スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
城壁の上をお散歩 フランス・エグモルト
2006 / 08 / 31 ( Thu )
2000年10月 / フランス・エグモルト / ひとり旅

ニームからバスで一時間。城壁に囲まれた小さな街、エグモルトに着いたのはちょうどお昼どき。
さっそくサンルイ広場のレストランでランチです。

オードブルは、にんにくとハーブをたっぷり振りかけて焼いたムール貝。白ワインとよく合います。
20060827180110.jpg


メインはお魚のクリームソース。一切れが分厚くて大きい!
20060827180128.jpg


そしてデザートはクレームブリュレ。どうしてこんなに大きいのぉ!とつぶやきつつも、完食です。
20060827180136.jpg


街をぐるりと取り囲む城壁は1.5キロのお散歩コースです。気持ちよさそうにお昼ごはんを食べていた男の人のうしろ姿をパチリ。
20060827180220.jpg


テクテク、石造りの道を歩きます。
20060827180151.jpg 20060827180145.jpg


城壁の上から見たエグモルトの街。
20060827180213.jpg


城壁の外側はのどかな田園風景が広がります。馬さんたちがのんびり。
20060827180201.jpg

スポンサーサイト
20 : 34 : 07 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
屋根つき橋のある街 バッサーノ デル グラッパ
2006 / 08 / 29 ( Tue )
1995年7月 / イタリア・バッサーノ デル グラッパ / ひとり旅

地名からもお分かりのように、あの強ーいお酒、グラッパの産地です。
酔っ払ってひっくり返っては大変、とグラッパのお味見は遠慮しておきましたが、その分食欲を全開させてもりもり食べてきました。
20060827173307.jpg


川沿いのレストランでいただいたランチ。生のポルチーニのサラダ。テーブルの横に小さなワゴンを運んで、カメリエーレがささっと作ってくれました。
20060827173439.jpg


二皿目は薄切りの豚肉ソテー レモンソース。大盛りグリーンサラダを添えて。
20060827173448.jpg


ポンテコペルト、屋根つき橋の美しい眺め。
20060827173413.jpg

橋の上はこんな風。のんびり歩く人。立ち止まっておしゃべりに花を咲かせる人。
20060827173420.jpg

21 : 52 : 14 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヴィエンヌで満腹の一日
2006 / 08 / 27 ( Sun )
2003年12月 / フランス・ヴィエンヌ / ひとり旅

リヨンから電車で30分たらずで行ける小都市ヴィエンヌ。この街でも多くのローマ遺跡に出会えます。
20060827170248.jpg

ほとんどが入場無料、ほったらかし、という感じでそこら中にあります。
20060827170335.jpg

20060827170344.jpg


ヴィエンヌといえば、名店ピラミッドがあることで有名ですが、私はごくごく庶民的なレストランでお昼ごはん。16ユーロの定食を注文。
まずはリヨン風サラダ。カリカリベーコンとポーチドエッグが乗っています。
20060827170353.jpg


メインは鹿肉のワイン煮込み。白いライスが添えられています。こってりした味付けのためか、お肉に臭みはまったく感じられませんが、とにかく大量。圧倒されます。食べきれないよー。
20060827170400.jpg

デザートはクレームキャラメル。焼プリンですね。満腹でも甘いものは食べられるから不思議。
20060827170413.jpg

午後は、腹ごなしに丘の上までテクテク登ってみます。ローヌ河とヴィエンヌの街を一望。
20060827170424.jpg


ローマ時代の円形劇場跡。シーズンオフのため観光客の姿は全くなく、こーんなに広い劇場を貸切で見物。ちょっと怖かったなぁ。
20060827170432.jpg

20060827170505.jpg

夕食時になり、昼間の散歩で目をつけておいた、トルコ料理屋さんの前まで行ってはみたものの…。ランチの食べすぎがたたり、全くお腹がすいていません。
仕方なく店先の持ち帰りコーナーで、ケバブのサンドイッチを作ってもらい、夜道をとぼとぼとホテルまで帰ったのでした。
vienne10.jpg

17 : 13 : 45 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南仏ニームで闘牛見物
2006 / 08 / 24 ( Thu )
2000年10月 / フランス・ニーム / ひとり旅

