スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
韓国 統一展望台
2006 / 10 / 31 ( Tue )
2004年9月 / 韓国 / 友人と3人旅
ソウルの町から貸切タクシーを走らせること1時間。北朝鮮を望遠鏡で覗ける(?)「統一展望台」へ行ってみました。
toitsu1.jpg

20061028151829.jpg


あいにくの曇り空で、かの地の様子はよく見えませんでしたが、展示された資料の品々は大変興味深いものでした。
20061028151837.jpg

20061028151844.jpg

20061028151851.jpg

20061028151858.jpg


ひとつの国が二つに分断されて、全くちがう生活をそれぞれ送っているなんて…。うーん、と考え込みつつも、まぁとりあえずおいしい焼肉でも食べましょう、とソウルに戻ってもりもり食べてしまう私たちなのでした。
20061028151907.jpg

スポンサーサイト
21 : 21 : 20 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
裏道歩きが楽しいヴェネチアの街
2006 / 10 / 28 ( Sat )
1997年7月 / イタリア・ヴェネチア / ひとり旅

20061028143006.jpg


世界中からツーリストが集まるヴェネチア。おなじみサンマルコ広場はいつでも観光客でいっぱい。
20061028143012.jpg


一本裏道に入ると、急に人通りが途絶え、まるで違った世界が広がっていたりもします。
20061028143035.jpg

20061028143028.jpg

20061028143018.jpg


街歩きに疲れたらおいしいピザで一息。
venezia1.jpg

ボートの八百屋さん。
20061028143023.jpg


夕食は持ち帰りのサンドイッチをホテルで。
20061028143041.jpg

14 : 35 : 00 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シャンポリオンさん、こんにちわ フランス・フィジアック
2006 / 10 / 25 ( Wed )
2002年9月 / フランス・フィジアック / ひとり旅

フランス南西部の小さな町フィジアックは、ロゼッタストーンを解読したシャンポリオンの生まれ故郷です。学校の授業で習ったこの古代文字解読のエピソードに、当時妙に胸がおどったことを思い出し、訪ねてみたのでした。
20061022211125.jpg


ロゼッタストーンの巨大レプリカが地面にはめこまれた広場。
figiac2.jpg


お隣の小さなシャンポリオン博物館を見物したら、あとはのんびりお散歩するしかないような、のどかな町なのです。
20061022211202.jpg


丘の上で。手前に置かれているのはおやつのエクレア。
20061022211156.jpg


道で出会った猫ちゃんと遊んだりして。
20061022211133.jpg


ごろごろごろ。あんた見かけない顔にゃー。
20061022211139.jpg


ホテルの近くのレストランで。山盛りムール貝のディナーです。
20061022211143.jpg


次の晩も同じレストランに行ってしまいました。「夕べと同じ席へどうぞ」と笑顔のマダムに案内されたテーブルで、シーフードのパスタを。
20061022211150.jpg

22 : 19 : 22 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白くまピースに会いに 松山とべ動物園
2006 / 10 / 22 ( Sun )
2006年10月 / 愛媛・松山 / 友人と二人旅

旅の最終日も好天に恵まれました。今日は松山駅からバスで1時間弱の「とべ動物園」へ。
http://www.tobezoo.com/
広い敷地の中、動物たちがお出迎え。スタッフさんたちの手書きの説明板が、動物たちの生態やキャラクターを楽しく伝えてくれます。
絶好の動物園日和のお天気に、私たちも童心に帰って楽しみました。
PICT0475.jpg

yagi.jpg


さて、猿たちの檻の前でお弁当タイム。JR松山駅で仕入れておいた駅弁「坊ちゃん弁当」です。もうひとつの名物弁当「マドンナ弁当」は、残念!売り切れでした。
20061022174544.jpg


ふたを開けると……、おぉ、何だかとっても素朴なお弁当。遠足のときにお母さんが作ってくれるような。きなこまぶしのおにぎりって珍しいですよね。おはぎのようにほんのり甘いおにぎりでした。
20061022174549.jpg


