スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アルザスといえばこのキャベツ
2008 / 04 / 29 ( Tue )
2008年4月 / フランス・ストラスブール / ひとり旅

CIMG2312_SP0000.jpg

ストラスブールのメゾン・カメルツェル
広場にそびえる大聖堂を15世紀からずっとみつめてきたこの建物、現在はレストラン兼ホテルとなっています。
CIMG2313_SP0000.jpg

客室はわずか9室。この歴史あるホテルに泊まりたくて、ある予約サイトを通じて二か月も前から予約していたのに……、チェックインしようとすると、なんと予約が入っていないと言われてしまいました。
待たされることしばし。調整の結果、めでたく予定通り3泊できることに。しかも、予約していたシングルよりも広いツインの部屋を使わせてくれるとのことで、ホッ。

ぐらぐら揺れるエレベータを降りると、廊下にいきなり木の柱。木組みの古~い建物ですからね。
CIMG2304_SP0000.jpg


部屋の中にもあちこちに梁が飛び出しています。内装は、クラシックとモダンの融合をねらったのかな。殺風景な感じのデスクやタンスが並んでいます。わたしとしてはクラシックに徹して欲しかった気が……。
CIMG2302_SP0000.jpg


世界遺産の街ストラスブールのシンボル、大聖堂はホテルの目の前です。
CIMG2314_SP0000.jpg


威風堂々。黒ずんだ外壁が歴史を感じさせます。
CIMG2333_SP0000.jpg

CIMG2334_SP0000.jpg

CIMG2335_SP0000.jpg


大時計。
CIMG2308_SP0000.jpg

CIMG2307_SP0000.jpg


広場からイル川へ抜ける小道には、素敵なWinstubがたくさん並んでいます。Winstubヴィンステュブとは、アルザス地方特有の「ワイン居酒屋」とでも呼べばいいでしょうか、おいしい食事とアルザスワインを堪能できるお店です。
ここに入ってみようっと。
CIMG2320_SP0000.jpg


アルザスと言えばこれ!のシュークルートを注文して、こじんまりした店内をきょろきょろ見回していると、あっというまに満席に。
お店のマダムは、お客を席に案内し、注文をとり、お皿を運び、とたった一人でてんてこ舞いの大忙しなのに、人懐こい笑顔を絶やさず、お客に話しかけたり、カメラのシャッターを押してあげたり。

さて、わたしのシュークルートが登場しましたよ。これ、好物なんです。アルザスじゃなくても、フランスに来るとときどき食べちゃいます。
CIMG2316_SP0000.jpg


酢漬けのキャベツ、ドイツ語ではザワークラウト。てんこ盛りのお肉にじゃがいも。ドイツ料理そのものですね。六種類のっかったソーセージやベーコンは、どれもおいしい!いろんな味を楽しめます。
お食事のおともはもちろん、アルザスワインの代表選手、リースリング。

デザートはバニラとショコラのアイスクリームです。
CIMG2318_SP0000.jpg


おなかいっぱい食べて、マダムにボンソワール!と別れを告げてお店をあとに。
夜の大聖堂も素敵。いつまでも見ていたいけど、ホテルに帰って眠りましょう。
CIMG2323_SP0000.jpg

スポンサーサイト
15 : 14 : 57 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
フランクフルト クイック・ツアー
2008 / 04 / 25 ( Fri )
2008年4月 / ドイツ・フランクフルト / ひとり旅

フランクフルトの朝。
今日は朝10:50分の電車で、今回の旅の目的地であるフランス・アルザスの中心地ストラスブールに向かう予定。
とはいえ、せっかくですから、フランクフルトの街も少しだけ歩いてみることにしました。「一泊するだけだから、まっいいか」と、フランクフルトのガイドブックの類を一切準備せずに来てしまったので、ホテルのフロントでもらった簡単なマップを片手に出発。
時刻は6時半。外はまだこんなに暗いです。
CIMG2262_SP0000.jpg


出発前に本屋さんで立ち読みをした(へへ、スミマセン)ガイドブックに、「レーマー広場が美しい」と書いてあったっけ。地下鉄Sバーンに乗り、レーマー駅で下車。
この出口でいいのかな。
CIMG2263_SP0000.jpg


おお、大聖堂がそびえておりました。修復工事中でしょうか、カバーをかけられています。
CIMG2279_SP0000.jpg

CIMG2282_SP0000.jpg


これがレーマー広場。かわいらしい建物が並んでいて確かに美しい。
でも、時間が早すぎて、お店もカフェも閉まっているし、人通りもありません。サビシイ……。
CIMG2272_SP0000.jpg

