2017 / 11
≪ 2017 / 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 / 12 ≫

2009年6月 / カナダから成田へ / ひとり旅

部屋の窓から、「野良リス」発見! あわてて撮ったこの写真。真中あたりに2匹いるんですけれど、わかりますでしょうか?
Poland  Canada 09 497_SP0000


さて、短いモントリオール滞在でしたが、日本へ帰る朝がきてしまいました。
お名残り惜しく最後の朝ごはん
本日はカプチーノをお願いしました。
Poland  Canada 09 499_SP0000


ワッフルとフレンチトーストの両方食べちゃう。
Poland  Canada 09 500_SP0000

おいしいオムレツをいただきまして、さて出発しますか。
Poland  Canada 09 501_SP0000


モントリオール空港、エアカナダのラウンジで。
この「クラマート」というトマトジュースがあまりにもおいしくてびっくり。ついつい一気飲みしてから撮った写真です。
Poland  Canada 09 504_SP0000

なるほどハマグリのエキスが入っているんですね、この旨みとコク! 
ClamとTomatoでCLAMATOってわけですか。

トロントまではこの小さな飛行機で。
さよならモントリオール。ケベック地方ではホントに皆さんフランス語を話しているんだ、ということも確認できましたし(笑)、初めてのカナダは良い思い出ばかり。きっとまた来ますよー。
Poland  Canada 09 505_SP0000


トロントのラウンジでは残念、Clamatoジュースは見当たらず……といいながら、いろいろいただいちゃいました。
Poland  Canada 09 506_SP0000


さて搭乗。エア・カナダにお世話になります。
この便はエコノミーとエグゼクティブファーストの2クラス制。わたしのチケットはビジネスクラスの世界一周航空券だったのですが、このトロント-成田区間については、25,000円の追加料金が必要だったんですよー(泣)

それならばさぞかしおいしい機内食がいただけるものと期待したのでしたが、
Poland  Canada 09 507_SP0000

カナダ発の便で和食を頼んだわたしが間違っていたんですね……

それにしても、オイシクナイ。。。
お隣の席でお箸と一生懸命格闘しながら和食メニューを召し上がっている、西洋人紳士に「あのね、ホントの日本食はもっともっと美味しいんですよ~!」とご忠告申し上げたい気持ちを抑えつつ。
Poland  Canada 09 508_SP0000


デザートのアイスクリームとフルーツでやっと一安心(笑)。
食用のホオズキって初体験。甘くて酸っぱい不思議な味でした。
Poland  Canada 09 509_SP0000


ヘリンボーンスタイルのソロシートは確かにとっても快適でしたけれど。
Poland  Canada 09 512_SP0000


アメニティポーチに入っていたヘンテコなソックスを履いて、一眠りしましょうか。
Poland  Canada 09 510_SP0000


……、とここでこの旅行記は唐突に終了いたします。
じ、実は、カメラをジーンズのポケットに入れたまま寝てしまい、気づいた時には、わたしの体重に耐えかねたデジカメくん、仮死状態に…。

というわけで、二度目の機内食の写真がないのですけれど、記録に残すことができなくても悔いなし、といった感じのお食事だったことがせめてもの救いかと。←悪口ばかりでゴメンナサーイ。

このデジカメくん、その後無事修理を終えて戻ってまいりました。
ごめんごめん、また一緒に旅をしようね~。

さて、5月の第一弾:釜山→関空(日本で1回目のストップオーバー)、6月の第二弾:関空→成田(経由)→フランクフルト(経由)→クラクフ→ウィーン(経由)→トロント(経由)→モントリオール→トロント(経由)→成田(日本で2回目のストップオーバー)と進んできました、わたしのRTW(世界一周)の旅。
このあとはアジアの国を巡る予定です。12月に第3弾、来年2月に第4弾、4月に第5弾で出発地の釜山にもどって終了の予定。まだまだ道のりは長ーいですが、楽しく旅を続けたいと思っておりますので、よろしければお付き合いのほど、お願いいたします。


