スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ポルトガルのメロンは最高!
2006 / 01 / 28 ( Sat )
2003年9月 / ポルトガル・リスボン / ひとり旅

「発見のモニュメント」にのぼって大航海時代に思いを馳せたあとは、テージョ河沿いのレストランに一番乗りして、お昼ご飯。
20060128181115.jpg

窓辺テーブルで景色を楽しみながら、白いご飯に合いそうな鮭のグリルを、お麩のような食感のポルトガル独特のパンと一緒に。

デザートは甘くてみずみずしいメロン。猛暑の2003年夏の旅。デザートはこれに限ります。10日間の旅行中、5、6回は食べたでしょうか。
20060128181959.jpg


20060128182121.jpg

リスボン・ベレン地区:リスボンの中心部から少し西に離れた、テージョ河沿いの一帯。世界遺産のジェロニモス修道院、ベレンの塔(↑この写真)などの見所がたくさん。
スポンサーサイト
18 : 26 : 25 | ヨーロッパの美味 | コメント(0) | page top↑
沖縄・牧志市場でおなかいっぱい
2006 / 01 / 22 ( Sun )
2004年6月 / 沖縄 / 母とツアー参加

74360148.jpg

6月の初め、梅雨明けはまだでした。アーケードの屋根に激しくあたる雨の音を聞きながら、所狭しと並ぶ珍しい食材を興味津々にながめたあとは、2階にある食堂街でお昼ごはん。
ゴーヤチャンプルー、ソーミンチャンプルー、ミミガー(豚の耳)の和え物、ラフテー(豚の角煮)などなど、沖縄料理の代表格が勢ぞろい。普段は苦手なゴーヤも、本場の味はやっぱり美味しくて、たくさん食べてしまいました。

74360150.jpg
牧志市場:見たこともない食材がいっぱい。食堂の独特な賑わいといい、珍しい料理といい、何だか外国に来たみたい。
20 : 40 : 57 | ニッポンの美味 | コメント(0) | page top↑
ベトナム・メコン河クルーズ
2006 / 01 / 22 ( Sun )
2001年12月 / ベトナム・メコン河 / 友人とツアー参加

ベトナム旅行のメインイベント、メコン河クルーズ。
茶色くにごったメコン河を、小さな船がのんびりユラユラ目指す先は小さな島。そこでランチタイムとなりました。
目の前にどーんと登場したのは、この河で獲れたエレファントフィッシュのから揚げ。ウロコがぱりぱりに逆立っています。あっさりとした白身をライスペーパーにはさんでいただきまーす。
docu0003.jpg

大きなエレファントフィッシュを二人で骨だけにしたあと、次々に出されるご馳走もしっかり完食した私たちなのでした。
docu0004.jpg


ミトーのメコン河クルーズ:中の島でのランチの後、小さなボートに乗り換えて、ジャングルクルーズに出発。
20060122143342.jpg20060122143332.jpg
14 : 43 : 28 | アジアの美味 | コメント(0) | page top↑
フランス・食の都リヨンでランチタイム
2006 / 01 / 15 ( Sun )
2003年12月 / フランス・リヨン / ひとり旅

0001.jpg

15年ぶりのリヨン再訪。フランス随一のグルメの町ではレストラン選びにもついつい力が入ります。
高級店には縁のない私ですが、リーズナブルで、雰囲気がよくて、おいしいお店を見つけるぞーっと歩いていると、ありました!
Tante Alice(アリスおばさんの店)、と店名もかわいい。
注文したものは帆立貝のポワレ。セルクルで丸く形作ったクスクスの上に帆立のソテーが乗っています。帆立の旨みにバターソースが香ばしくマッチしておいしいっ!
店内は地元の人で満席。皆さんおいしそうにランチを楽しんでいました。

デザートは盛り付けが美しいチョコレートのムース。↓
20060122144603.jpg


(すっかり気に入ったこのレストラン、実は翌年の10月にリヨンを訪れたときに行ってみたら、店名が変わり別のお店になってしまったようで、入るのをやめてしまいました。残念。)

0003.jpg

Lyon: 大都会と、世界遺産にも登録されている中世の町並みが同居する町。
↑この写真はリヨン駅前で12月中開催されているMarche de Noel(クリスマス市)の様子。
紙コップに入れて売っているホットワインを飲みながら、クリスマスの飾りや贈り物を売る色とりどりの屋台を見て歩くのが楽しい。
16 : 35 : 24 | ヨーロッパの美味 | コメント(0) | page top↑
タイ・チェンマイでカントークディナー
2006 / 01 / 14 ( Sat )
2003年4月 / タイ・チェンマイ/ 母とツアー参加

20060125214259.jpg

チェンマイ文化センター内のレストランにて、タイの伝統ダンスショーを鑑賞しながらのディナー。
カントークディナーとは丸いお盆の上に何種類もの料理が盛られている、おめでたい席などに供されるディナー。
鶏のから揚げ、ビーフンなど、日本人にも親しみやすいお味。
手前のかわいいカゴの中身は蒸したもち米でした。

20060114170636.jpg

15 : 24 : 30 | アジアの美味 | コメント(0) | page top↑
京都・大原のにしんそば
2006 / 01 / 08 ( Sun )
2005年1月 / 京都 / 友人と二人旅

寒い寒い1月の京都。大原三千院で雪の残るお庭の眺めを堪能したあと、門前に並ぶ料理屋さんの一番端のお店でお昼ご飯。
ストーブの暖かさにほっとしつつ、にしんそばを注文。

DH000018.jpg

煮しめたニシンは茶色くて、しょっぱそうに見えましたが、食べてみるとあっさりとして、しょっぱいどころかむしろ甘めの味付けがとっても美味しい。
きのこの炊き込みご飯と、湯葉の小皿もついていてすっかり満足。

食後は、近くにある宝泉院へ。赤い毛氈に座って、静かなお庭を眺めていると、お茶とお菓子ををふるまってくださいました。

DH000022.jpg DH000019.jpg
15 : 15 : 54 | ニッポンの美味 | コメント(0) | page top↑
フランス・グルノーブルで何故かイタリアン
2006 / 01 / 07 ( Sat )
2004年10月 / フランス・グルノーブル / ひとり旅

ドゴール空港から国内線に乗り換えて、前夜グルノーブル駅前のホテルにチェックイン。一夜明けて窓を開けると目の前にどーんとアルプスの雄大な山々が迫っていました。
街中のホテルに移動し、グルネット広場に軒を連ねるレストランのひとつに入り、メニューを開いてから気づきました。
「あれっ、ここイタリアンレストランだ」 
フランスに来て一食目なのにー。 
気を取り直して注文した、オードブルの野菜のカルパッチョがこちら↓

DH000011.jpg


メインのシーフードのリゾットはアルデンテとは言えないものの(フランスではパスタもくたっと柔らかめです)、なかなかの美味。

DH000012.jpg



DH000013.jpg

Grenoble: フランスアルプス地方最大の都会ながら、旧市街、ゆったりと流れるイゼール川、そしてアルプスの山々の眺めのすばらしさなど見所がたくさんの風光明媚な地方都市。1968年冬季オリンピックの開催地です。
14 : 09 : 39 | ヨーロッパの美味 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。