2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫

2015年10月 / 高知 / 友人と二人旅

何を隠そうアンパンマンファンのわたくし、やなせたかし記念館を是非訪ねたいと思っているのですが今回も果たせず……。駅から続く大通りのこの方たちと、もちろん記念撮影しましたよ。
P1010846(1)_201511231811518de.jpg

旅の最終日が日曜日になるように日程を組みました。
日曜市でお買い物しなくちゃいけませんからね。
P1010867(1)_20151123181303a6b.jpg

P1010859(1)_20151123181153cb3.jpg


サバのお寿司に大福もち。このナスは確か一袋50円でしたっけ。
そしてご当地名物「きし豆入り番茶」。これはかつて経験したことのない強烈なお味。
きし豆入り番茶とはこういうものなのか、たまたまこの商品の煎り具合がそうだったのか、「焚き火を飲んでるみたい」な風味です。苦味はあまりなくて、すごく香ばしいというか、とにかくスモーキー! 不思議なお茶であります。クセになりそう。
P1010860(1).jpg

高知城を見上げつつ、
P1010865(1)_20151123181156fbe.jpg

お城は前回見学したしー、時間ないしー、というのは言い訳で、上り坂が嫌だったからですね。アイスクリンを食べる時間はあるんですから。
P1010864(1)_20151123181155cc5.jpg

高知最後のお食事は、やっぱりカツオのタタキ丼。これですな。
P1010866(1).jpg

商店街でよさこいの皆さんに会えました。元気でよろしい!
P1010876(1)_201511231813054d7.jpg

家に帰って、日曜市で買ったサバのお寿司をいただきました。
P1010879(1).jpg

おみやげは、高知のお菓子ミレービスケットと安芸で買った芋けんぴ。
この芋けんぴ、今まで食べた中で一番好みでした。太めでさっくりした感じで、お砂糖がたくさんまぶしてあって。
P1010877(1).jpg

ミュージアムに行けなかったので、高知駅のアンパンマンショップでクッキーを。はい、この缶目当てです。
最近、旅先で必ず買っちゃうドレッシング。
今回は高知の幻の柑橘と呼ばれる「直七」入りごまドレッシング。美味です。
P1010878(1)_20151123181308834.jpg


2015年10月 / 高知・安芸 / 友人と二人旅

今日もいいお天気。
駅前に並ぶ堂々たるお姿は、左から武市半平太、坂本龍馬、中岡慎太郎。
土佐ってすごい……改めて思います。
P1010801(1).jpg

JRから土佐くろしお鉄道へ乗り継いで安芸へ。
P1010805(1).jpg

安芸はこの方の生まれ故郷。
そう、三菱グループの創設者、岩崎彌太郎さんです。
P1010819(1).jpg

生家を訪ねました。
一緒に行った友人が「元三菱商事OL」ということもありまして。
P1010808(1)_2015112312070415f.jpg

あ、三菱マーク。
P1010809(1).jpg

どうしても、NHKで彌太郎を演じた香川照之さんを思い出しちゃうな。あのホコリまみれの姿とアクの強い演技を…。
P1010815(1).jpg

少年の頃の彌太郎が、日本列島を模した庭石を自分で置いて「日本は我が庭の内にあり」と眺めて悦に入ってたんですって。
P1010816(1).jpg

見学無料。ボランティアガイドの方にいろいろ解説までしていただきましたよ。
岩崎家のお身内の方が維持管理していらっしゃるそうですが、100円でも入場料とればいいのにねって言ったら、友人が「お金をもらうなんて、岩崎家のプライドが許さないのよ」ですって。そうかもね。

野良時計。明治時代、地主さんが村のみんなのために設置してくれたそうです。
それぞれのおうちに時計なんてない時代ですもんね。
P1010823(1).jpg

武家屋敷跡を歩きました。
安芸、のどかですごくいいところ。とっても気に入りました。
P1010826(1)_20151123120955726.jpg

美しい田園風景の他に、もうひとつ楽しみにしていたことが。
タクシーを飛ばして海辺へ急げ!

はい、しらす丼いただきます。
P1010833(1)_20151123120956de1.jpg

たっぷりの釜揚げしらすにかき揚げのせ。
それにも増して美味だったのが、四角い入れ物にちょこんと盛られてます、「どろめ」。
穫れた時だけいただける生しらす。これがほんとにおいしくて、カツオのたたきを抑えて今回の旅のNo.1!ということで意見が一致しました。
P1010834(1)_20151123120957874.jpg