2009年6月 / カナダ・モントリオール / ひとり旅

市場もちょっとのぞいてみましょ。こちらはジャン・タロン市場。
Poland  Canada 09 478_SP0000


眺めているだけで、どうしてワクワクしちゃうのかなぁ、市場って。
Poland  Canada 09 477_SP0000


こちらの屋台ではコックさんたちが実演中。ミラーでプロの手さばきがお客さんたち見えるようになっているんですね。
Poland  Canada 09 479_SP0000


気がつけば時刻はすでに午後4時近く。すっかりお昼御飯を食べそびれ……、となれば自然と足の向くのは、この門の中。
Poland  Canada 09 485_SP0000


この時間でも何か食べられるものはないかな、というわけで、またもチャイナタウンに来てしまいましたー。
今日はこのベトナム料理屋さんへ。
Poland  Canada 09 484_SP0000


まずは生春巻き、お願いします。
Poland  Canada 09 481_SP0000

お次は定番、フォーをいただきます。小皿に乗った生モヤシやらハーブやらを全部投入し、ライムをぎゅっと絞って。
はぁー、やっぱり愛すべきはアジアごはん。
Poland  Canada 09 482_SP0000


夕方にこんな風に食べちゃいましたので、夕食はスーパーで調達したものたちでお部屋ごはんとまいりましょうか。
このB&Bの地下には共用の小さなキチネットがありまして、火を使えるコンロこそないものの、電子レンジと食器類が備わっています。
Poland  Canada 09 492_SP0000


ありがたく「チンッ」させていただきましてお部屋に持ち帰った、冷凍食品のマカロニ。ミシュリーナおばさんのご自慢レシピらしい。
パックのサラダをボウルに移して、ペリエをしゅわしゅわグラスに注いで…っと。
なんとかお食事らしく整いましたね。
Poland  Canada 09 493_SP0000


ペロリとカバーをめくったマカロニの、見た目はこんなのですけれど、お味の方はなかなかいけましたよ、ミシュリーナさん。
Poland  Canada 09 494_SP0000


カナダで買ったお土産は、メープルシロップとメープルクリーム。たったこれだけ!でした。
Poland  Canada 09 409_SP0000



2009年6月 / カナダ・モントリオール / ひとり旅

今日もおいしい朝ごはんをいただきに朝食ルームへ。
Poland  Canada 09 431_SP0000

今朝はフレンチトースト?それともワッフル?
Poland  Canada 09 434_SP0000


ワッフルをいただきます。メープルシロップをとろりとかけて。
Poland  Canada 09 430_SP0000


卵料理はエッグベネディクトをお願いしました。半熟卵とトーストの間に挟んでもらうものはハムとスモークサーモンからの選択。
カナダですからね、とここでもサーモンを。
Poland  Canada 09 435_SP0000


フルーツにヨーグルトもいただいて、さあ出かけましょう。
Poland  Canada 09 436_SP0000


ノートルダム大聖堂。
Poland  Canada 09 446_SP0000


なんと立派な美しい教会。
Poland  Canada 09 440_SP0000

Poland  Canada 09 441_SP0000

Poland  Canada 09 442_SP0000


未開の原住民さんたちを、わたしたちがキリスト教の正しい道に導いてあげました、っていうこの絵はちょっと鼻につきますけれどね。
Poland  Canada 09 443_SP0000


地下鉄に乗ってお次は、「ホロコースト記念博物館」へ。ここも是非訪ねたかった場所です。
Poland  Canada 09 453_SP0000

ほんの3日前に見たポーランド・アウシュビッツ強制収容所の展示に見入ってしまいます。
カナダは大戦当時、迫害され難民となったユダヤ人の受け入れに積極的でなかったそうで、そのことを展示の中で率直に認めています。
展示室のところどころにモニター画面があり、スイッチを押すと、ホロコーストを生き延びてモントリオールに住むユダヤ人の方々の貴重なインタビュー映像をみることができます。
Poland  Canada 09 448_SP0000


ひとつひとつの展示物と、すべてのビデオ映像を見ながらゆっくり歩いていたら、あとから来た地元中学生のグループに追い越されました。
そこは、自らの危険をかえりみずユダヤ人を助けることに尽力したヒーローたちの展示コーナー。日本のシンドラーと呼ばれる杉原千畝氏の「命のビザ」についての功績も説明されています。
中学生グループの引率の先生が、杉原氏のことも丁寧に説明してくれているのを聞いて感激。
Poland  Canada 09 451_SP0000