南仏の町ニームです。
20060820213849.jpg

町の真ん中でこんなローマ遺跡に出会えたりします。
20060820213855.jpg


古代競技場を見物しようと行ってみると、妙にたくさんの人だかりが。
切符を買うと、あれっ?高い!そう、闘牛が行われる日だったのです。よくわからないままに人の流れに乗って中に入るとすでに席はほとんど埋まっており、間もなく楽隊の演奏やダンスに続いて闘牛が始まりました。
20060820213901.jpg

20人くらいの男の人たちが一頭の牛を追い掛け回す、というのを延々とやっています。
20060820213907.jpg

「これって面白いのかなぁ」と思いつつ、しばらく見ておりましたが、おなかもすいたことだしと、早々に退場。レストラン探しに出かける私なのでした。

マルシェ広場のレストランでお昼ごはん。オードブルはムール貝のワイン蒸し。ポイポイと口に放り込みます。おいしーい。
20060820213914.jpg


メインはチーズソースのかかったステーキに山盛りポテト。さっきの牛さんかわいそうだったなぁなんて思い出しながら…、食べちゃってます。
20060820213921.jpg

18 : 50 : 18 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
韓国・民俗村のナツメ茶
2006 / 08 / 20 ( Sun )
2006年3月 / 韓国 / 母とツアー参加

20060820210437.jpg

いきなり暑苦しい写真でゴメンナサイ。
今年3月に訪れた韓国・ソウルはとにかく寒かったー。

okayu.jpg


早朝、熱々のおかゆでお腹を暖めたあと、郊外の民俗村を訪ねました。
約15万平米もの広大な敷地に朝鮮王朝時代の村を再現した民俗村。
韓国時代劇ドラマ「チャングムの誓い」のロケにも使われた場所です。とても1、2時間では見尽くせない楽しいところです。
20060820210454.jpg 20060820210521.jpg 20060820210531.jpg
20060820210448.jpg 20060820210513.jpg 20060820210501.jpg


デジカメの電源が入らなくなるほどの強烈な寒さに、駆け込んだ休憩所で、ナツメ茶をいただいて暖をとりました。赤く燃える炭火に手をかざしつつ、とろっと甘酸っぱいお茶に癒されます。
20060820211043.jpg


夜は海鮮鍋。お店のパンフレットに「日式レストラン」と書いてありました。日本の寄せ鍋風の辛くないお鍋です。
お鍋に入れた材料をお店のお姉さんがハサミでチョキチョキしてくれるところは、「韓式」ですよね。冒頭の写真はこれがグツグツ煮たったところでした。
20060820210426.jpg

21 : 12 : 42 | アジアの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リヨンの小さな中華屋さん
2006 / 08 / 20 ( Sun )
2004年10月 / フランス・リヨン / ひとり旅

フランスの中華屋さんをもう一軒。
リヨン・ペラーシュ駅近くのシャリテ通りは、安いホテルと庶民的なレストランの並ぶ裏通りです。
20060820114058.jpg


この小さな中華レストランを見つけ、ガラス越しにのぞいてみると、お客のいない店内に、アジア人のオバチャンがひとり、退屈そうにテーブルに頬杖をついています。いかにも流行ってなさそう…、と思った瞬間にオバチャン、改めマダム、と目が合ってしまいました。うれしそうに立ち上がり、手招きするマダムにちょっぴり同情心がわき起こり入店してしまいます。

メニューを細かく説明してくれながら、合間に「どこからきたの?」から始まって、「日本って飛行機で何時間くらい?」「リヨンにはいつまでいるの?」「どんな街を周ってきたの?」とひっきりなしに話しかけてくれます。
楽しいけれど、「食事のあいだ中この調子でおしゃべりのお相手かぁ、やれやれ」と思ったのもつかの間、次々にお客が訪れ、狭い店はあっという間に満席に。持ち帰り用お惣菜のケースの前にも5,6人の行列ができています。どうやら意外にも(?)地元の人気店だったらしいのです。
お客を案内し、注文をとっては奥の厨房に伝え、持ち帰りのチャーハンをパックに詰め…、とマダムは小さな体で孤軍奮闘、大忙し。

「お待たせしてごめんねぇ」と運んでくれた、揚げ春巻き。レタスとミントの葉にくるんで食べるとシャキシャキした歯ごたえと、ジュワッとくる旨みを楽しめます。
20060820114036.jpg