CIMG2273_SP0000.jpg

CIMG2277_SP0000.jpg

CIMG2275_SP0000.jpg


マイン川の方へトボトボと。
CIMG2266_SP0000.jpg

CIMG2269_SP0000.jpg

CIMG2265_SP0000.jpg


空が少ぉしだけ明るくなってきました。
CIMG2268_SP0000.jpg


早起きハトさんたち、おはよう!
CIMG2271_SP0000.jpg


何だかパッとしなかったけど、お腹もすいたし、また地下鉄に乗ってお宿へ戻りますか。
CIMG2284_SP0000.jpg


ホテルはビュッフェの朝食付きでした。
朝メシ前にひと働き(?)したので、お腹ぺこぺこ。いただきまーす。
CIMG2288_SP0000.jpg


フルーツにヨーグルトもね。
CIMG2289_SP0000.jpg


さて、無事にチェックアウトを済ませ、フランクフルト・マイン駅より出発です。
CIMG2295_SP0000.jpg


いざ、アルザスへ!
CIMG2296_SP0000.jpg


…といっても、直通電車じゃなかった…。
途中オッフェンブルグ駅にて約一時間の乗り継ぎ待ち時間が。
CIMG2297_SP0000.jpg


まぁ、のんびり行きましょう、ということで、街の小さなベーカリーでお昼ごはんを調達。
CIMG2298_SP0000.jpg


プレッツェル型の大きなデニッシュをホームのベンチでモグモグ。甘ーい。
旅の記憶って不思議。あとから懐かしく思い出すのは、名所旧跡よりも、こんな風に何でもないところでぼんやりと過ごしたことのほうが、ずっと多いような気がします。
CIMG2299_SP0000.jpg


ストラスブール駅に到着。三回目の訪問ですが、前回ははるか昔のこと。
駅前がすっかり様変わりしていてびっくり。駅舎もこんなガラス張りのドームに変身していました。でもよく見ると石造りの立派な建物が透けて見えます。古い駅舎を取り壊すことなく、ガラスですっぽり覆ってモダンなデザインに仕上げているのですね。さすがフランス!
CIMG2300_SP0000.jpg

23 : 27 : 00 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
フランクフルトの駅前ホテル
2008 / 04 / 19 ( Sat )
2008年4月 / ドイツ・フランクフルト / ひとり旅

今宵のお宿は駅前のホテル・モノポール
ひとりなのにダブルのお部屋をいただいて、十分すぎる広さに満足満足。
便利なロケーションにお手頃価格、おすすめのホテルです。
CIMG2251_SP0000 - コピー(0)


夕暮れ時、空にはまだ少し明るさの残るフランクフルトの街ですが、長旅の疲れと明日からの街歩きのことを考えて、今日のところはすぐお隣にでーんと構えるフランクフルト駅をちょっと見物してくるだけにしておきましょう。
CIMG2259_SP0000.jpg

CIMG2257_SP0000 - コピー(0)


歴史を感じさせる駅舎。
CIMG2258_SP0000.jpg


ドイツ語はチンプンカンプンですが、券売機の画面を英語表示に切り替えて、明日のストラスブール行き列車の時間を調べ、切符を買うことができてひと安心。
CIMG2292_SP0000.jpg


駅にはいろんなお店も出ています。プレッツェルのかわいいお店。
CIMG2294_SP0000.jpg


そんな一軒で買った、サーモンのサンドイッチが夕ごはん。
このホテル、うれしいことにミニバーの飲み物がフリーです。本場のドイツビールとオレンジジュースをいただきました。他にもミネラルウォーターやコーラなどがありましたよ。
CIMG2260_SP0000.jpg


枕の上には、かわいいチョコレートが。おやすみなさい。
CIMG2255_SP0000.jpg

21 : 23 : 43 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
アシアナ航空 ビジネスクラスのお食事
2008 / 04 / 17 ( Thu )
2008年4月 / ソウルからフランクフルトへ / ひとり旅

アシアナ航空 ソウル-フランクフルト間。お食事の続きです。
メインはまたも韓国料理をお願いしました。
登場したのは「サンパプ」
CIMG2241_SP0000.jpg

いろいろな葉野菜に、ごはんとプルコギ、肉みそをのせ、クルリと丸めてほおばります。
これがホントにおいしかった。今まで食べた機内食の中でダントツ1位に決定させていただきます。ちなみに2位は帰りの便で食べたピビンパ。単にわたしが韓国料理好きってことなのかも、ですが……。