博物館を出て、次の目的地「聖ジョゼフ礼拝堂」へは歩いて行けるのかなぁと地図とにらめっこしながらノロノロ歩いておりますと、後ろから眼鏡の青年が「どちらへ?」と声をかけてくれまして、「歩いて行くには遠すぎるよ。地下鉄でこう行って、ここで乗り換えて……。地下鉄の乗り方はわかりますか?」と一生懸命教えてくれます。
一人歩きのおのぼり日本人がよっぽど頼りなく見えたんでしょうねぇ。感謝感謝。

教えに従ってたどりついた聖ジョセフ礼拝堂。うわぁ、階段なのねぇ。
Poland  Canada 09 475_SP0000

ヨッコイショと上ります。
Poland  Canada 09 456_SP0000

あっ、ここからはエレベータ! 助かったー。
Poland  Canada 09 458_SP0000


がんばってのぼった甲斐がありました、この眺め。
Poland  Canada 09 459_SP0000


礼拝堂はモダンな内装ですね。
Poland  Canada 09 460_SP0000


「十字架の道行き」
キリストの受難を14の絵画や彫刻であらわしたものです。この教会では、緑の中の白い彫刻で表現。
Poland  Canada 09 462_SP0000

Poland  Canada 09 465_SP0000

最後はキリストの復活。
Poland  Canada 09 466_SP0000


聖堂の裏手をぐるりと回るルートになっていました。
さて、帰りましょうかと思ったら、
Poland  Canada 09 468_SP0000


もう一つ礼拝室がありまして、
Poland  Canada 09 469_SP0000

廊下には無数のロウソクがともされていました。
Poland  Canada 09 470_SP0000

Poland  Canada 09 471_SP0000

病気が治った信者の方々が捧げた松葉杖がぎっしりと並んでいる様は圧巻。
Poland  Canada 09 472_SP0000



2009年6月 / カナダ・モントリオール / ひとり旅

東京でも、目的地までJRではなく、地下鉄で行くルートをまず考えてしまうメトロ好き。
海外でも地下鉄のある街だと何となくうれしくなってしまいます。
Poland  Canada 09 429_SP0000


地下鉄構内の看板。スモウマキ? お相撲さん級の太さと美味しさってわけですね。
Poland  Canada 09 408_SP0000


何だか空模様があやしくなってきましたぞ。
最近旅先で雨に見舞われることが増え……、名誉ある「晴れ女」の称号は返上することにいたしましょう。いえ、もともと「勝手に自称」なんですけれど。
Poland  Canada 09 413_SP0000


旧港のすぐそばで航海の安全を見守るノートルダム・ド・ボンスクール教会。今日は特別の行事があるとかで内部には入れず。
Poland  Canada 09 412_SP0000


港へ着きました。雨の中でみる巨大船はちょっとコワイ感じ。
Poland  Canada 09 415_SP0000

Poland  Canada 09 416_SP0000


おいしいものを食べて気分を晴れやかにしましょうかね。
すぐ近くの中華街へ!

「唐人街」と書かれた門をくぐって。
Poland  Canada 09 420_SP0000


漢字の看板が並んでおります。
Poland  Canada 09 421_SP0000

Poland  Canada 09 423_SP0000

Poland  Canada 09 422_SP0000


ちょっと横道に入ったところに、こじんまりとしたお店。ここに入ってみましょ。
Poland  Canada 09 427_SP0000

海老ワンタンのスープに、
Poland  Canada 09 425_SP0000


黒々太麺の焼きそば。中華料理はやっぱりおいしいですなぁ。
Poland  Canada 09 426_SP0000


チャイナタウンの真ん中にあると、ホリデイ・インも中華風のデザインになっちゃうのね。
Poland  Canada 09 428_SP0000



2009年6月 / カナダ・モントリオール / ひとり旅

モントリオールの街をお散歩。
かっこいいビルが立ち並んでおります。「北米のパリ」と称されるこの街だけれど、やはりヨーロッパとは一味ちがう町並みですね。
Poland  Canada 09 388_SP0000