お次は北京風スープ。酸味が効いて美味しい!これを飲むとほっとします。
20060820114023.jpg

後ろのテーブルに座った家族連れの、中学生くらいの女の子がおばあちゃまに話しかけているのが聞こえます。「あのねえ、中華料理もおいしいけど、日本料理もとーってもおいしいのよ」 うれしいこと言ってくれます。どんな日本料理を食べたのかな。

焼きそば。麺がツルツルなめらかな平たいタイプ。
20060820114029.jpg



この気軽なお店の雰囲気が気に入って、リヨン滞在中にもう一度訪れました。
今夜もマダムはがんばってます。私が注文を終えると、「それからチンタオビールでしょ?」とニコッ。おぉ何だか常連さんになった気分。

このサモサって確かインドの料理では?カレー味の揚げギョーザ風。美味です。
20060820114043.jpg


メインはカエルの醤油ソースいため。フリッターにしたカエルの腿肉がゴロゴロ入ってます。チキンにそっくりの食感。黒胡椒が効いています。
20060820114050.jpg


持ち帰りコーナーもなかなかの人気。夜勤らしき制服姿のお巡りさんが、お夜食を仕入れに来ていました。
20060820114016.jpg

11 : 55 : 20 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今度は中華の食べ比べ
2006 / 08 / 13 ( Sun )
2005年6月 / フランス・ナント / ひとり旅

フランスで、そしてたぶん世界中のほとんどの国で、一番手軽に食べられる異国料理といえば中華料理なのではないでしょうか。私も中華レストランには毎度お世話になっています。
バターたっぷりの「洋食」が続くと、「やきそばにビール」が恋しくなるんですよねぇ。

フランス・ナントで泊まったホテルのまん前が、ネオンピカピカの中華料理屋さんでした。夕食どきになり、早速行ってみます。
20060813221743.jpg


まずは、北京風スープ。必ずと言っていいくらい注文してしまう、私の大好物。おしょうゆ味に、お酢が効いて、あとを引く美味しさなのです。同じ北京風と名がついていても、お店によって微妙に具や味付けが違うのもお楽しみ。

ここ「金冠酒家」のスープは…どーんと大盛りでした。これだけでお腹いっぱい。
20060813221721.jpg


メインは牛肉と野菜の炒め物。やっぱり中華は美味しい!
20060813221728.jpg


ジャスミン茶をもらってゆっくりします。
20060813221734.jpg


ナントでの二日目も別の中華屋さんに行ってしまいました。こちらは「香港楼」という名のレストラン。
20060813221812.jpg


そしてまたもや北京風スープ。これがないと始まりません。お腹いっぱいになっちゃうんですけどね。
20060813221750.jpg


今夜のメインは焼そば。あっさり目の味付けで具もたっぷり。
20060813221757.jpg


これまた大好きなジャスミン茶です。角砂糖が添えられています。フランスでは甘くして飲むらしいのです。
20060813221805.jpg

22 : 22 : 01 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
フランス・ポーでカレーの食べ比べ
2006 / 08 / 08 ( Tue )
2002年9月 / フランス・ポー / ひとり旅

突如として無性に食べたくなるカレー。それはたとえ、旅先であっても…。
フランスはピレネー地方の町ポーを訪れ、旧市街を歩いているときに見つけたインド料理屋2軒。
さて、どちらにしようかと迷った末に入ったこのお店では、野菜のカレーを食べました。
20060806210958.jpg


そして次の晩、迷ったもう一軒がどうしても気になり…、やっぱり今夜もカレーなのでした。こちらは海老のカレー。勝敗つけがたく、どちらも美味しいカレーでした。
20060806211007.jpg


ピレネー山脈が遠くに望める、その名もピレネー大通り。
スペインに近いこの地方を周る拠点にふさわしい、美しい小都市です。
20060806211017.jpg

20060806211025.jpg


名君アンリ4世の生まれたお城を見学。
20060806211033.jpg

19 : 11 : 46 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アルプスの町で 「レストラン・プノンペン」
2006 / 08 / 06 ( Sun )
2004年10月 / フランス・エクスレバン / ひとり旅

「フランスで異国の味シリーズ」続行いたします。
アルプスの美しき町、エクスレバンに3日間滞在した折、おいしいものを求めて夜の街をさまよっておりますと、ぴかぴか光る「プノンペン」のネオンサインを発見。
20060730162328.jpg