野菜がたっぷり食べられます。サンチュ、サニーレタス、エゴマの葉あたりは韓国料理屋さんでおなじみの顔ぶれですが、サンパプでは白菜や春菊も生で食べるのですね。
どの葉っぱで包んでも、シャキシャキいいお味。
CIMG2243_SP0000.jpg


もちろんキムチも。
CIMG2242_SP0000.jpg


フレッシュなフルーツとチーズ。
CIMG2244_SP0000.jpg


デザートは韓国風ではないようで。調子にのって食べすぎました。おなかいっぱい。
CIMG2245_SP0000.jpg



ヨーロッパまで約12時間もの長旅を、なんとか快適に過ごしたい!の悲願を胸に、じっくり検討の結果、今回のアシアナ航空ビジネスクラスでの飛行となりました。

もちろん、日本から直行便のビジネスクラス(またはファーストでね・笑)で行ければ最高なのですけれど、それにはフトコロ具合が……

このアシアナを使ってのヨーロッパ行き、わたしにとってはなかなか良い選択だったと思っています。
その1:ソウルでの乗り継ぎがわずか1時間とスムーズ。フランクフルトには明るいうちに到着できます。(あいにく復路は仁川空港で約5時間の待ち時間がありましたが……)

その2:今回の旅の目的地フランス・アルザスはドイツ国境のすぐそば。パリからよりも、ドイツ・フランクフルトからの方が距離的に近いのです。

その3:同じスターアライアンスグループなので、全日空マイルが貯められる!(わたし、ANAマイラーです)

その4:機内食で大好きな韓国料理が食べられる!(これが一番うれしかったりして)

これで、お値段は直行便他社ビジネスクラスのおよそ半額! なかなか良いでしょ?


さて、飛行中は読書三昧。
頻繁に飲み物やフルーツなどのサービスをしてくれますので、ついついつまんでしまったりしながら。

こんなサンドイッチもいただきました。「半分にしておこう」と思ったのに、このハムとチーズのあたたかいサンドイッチ、なかなかおいしくて全部食べちゃいました。座ってるだけなのに、摂取カロリー多すぎです。
CIMG2246_SP0000.jpg


到着前のお食事。オードブルをワインとともに。
CIMG2247_SP0000.jpg


さすがに、食欲はあまりありませんが、メインはシーフードをお願いしました。
海老の揚げ物に中華風のあんがかかっています。コチュジャンのチューブをワゴンにのせて、配っていましたよ。韓国風激辛味に変身させたい方はどうぞ~。
フライドライスにはとても手が出ず、海老をちょこっとつまんでごちそうさま。
CIMG2248_SP0000.jpg


フルーツはしっかりお腹におさめましたけどね。
CIMG2250_SP0000.jpg


快適なフライトを終え、フランクフルト・マイン空港に到着。
空港から市内まではなんとなんと電車でわずか15分ほど。どこかの国の国際空港とは大違い……。

フランクフルト駅前のホテル・モノポールに到着。
CIMG2286_SP0000.jpg

22 : 22 : 43 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
アシアナでどこ行くの?
2008 / 04 / 12 ( Sat )
2008年4月 / 成田空港から出発! / ひとり旅

おはようございまーす。
人もまばらな、成田空港ユナイテッド航空ラウンジです。
何せ時間は朝の8時前。9時発のソウル行きアシアナ航空機に乗るために、わたくしは4時起きで自宅を出てまいりましたのです……。
CIMG2231_SP0000.jpg


成田に自社ラウンジを持たぬアシアナゆえ、スターアライアンス仲間のUAラウンジを使わせていただきます。朝ごはん代わりにちょこっとつまみながら搭乗を待ちます。
CIMG2232_SP0000.jpg


じゃーん、これ、機内食なんですよ。
アシアナの機内食はコリアンメニューが選べるのが魅力。
朝にぴったりのお粥がいただけるなんて嬉しいですね。小さなパックに入ったごま油をたらすと、一気に韓国風の味になりました。
CIMG2235_SP0000.jpg


今回はビジネスクラスの旅です。
わずか2時間あまりの飛行時間なのに、かわいい食器でしっかりした機内食をサーブしてくれます。小さな器のふたをCAさんがひとつづつあけてくれるのも楽しい演出。
おしょうゆ味の牛肉の煮物に明太子のおかず。そしてキムチも!
CIMG2234_SP0000.jpg


ぱくぱく食べていると、あっという間にソウルに到着。
さて、明洞にでも繰り出しますか……??




