2006 / 12
≪ 2006 / 11   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2007 / 01 ≫

2006年12月 / 長崎・大村 / 友人と二人旅

汽車旅のお供に、知る人ぞ知る長崎名物「うに豆」。うにの風味たっぷりのそら豆をポリポリ。キオスクで売ってますよ。
unimame.jpg


旅の最終日です。午後の飛行機に乗る前に、大村の町を少しだけ散策しました。
雨にけむる大村城址。
20061230190345.jpg


老舗の「やまと」にて大村名物「角ずし」のお昼ごはん。うどんもつけて、炭水化物だらけの献立に。。。 でもおいしくって完食です。
みかんがコロンと可愛くお皿にのっていました。
20061230190334.jpg


大好きな長崎にて2006年最後の旅も無事終了。今回も楽しいおいしい旅でした。
来年はどこに行こうかなぁ。

おみやげ。やっぱり角煮まんが人気ナンバーワン!
20061230190353.jpg



2006年12月 / 長崎・佐世保 / 友人と二人旅

お名残り惜しく、なぎさホテルを出発する私たち。西海パールリゾートまでの行き方をホテルのご主人に尋ねますと、何と車で送ってくださるとのこと。ホテルのある鹿町からはかなりの距離です。感謝しつつ車に乗り込み、奥様の笑顔に見送られながら、お宿を後にしました。
途中、冷水岳展望台に寄り道して、九十九島の絶景を見せてくださる重ね重ねのホスピタリティに感謝感激。
少し曇っていてご主人はしきりに残念がっていらっしゃいましたが、私たちはとってもうれしかったのです
20061230190407.jpg


さて西海国立公園で九十九島のクルーズです。大きな遊覧船、パールクイーン号が出航してしまった後で、「仕方なく」12人乗りの小さな遊覧船に乗ったのですが、これが大正解!ソファに腰掛けながら、すぐ近くで操縦しながら明るくガイドをしてくれるお兄さんのお話に耳を傾けながらの楽しい時間をすごすことができました。
このときは私たちを含め4人の乗客で船内はゆったり。
水面がすぐ近くに見えるこの「リラクルーズ」、お勧めですよ。
20061230190417.jpg

20061230190427.jpg

20061230190435.jpg


バスに乗って佐世保へ移動。九十九島せんぺいをぱくり。せんべいではなくせん「ぺ」い(半濁音)なのですね。
20061230190444.jpg


佐世保で是非食べてみたかったもの。そう、佐世保バーガーです。有名店「ログキット」は入り口から階段、トイレの中まで、この店を訪れた有名人たちの写真がずらり。
すぐそばにも人気ハンバーガー店があるため、お店の外はそれぞれのお店の順番待ちをするお客さんでいっぱい。
私たちも、携帯電話で呼び出してくれるのを辛抱強く待ちまして。。。
20061230190458.jpg

ようやく会えた佐世保バーガー。写真ではビッグさがよくわかりませんが、優に20センチはあるものすごいボリューム。
テーブルにおいてある「佐世保バーガーの上手な食べ方(だったかな?)」に習い、上から手のひらでぎゅーっと押して、いただきまーす。
20061230190519.jpg


ビーフ、ベーコン、トマト、レタス、玉子…うーん、絶妙のお味。気分はアメリカ人(?)
「おいしいねぇ」を連発しながらむしゃむしゃ。お腹がいっぱいになって幸せ
20061230190510.jpg


夜はハウステンボスのイルミネーションを見物。残念なことに雨が降ってきましたが、クリスマスのイルミネーションはしっかり堪能できました。
20061230190529.jpg


さて、夕食をと思っても園内はどこも満席。やっと落ち着いたのはホテルデンハーグ一階のワインバー。
お昼の特大バーガーのおかげで、ワインと軽いスナック程度がちょうど良いお食事となりました。
20061230190536.jpg



2006年12月 / 長崎・九十九島 / 友人と二人旅

友人がネットで見つけて予約してくれた素晴らしいホテルに宿泊しました。
ホントは秘密にしたいなぁ。ココです→http://homepage2.nifty.com/nagisa/

優しいご夫婦が営むこのホテルは、客室わずか3部屋のアットホームなお宿。
20061229231717.jpg


小さな入り江に面したこのロケーションが最高! 海に直結のお庭。
20061229231806.jpg


清潔なお部屋でゆったりくつろげます。
20061229231728.jpg


お部屋の窓からの眺め。すぐ目の前に広がる海に感動。
20061229231812.jpg


ダイニングルームでいただく夕食。ご主人も奥様もかなりのお料理名人です。
この日は私たち二人の貸切り。ワインをあけて、平戸の海の幸をたっぷり堪能しました。
20061229231734.jpg

20061229231740.jpg

20061229231746.jpg 20061229231753.jpg


朝ごはんもおいしいっ!もう一泊したかったなぁ。
20061229231759.jpg



2006年12月 / 長崎・平戸 / 友人と二人旅

今年もあちこち行きました。旅おさめ&食べおさめの地に選ばれたのは長崎。9月にもひとりで市内を歩きましたが、今回は友人と平戸・佐世保方面を訪ねました。

張り切って朝一番の飛行機で羽田を出発。長崎に到着早々、空港の出口のまん前に岩崎本舗の出店を発見!朝ごはんは角煮まんに決定です。ぱくり!うーんおいしい!
20061224163906.jpg