カンボジアとベトナム料理のお店でした。
メニューを検討の結果、まずはベトナム風スープを注文。香菜、トマト、チキンがたっぷり入った、スパイシーでおいしいスープなのですが、パイナップルが入っていたのはどうも…。
20060730162336.jpg


お次はベトナム風の揚げ春巻きネム。これはフランス人にも人気のようで、注文している人がとても多い一品です。レタスとミントの葉にくるみ、ニョクマムのソースをつけてほおばります。ジュワっとおいしい!
20060730162348.jpg


そしてやっとメイン。このあたりですでに満腹なのですが、ついつい。
プーレ・チャプスイ。鶏肉の野菜いためです。
20060730162354.jpg


恥ずかしながら、まだ続くのであります。別腹のデザート。バニラのアイスクリームで締めくくり。
これで本当に動けなくなります。ホテルがすぐ近くでよかった。パンパンのお腹をかかえ、這うようにして帰り着きます。
20060730162400.jpg



さて、このホテル、室内は普通の安ホテルなのですが、洋服ダンスをあけると…
20060730162408.jpg


こんなに大量の洋服持って旅行する人いませんってば。
20060730162414.jpg

13 : 19 : 24 | ヨーロッパの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
美味の街函館
2006 / 08 / 03 ( Thu )
2006年7月 / 弘前&函館の旅 その4 / ひとり旅

翌朝。私の足は再び朝市へフラフラと…。
20060730145815.jpg

20060730145845.jpg


これまた朝市名物「カニまん」を仕入れ、駅前のベンチで朝ごはんです。
20060730145855.jpg


ぱくっ…おいしーい。この旅で一番気に入ったのはこのカニまんでした。カニがたっぷり、クリーミーです。
20060730145903.jpg


この日の観光は、五稜郭見物。新装したての五稜郭タワーにのぼってみると、ホントにきれいな五角の星型です。
20060730152616.jpg


今日もいいお天気。五稜郭内の公園でソフトクリームを食べて、エネルギーを補給。
20060730152649.jpg


ベイエリアの赤レンガ倉庫には楽しいショップがずらり。北海道の名産品、六花亭のお菓子、ロイズのチョコレート、「白い恋人」エトセトラ…お土産選びに夢中になります。
20060730152723.jpg


ランチは「がごめ昆布のパスタ」を。この「がごめ昆布」というのも朝市でたくさん売っていましたっけ。
20060730152747.jpg


駅弁大好きの私、夜はまたまた函館駅のお弁当です。具沢山の「いかわっぱ弁当」。柔らかく、味のしみたイカが最高。
20060730152809.jpg


今回の旅のお土産いろいろ。やっぱり食べ物メインなのでした。
20060730152831.jpg

21 : 21 : 17 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
函館 街歩き
2006 / 08 / 01 ( Tue )
2006年7月 / 弘前&函館の旅 その3 / ひとり旅

函館の朝、向かうは駅前の朝市です。「どんぶり横丁」はおいしそうな海鮮丼のお店がずらりと並ぶ魅惑のストリート。
20060730145823.jpg


朝からドーンといっちゃいました。イクラ・ウニ・ホタテの三色丼です。幸せ
20060730145533.jpg


バスに乗ってトラピスチヌ修道院へ。観光スポットとなっていますが、部外者の入れない院内では、修道女たちが厳格な戒律を守りながら日々を過ごしているのです。
20060730145623.jpg

フランス・ルルドの奇跡の泉を再現しています。
20060730145634.jpg



お昼は函館山展望台のレストランで、下界を眺めながらシーフードのスープカレーを。
20060730145747.jpg

20060730145648.jpg


丘の上の洋館、教会めぐりで、異国情緒あふれるHAKODATEの町を味わいます。
20060730145721.jpg

20060730145712.jpg 20060730145704.jpg 20060730145738.jpg


海まで見渡せる八幡坂。CMやドラマでよく使われるスポットだとか。
20060730145730.jpg


見所の多い函館の町。ついつい欲張って歩き回ったので、くたくたです。
駅ビルのカフェで一息ついて、駅弁を買ってホテルへ帰りましょう。
20060730150447.jpg

函館駅のお弁当「北の家族」。イクラに帆立、鮭、イカめし…北海道の名物食材たちがラインアップ。下のほうにはフライドポテトも隠れていましたよ。
20060730145758.jpg

20060730145806.jpg

21 : 17 : 35 | ニッポンの美味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。