを食べているテーブルがふたつもあってびっくり。
どちらも女の子4人組でしたけどね。4人で分けたって相当な量ですよ。

CIMG3264_SP0000.jpg


わたしたちは、控え目に飲み物で。生キャラメルのシェイク、美味しゅうございました。

生キャラメルといえば、「花畑牧場」のあの商品、ものすごい人気ですね。
朝、開店前の札幌大丸の前を通りかかったら、生キャラメルを買う人の長い行列が。
空港でも品切れで買えませんでした。他のメーカーの生キャラメルは普通にたくさん売っているのに。そんなに違いがあるのでしょうか。気になります。

さて、大通り公園にも夕闇がせまってまいりました。
CIMG3267_SP0000.jpg


今夜はカニだぁー、というわけで、ススキノにあるえびかに合戦 で、じゃーん!てんこ盛りの毛ガニとズワイガニをいただきますよー。
CIMG3269_SP0000.jpg


キミ、見れば見るほど毛深いねー。
CIMG3272_SP0000.jpg


ミソがまた格別。
CIMG3273_SP0000.jpg


食べ放題、といっても、ワインを飲みながら、これらのお寿司やら天ぷらやらも、たいらげているうちに満腹になってしまいまして…
CIMG3270_SP0000.jpg


おかわりはこの毛ガニちゃん一匹だけ。
CIMG3274_SP0000.jpg

「だけ」って、それだけ食べれば十分でしょっ!と言ってるようなコワい目つきのカニさんでした。
20 : 18 : 46 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
紅葉と温泉と…
2008 / 11 / 05 ( Wed )
2008年10月 / 北海道・札幌 / 友人と二人旅

札幌から行ける紅葉と温泉の名所と言えば、定山渓あたりが有名ですが、今回は豊平峡(とよひらきょう)というところへ行ってみます。
CIMG3249_SP0000.jpg

地下鉄の終点・真駒内駅から豊平峡まで、無料の送迎バスがでております……、ん? バスの車体にビックリしてるインド人のイラストが…。

7割ほどの紅葉とのこと。赤や黄色に染まった葉と、まだ緑の部分とのコントラストが美しい。
CIMG3256_SP0000.jpg


おいしそうな名産品に目を奪われつつも、まずはこの絶景をしっかり楽しまなくては。
CIMG3259_SP0000.jpg


山道を登ります。空気がおいしいなぁ。
CIMG3251_SP0000.jpg

見下ろせば立派なダム。見事な景色です。ニッポンの秋は美しいですなぁ。
CIMG3253_SP0000.jpg


運動のあとは、おいしいもの! 
紅葉もすばらしいけれど、それに輪をかけた素晴らしい香りが漂っております。
その源はこれ!
CIMG3257_SP0000.jpg


焼いているそばからどんどん売れてしまうので、わたしたちが行ったときには、「これから焼き始めるから、15分くらいかかるかな。ゆでたのならありますよー」「いいえ、お待ちしますとも!」 


辛抱づよーく待ちまして、がぶりとやった瞬間、我々二人とものけぞって絶句。
どうしてこんなに甘いの~、汁気がたっぷりなの~、そして大粒なの~~! おしょうゆの焦げた風味がたまらない。
間違いなく今までの人生で最高のとうもろこし、北海道風に言うと「とうきび」でした。
CIMG3258_SP0000.jpg


「おいしかったねぇ」「うんうん」と興奮さめやらぬまま、露天風呂を満喫したあとは、お昼ごはん。
先ほどのバスのイラストのお答はこちら。
山の上の温泉なのに、なぜかインド料理が名物なんですって。
CIMG3260_SP0000.jpg


スタッフの皆さんも全員インドの方ですよ。ナンを焼くお窯もちゃんとあります。
CIMG3262_SP0000.jpg


お隣には日本そばのコーナーもあるのですが、断然カレーの方が人気。
紅葉に温泉にインドカレー。ミスマッチが楽しい豊平峡への遠足でした。カレーもナンも美味でしたよー。
CIMG3263_SP0000.jpg

22 : 40 : 26 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
札幌に着きました。
2008 / 11 / 01 ( Sat )
2008年10月 / 北海道・札幌 / 友人と合流して二人旅

バイバイ、さんふらわあ号さん。19時間の長きにわたり、お世話になりました。
CIMG3210_SP0000.jpg


苫小牧港からバスで札幌へ。一足先に飛行機で札幌入りしていた友人と合流します。
「いっしょにフェリーで行こうよぉ」とお誘い申し上げたのですがね、「そんなモノ好きにつき合いきれない!」と断られました(笑) そりゃごもっとも、東京から札幌までほぼ丸一日の行程でしたもの。

ま、とにかく荷物をホテルに置いたらすぐに出かけましょう。
こんな看板が手招きする「キリンビール園」で、ジンギスカン!
CIMG3268_SP0000.jpg

劇場のように広ーい店内。あっという間にお客さんで埋まり、すべてのテーブルでお肉をジュージューやっている様は圧巻。
CIMG3223_SP0000.jpg


生ラムがてんこ盛りでご登場。
CIMG3224_SP0000.jpg

じゃがいもに塩辛のトッピング、「北海道ではこうやって食べます」との紹介をTVでみて食べてみたかったもの。オツな味ですなぁ。
CIMG3225_SP0000.jpg

焼きます! と、あとは写真を撮るのも忘れて焼いては食べ、そして飲み……。
CIMG3226_SP0000.jpg

ふーっ、満腹まんぷく。すぐ近くの中島公園ではライトアップ中。美しい夜景を楽しませていただきました。
CIMG3232_SP0000.jpg

翌朝もういちど中島公園を訪ねてみると、まあとっても素敵な公園です。
なんとなく外国の公園を思わせる豊かな自然はさすがに北海道。街なかにこんなに素晴らしい散歩コースがあるなんてうらやましいですね。
CIMG3236_SP0000.jpg

CIMG3237_SP0000.jpg

真っ赤な実をつけたナナカマドの木。
CIMG3240_SP0000.jpg

CIMG3244_SP0000.jpg

札幌の鳩さんたち、おはよう。
CIMG3247_SP0000.jpg

うしろのNovotelの建物がジャマ!と憤慨する我々でした。
CIMG3245_SP0000.jpg

23 : 56 : 06 | ニッポンの美味 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。