静かな海沿いの街、平戸を散策します。
カトリック教会。
20061224163924.jpg


お昼は平戸ちゃんぽん。シャキシャキの野菜と、独特の歯ごたえの太麺が絶妙。
20061224163917.jpg


いつまでもたたずんでいたくなる小道。
20061224163942.jpg

20061224163930.jpg


寺院の向こうに教会の屋根が見えます。
20061224163936.jpg


平戸城。
20061224163956.jpg


天守閣からの眺め。
20061224163949.jpg


街歩きに疲れたら、無料のうで湯・足湯であたたまりましょう。
20061224164004.jpg


そして甘いもの。平戸銘菓カスドースです。ポルトガルから伝わったというこのお菓子。カステラを卵黄につけ、糖蜜で揚げ、おまけにグラニュー糖をまぶしたという、強烈にあまーいお菓子なのです。旅の疲れを癒してくれます。
20061224164010.jpg

20061224164017.jpg



2006年12月 / 東京・恵比寿 / 母と一泊

2006年も残りわずか。「今年もお疲れ様でした」というわけで、ウェスティン東京ホテルに宿泊してまいりました。
20061210170602.jpg

ロビーには例年のように大きなクリスマスツリーが飾られています。
ツリーの足元に飾られたたくさんのテディベアや、シュッシュポッポと走るおもちゃの列車に、見物の子供たちの目が輝いています。
20061210170610.jpg


今夜のお部屋は21階のエグゼクティブルーム。窓からは六本木ヒルズと東京タワーが見えました。
20061210170444.jpg


エグゼクティブフロアの宿泊者は、いつでも17階のラウンジを利用することができます。
お茶とデニッシュで一休み。
20061210170502.jpg


さて、暗くなったら外へ出てイルミネーション見物。ジョエルロブションの建物も素敵にライトアップ。
(夜景の撮影は難しい!ピンボケでごめんなさい)
20061210170519.jpg


ガーデンプレイス名物、バカラのシャンデリア。繊細な細工のひとつひとつが光を反射してうっとりする美しさです。皆さんカメラ付携帯でパチパチ。
20061210170531.jpg


お寿司の夕食のあとは、再びラウンジでカクテルタイム。
20061210170543.jpg


夜景を見下ろしながらゆったりとワインをいただきます。
(母は日本茶と柿を美味しそうに食べておりました……)
20061210170551.jpg


これが噂のヘブンリーベッド。「雲の上の寝心地」
20061210170453.jpg


気持ちよく目覚めれば、朝食もおいしく感じられます。
20061210170619.jpg


お土産に1階の「ザ・テラス」でケーキを買って帰りました。
たった1泊でしたが、優雅な気分を味わえました。また行きたい!
20061210170628.jpg



2005年6月 / フランス・アンジェ / ひとり旅

新しい街に到着してまず初めにすること。それは今夜のお宿探し。
大通りからちょっと入った小さな通りで、感じが良くてお値段も手ごろなホテルを見つけられたときはうれしくなってしまいます。
受付のムッシューまたはマダムに挨拶をして、「今夜お部屋ありますか?」と聞いてみます。

ここロワール地方のアンジェで見つけたHotel du Mailでは、素敵なお部屋でロマンチック気分の一夜を過ごすことができました。
20061203222524.jpg

20061203222508.jpg

20061203222517.jpg


夕食は近くのブラッスリーで、ハムののったサラダで軽めに。いつまでも暗くならない初夏の晩。ゆっくりビールを飲みながら旅の日記をつづったり。
20061203222501.jpg


デザートはバニラとピスタチオのアイスクリームでした。
20061203222644.jpg



2004年10月 / フランス・シャンベリー / ひとり旅

20061126172729.jpg

うわー、どうしてこんなところに象さんがぁ?っと思ってしまうほどリアルな象の噴水。
フランス・アルプス地方、シャンベリーの町のシンボルです。
それにしてもこの皮膚の感じ、鼻から吹き出るお水の感じ、よくできてます。
18世紀、インドから財宝を持ち帰った、時の伯爵様を記念して作られたものだとか。インドと言えば象さんなんですね。
20061126172721.jpg


「シャンベリーって何だかかわいい名前の街だなぁ」というだけで、出かけてしまいました。教会、広場、パン屋さんにお菓子屋さん……、ごくごく普通の地方都市です。
小さなお城は、現在は県庁舎として使われているため内部は自由に見学できませんが、お庭をぐるっとみせてもらいました。
20061126172715.jpg


教会前のレストランでお昼ごはん。
20061126172657.jpg


「今日のおすすめよー」とのマダムのお言葉に従って、コックオーヴァン、鶏のワイン煮。たっぷりのポレンタが添えられています。
大きなお鍋でたくさん煮込んだのでしょうね。とってもおいしい。
20061126172710.jpg


デザートはレモンのタルト。大きいなぁ、と思いつつもついついペロリです。
20061126172704.jpg


lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2006年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。