あれ、また飛行機?
CIMG2236_SP0000.jpg


乗っちゃいました。
CIMG2238_SP0000.jpg


そう、ソウル発フランクフルト行きのアシアナに乗って、フランス・アルザスの旅に出発です。ソウルでの乗り継ぎはわずか一時間。接続のよさが魅力。

ついさっき、お粥をぺろりと平らげたような気もいたしますが、ワインとともにオードブルが登場しましたよ。
CIMG2239_SP0000.jpg

17 : 33 : 29 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
8冊目 k.m.p. 「チェンマイ・アパート日記」
2008 / 04 / 04 ( Fri )
k.m.p. 2冊目のご紹介。 ふたりがタイ・チェンマイで「アパート暮らし」を体験。 海外に長期滞在って憧れますよね。
あいかわらず、ほのぼの楽しそうなふたりの毎日です。
この本の中でふたりが毎日食べてた「紫のアイス」、わたしも食べましたよー。おいしかった!

23 : 55 : 16 | 旅の本棚 バックナンバーズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
帰国です。
2008 / 04 / 04 ( Fri )
2008年2月 / タイ・バンコク / ひとり旅

Bangkok 08 335_SP0000


お名残り惜しいバンコクを後にして、日本へ帰ります。
朝早い便のため、4時半起き!
空港に着いても、窓の外はまだ薄暗い。

いったい世界中の何人の観光客のカメラに納まったのだろう……、と思いつつ、やっぱりシャッターを切ってしまうこのスポット。
Bangkok 08 336_SP0000


出発の時間が迫ってはおりますが、最後のタイごはんを。
ゲート近くの「マンゴーツリー」で、トムヤムヌードルとスイカジュース。
また来るぞー!とつぶやきながら。
Bangkok 08 337_SP0000


帰りは全日空でした。機内食はこんな感じ。
Bangkok 08 338_SP0000


帰国翌日の朝食に、バンコクのコンビニで買った菓子パンを。
中身は何なのでしょうね。紫色のはタロイモ? 
うぐいすパンのような緑色のは、タイのお菓子によく使われるバンダンリーフ入りのクリームでしょうか? 
あんパンによく似たお味でおいしかったですよ。
Bangkok 08 339_SP0000


旅みやげのお菓子をちびちびと食べながら、思い出にひたる毎日。お菓子がなくなるころ、また次の旅へ出発したくなるのです。
16 : 16 : 57 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
アイスクリームの中に……。
2008 / 04 / 01 ( Tue )
2008年2月 / タイ・バンコク / ひとり旅

さて、夕暮れもせまってきました。
ボートに乗って街へと戻ります。
Bangkok 08 326_SP0000


夕食は、巨大ショッピングセンター、「パラゴン」の地下にある、ちょっとおしゃれなレストランで。
Bangkok 08 264_SP0000


フィッシュヌードルとバナナジュース。
Bangkok 08 327_SP0000


フィッシュボールがのっかっているのかな?と思っていたら、麺自体にお魚のすり身が練り込んであるというものでした。ピリ辛でなかなか美味。
Bangkok 08 328_SP0000


ホテルへ帰って、恒例のおみやげ撮影会。
やっぱりスーパーで買った、B級おやつの数々がメインなんですなぁ、わたしのおみやげって……。 
インスタントラーメンは必ず買ってしまいます。その国ならではの風味を帰国後に楽しむことができますよ。
ひまわりの種にチョコレートをコーティングしたお菓子はバラマキみやげに。
タイ・グリコ製、ラーブ味のプリッツは、前回のタイ旅行で気に入ったので、10箱ほど買っちゃいました。
Bangkok 08 331_SP0000


さて、今宵のお風呂上りのデザートは、ジャックフルーツです。
うーむ、くにゃくにゃした食感がいまひとつ……。以前にベトナムで食べた時はすごくおいしいと思ったんだけどなぁ。
でも、お菓子のような芳香がすばらしいので、ひたすら鼻をくっつけてクンクン嗅いでいたわたし。
Bangkok 08 332_SP0000


このアイスクリーム、何やら埋め込まれております。
Bangkok 08 333_SP0000


パッケージをよく見ると、とうもろこしにインゲンらしきグリーンの野菜にジャックフルーツ(?)のイラストが……。なかなかオツなお味でございました。
ところ変われば品変わる、ってことですね。食文化ってホント、おもしろい! 
Bangkok 08 334_SP0000


立派なキッチン付きのこのお部屋でしたが、結局使用したのは包丁とお皿だけでしたー。
15 : 49 : 56 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。