少し歩いたところにマリア聖堂。
Marie(マリア)のあとにReine du Monde(世界の女王)と記されています。
ガイドブックによると、マリア崇拝をしないプロテスタント勢力の強いこの地域でカトリックの力を誇示する目的で19世紀末に建造された聖堂なのだとか。
カトリックの世界ではキリスト本人より人気者ですからね、マリアさん。
Poland  Canada 09 398_SP0000

Poland  Canada 09 393_SP0000

Poland  Canada 09 395_SP0000

Poland  Canada 09 397_SP0000

Poland  Canada 09 396_SP0000

素晴らしいカテドラル。教会マニアごころを満足させてくれました。

さて、もうちょっと歩きましょ。
Poland  Canada 09 399_SP0000


モントリオールにはいくつかの美術館や博物館がありますが、その中で「モントリオール現代美術館」に入ってみました。
現代美術に対する苦手意識をここで払拭できればと思いまして……、で結果は、「やっぱりよくわからなーい」でした。
芸術って「わかる、わからない」ではないのだ!なのでしょうがね、何しろわたし、美術も音楽も建築も一番好きなのは「バロック」という人間なもので……。

それよりも館内のレストランが気になります。そろそろお昼の時間。
館内の美術品は撮影禁止ですが、ここならOKかな。
Poland  Canada 09 401_SP0000

スマートなボーイさんに案内していただいて席へ。近くの窓からの眺めを丁寧に説明していただいたりして、ウフフとうれしい気分

タルティーヌ(薄切りにしたバゲット)のオープンサンド。カナダに来たからには、とサーモンがメインのサンドイッチにしました。お野菜もたっぷりでおいしくいただきました。
Poland  Canada 09 402_SP0000

食後のコーヒー。満足満足。
Poland  Canada 09 405_SP0000


ショッピングモールも充実。
まだまだ歩きますよー。
Poland  Canada 09 406_SP0000



2009年6月 / カナダ・モントリオール / ひとり旅

モントリオールでのお泊まりはレ・ボン・マタン
地下鉄Lucien L’Allier駅のすぐ近くのB&Bです。
長屋スタイルの建物の3棟ほどがホテルとして使われています。
Poland  Canada 09 374_SP0000


建物の裏側のらせん階段も素敵でしょ。
Poland  Canada 09 437_SP0000


わたしのお部屋はこちら。
Poland  Canada 09 368_SP0000


廊下にいったん出て、別の小部屋にシャワーとトイレが備わっています。
Poland  Canada 09 367_SP0000

Poland  Canada 09 376_SP0000

同じ階にもう一部屋客室があるのですが、そのお部屋には室内にバス&トイレがあるので、このシャワー&トイレルームは専用で使えます。
面白いけれどやはりちょっと不思議で不便なつくり。
きっと個人の住宅だった建物をホテルに改装したんでしょうね。
はじめこそ、部屋も洗面室もいちいち鍵を開け閉めして、そーっと行き来していましたが、そのうち両方ともあけっぱなしで、パジャマにスリッパなんて恰好で、廊下を行ったり来たりしておりました。

玄関ホール。玄関と部屋の鍵を渡され、滞在中は自由に出入りできます。
Poland  Canada 09 372_SP0000


床は傾いてギシギシ。お隣や階上の客室の物音も結構聞こえてしまうこのお宿……、でしたが、魅力は朝ごはん!
あらかじめ予約していた時間にいそいそとお隣の棟の玄関へと向かいます。
Poland  Canada 09 386_SP0001

朝食ルーム。
Poland  Canada 09 380_SP0000


ちょこちょことお皿にとって戻ってきたら、
Poland  Canada 09 382_SP0000

焼きたてのフレンチトーストをサーブしてくれました。
ライムとパッションフルーツのクリームを添えていただきます。甘ーい。でもとってもおいしい。
Poland  Canada 09 383_SP0000



卵料理はこちらから選ぶんですね。迷う~。
Poland  Canada 09 381_SP0000


野菜のオムレツをお願いしました。
Poland  Canada 09 384_SP0000


たいへん満足いたしまして、さてさて街歩きへと出かけましょう。
かわいい袋にチップを入れるのを忘れないようにね。
Poland  Canada 09 371_SP0000



lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。