ボクにもちょうだーい。
saru.jpg


さてさて、本日のハイライト。いるかな、いるかな…?
じゃーん、いましたー!ピース君。NHKのドキュメンタリーで紹介されて以来、全国区の人気者になった白くまピース。
ぬいぐるみそっくりの愛くるしい姿で、飼育員さんの後を追っかけていた、真っ白い赤ちゃんグマだったピースが、こんなに立派になっていました。
20061022174556.jpg

20061022174601.jpg


会えてよかったねー、と喜びを胸に空港へ。今回も楽しい旅ができました。

おみやげは、愛媛名物「じゃこ天」。伊予鉄高島屋のデパ地下にずらりと並んだじゃこ天売り場で、たっぷり試食をしながら選びました。いろいろな具入りでおいしい。
jakoten.jpg

のの字のあんこが鮮やかな「タルト」は松山にしかないお菓子です。(←と、タクシーの運転手さんが自慢してました)
右端の羊羹のようなものは、大洲名物「志ぐれ」。ういろうに似た蒸し菓子で、あっさりとした甘さと、ねっとりの食感がグッドです。
同じく大洲で買った鮎の塩辛「うるか」の瓶詰め。苦さが大人の味。
20061022174621.jpg

17 : 52 : 02 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大洲と内子の町をのんびり散策
2006 / 10 / 16 ( Mon )
2006年10月 / 愛媛・松山 / 友人と二人旅

道後温泉での宿泊は、「オールドイングランド道後山の手ホテル」。名前の通り、温泉街にはちょっと似つかわしくない(?)イギリス風のおしゃれなインテリアですが、ちゃんと大浴場も備えている素敵なホテルです。
よく眠って迎えた朝は、食欲もばっちり。一階のレストランでいただきます。

スープから始まる充実の朝ごはん。
20061016221606.jpg


卵料理はオムレツとソーセージをお願いしました。
20061016221612.jpg


デザートのメロンでお腹いっぱい。満足満足。
20061016221618.jpg


今日は電車に乗って、少し離れた大洲と内子の街に足を伸ばします。
20061016221646.jpg


大洲城。
20061016221637.jpg


大洲(おおず)と言う町、今まで知りませんでした。山と川、そして立派なお城のある街。内子に較べると観光客の姿も少なく、のんびりと散策できます。美しい自然と街並みに感動! 
20061016221629.jpg 20061016221654.jpg 20061016221704.jpg

20061016221712.jpg



お次は内子の街並み。古い建物がよく保存されています。
20061016221754.jpg

20061016221745.jpg


お昼は、歴史を感じさせる「下芳賀邸」にて、おそばと野菜の天ぷらのお膳を。おそばは二段になっています。
柿のてんぷらって初めて食べました。ちいさな花びんにかわいい野の花が一輪。
20061016221733.jpg


街のシンボル、内子座。内部の見学もできます。桟敷席に腰掛ければ、タイムスリップ気分。
20061016221722.jpg


松山に帰って夜のお食事。地元の人気店、「マルブンダイニング」にて。
ご当地のおいしい地鶏、「媛っこ地鶏」のハーブ焼が美味でした。

照明を落とした店内ゆえ、ピンボケ写真になってしまって残念。どうかご容赦を。
20061016221807.jpg marubun3.jpg 20061016221802.jpg

22 : 30 : 13 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
四国・松山の旅 絶品うどん!
2006 / 10 / 13 ( Fri )
2006年10月 / 愛媛・松山 / 友人と二人旅

旅好きを自認する私と友人ですが、なんと二人とも四国は初めて!記念すべき初上陸の地に選ばれたのは、愛媛の松山です。

お昼近くに松山空港に到着。タクシーを飛ばして直行したのは、「愛媛で一番おいしい」と噂の「踊るうどん永木」です。
20061009182010.jpg


一番人気の醤油うどん。
20061009181925.jpg


冷たいおうどんに、まずはレモンのみをかけて、うどんそのもののお味を楽しみ、次にだし醤油、自分でおろす大根、そしてテーブルの上に置かれた各種トッピングを載せて、お好みでいただきます。
20061009181953.jpg

つるつるシコシコぷりぷりっ。何というおいしさ!ホントに踊ってます。
サイドメニューの半熟卵の天ぷらも絶品。とろーり。
hanjuku.jpg


お次は暖かいかけうどん。だしの効いたおつゆでいただきます。
困った、愛媛は遠すぎますよ~。毎日でも通いたいのに!
20061009181942.jpg


松山城を見学。残念!天守閣は改修工事中でした。
20061009181900.jpg

20061009181908.jpg


茶店風の休憩所で一息。濃厚な愛媛のみかんジュースです。
20061009181917.jpg


坊ちゃん電車に乗って道後温泉へ。
20061009181800.jpg


和食のお店「にきたつ庵」にて、道後フィズでカンパーイ。
20061009181831.jpg

20061009181822.jpg 20061009181812.jpg 20061009181842.jpg


道後のとろりとしたお湯につかって、明日も元気に歩きましょう!
20061009181852.jpg

22 : 25 : 25 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フランス ブールジュの世界遺産
2006 / 10 / 05 ( Thu )
2005年6月 / フランス・ブールジュ / ひとり旅

多くの世界遺産を有するフランスですが、ここブールジュの大聖堂もそのひとつ。
色とりどりの花が咲く庭園から望む、この角度からの眺めが一番美しい。
20060930175222.jpg


20060930175229.jpg


入り口のタンパンは繊細な彫刻で飾られています。
20060930175234.jpg


聖堂の内部。荘厳な空気に満ちています。
20060930175240.jpg


アルザス料理のレストランでお昼ごはん。木組みの建物を目にしたとたん、急にシュークルートが食べたくなりまして…。
20060930175305.jpg


暑い日でした。まずはビールでのどの渇きを潤します。
20060930175246.jpg


お待ちかねのシュークルートが登場。すっぱい酢漬けのキャベツが美味しい!
ソーセージにはマスタードをたっぷりつけていただきまーす。
20060930175259.jpg


はぁ~満腹満腹。コーヒーで一息ついて午後の散策に出発です。
20060930175251.jpg

21 : 51 : 05 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ディジョンでブルゴーニュの味を
2006 / 10 / 03 ( Tue )
1997年9月 / フランス・ディジョン / ひとり旅

フランス・ブルゴーニュ地方の中心地ディジョンで、民俗博物館を訪れました。
古い時代のブルゴーニュの暮らしを再現した楽しい博物館です。

昔の薬屋さんを再現したコーナー
20060930172811.jpg


こちらはお菓子屋さん
20060930172816.jpg


ちょっぴりコワイお人形さんたちがご案内。
20060930172806.jpg

20060930172801.jpg


ランチはこの地方を代表する味を。
エスカルゴのブルゴーニュ風。にんにくが効いています。
20060930172749.jpg

メインはブフ・ブルギニョン。たっぷりの赤ワインで煮込んだビーフをほおばって幸せー

20060930172755.jpg

23 : 48 : 20 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明洞餃子
2006 / 10 / 01 ( Sun )
2004年9月 / 韓国・ソウル / 友人と3人旅

ガイドブックに必ず載っているお店「明洞餃子」。
定番すぎるお昼ごはんですが、注文した餃子とカルグクスはやっぱり美味でした。
gyoza.jpg

キムチのつぼを抱えたお姉さんが店内を歩き回り、お皿があくとすかさずサーブしてくれます。
観光客のみならず地元のお客さんでごった返しているのも納得のおいしさでした。

午後は地下鉄に乗って、コエックスモールでお買い物。看板のハングルを除けば東京のどこかのショッピングモールにそっくり。
20060924172742.jpg

coex1.jpg

15 : 35 : 16 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。