お店の裏手にある工場をのぞきにいってみたら、作業はほとんど終わっていたんですが、
P1010835(1)_20151123120959693.jpg

わーい、蒸したてを手にのせてくれましたよ。
ありがとうございます。嬉しすぎる、美味しすぎるー。
P1010836(1).jpg

高知に戻って夕食です。
本日もカツオのたたき、食べとかなきゃ。
P1010850(1)_2015112312102477b.jpg

天然ネイリのお刺身。ネイリってカンパチのことですって。
P1010851(1)_20151123121027910.jpg

青のりの天ぷら。
P1010853(1)_20151123121029a97.jpg

長太郎貝。帆立貝に似てるけど貝殻の色が鮮やか。
P1010852(1).jpg

青のりのお茶漬けも旨かったー。これはほぼわたしが一人でいただきまして、
P1010854(1)_20151123121030299.jpg

お茶漬けでシメたはずなのに、たまご焼きを追加注文したりして。
P1010855(1).jpg
このあと、ホテルまでの帰り道にコンビニのアイスを食べちゃったんですよねー。


2015年10月 / 高知 / 友人と二人旅

いいお天気!
P1010770(1).jpg
高知県に行ってきました。
県立牧野植物園はずっと行きたかった場所。
(当然ながら)緑がいっぱい。眺めも最高。
P1010767(1).jpg

P1010772(1).jpg

P1010775(1).jpg

子供の頃、オオオニバスの葉っぱの上に女の子が乗ってる写真に衝撃を受けたっけ。
P1010777(1).jpg

すぐ近くにある五台山竹林寺へ。
P1010778(1).jpg

P1010784(1).jpg

一言地蔵さんは、本当~に叶えたいお願いごとをひとつだけ聞いてくれるんですって。
P1010782(1)_20151123105948b71.jpg

P1010781(1).jpg

高知市中心部にあるウェルカムホテルにてウェルカムドリンクのビールをありがたくいただいてから出発!
P1010787(1).jpg

土佐のおいしいものをいただきましょう。
P1010796(1).jpg

チャンバラ貝。
前回の高知旅行以来だから、7年ぶりにお目にかかります。
P1010789(1).jpg

そして、カツオのたたき!塩もポン酢たれもどちらもよろしい。
うわーん、会いたかったよー。おいしいよー。
P1010791(1).jpg

クジラの串カツに、
P1010792(1).jpg

青のりの天ぷら。←サクサク最高!
P1010793(1).jpg

シメはカツオのお寿司。これはよそではなかなかお目にかかれませんぞ。
P1010794(1)_20151123110126eb9.jpg
幸せな旅の第一夜でした。


2015年7月 / 青森・恐山 / ひとり旅

盛岡で迎えた朝。
またもこんな朝ごはん…でした。
P1010688(1).jpg

さて、今回の久々の東北旅行で、せっかく北の方に来たんだからと、前から行ってみたかった「霊場恐山」まで足を伸ばしてみよう!と、「ついで」感覚で計画してみたら……、盛岡からでもものすごく遠いんですねー、下北半島の恐山。

盛岡から「はやぶさ」で八戸へ。
P1010690(1)_201508091113517b6.jpg

八戸から「青い森鉄道」で野辺地へ。
P1010691(1)_201508091113520d1.jpg

野辺地から「快速しもきた」で下北へ。
P1010694(1).jpg

下北からバスに乗って、
P1010695(1)_20150809111355fca.jpg

車内で南部せんべいのおやつなどポリポリし、
P1010696(1).jpg

やっと着いたわー。
P1010697(1)_20150809111420e86.jpg

別世界へようこそ。
P1010699(1).jpg

P1010701(1).jpg

あれ、温泉があるの?
P1010704(1).jpg

ちょっとのぞいてみます。
誰もいなかった。硫黄の匂いが立ち込めていました。
聖地に沐浴の場があるって、なんとなくフランスのルルドを思い出しました。
P1010705(1).jpg

よく晴れたお天気のせいもあってか、怖い雰囲気はまったく感じなかったな。
P1010709(1)_20150809111523511.jpg

P1010724(1)_20150809112107462.jpg

奥の院に続く坂道の参道を登っていくと、
P1010712(1)_20150809111524be7.jpg

「不動明王」って書いてあります。
たくさんお供えしてあるお菓子の袋が切り裂かれて、中味が散乱しているので、「もしかしてカラスの仕業かな」と思っていたら、
P1010715(1)_201508091115277ba.jpg

バサバサーっと現れた黒いお姿。するどいクチバシでビニールの袋を引き裂いていましたよ。ボーっと見つめていたら、カッとこちらをにらんで「ぎゃあーっ」と一声鳴かれて、あわてて退散したのでした。
P1010716(1).jpg

あちらこちらに硫黄のガスが噴き出ていて、お賽銭の硬貨がまっ黒。P1010721(1).jpg

うわっ、オソロシイ。
P1010722(1).jpg

静かな湖。
P1010731(1).jpg

他のどこにもない雰囲気を味わいました。
P1010727(1).jpg

恐山で過ごしたのはわずか1時間。その他は移動に費やした一日でした。
やっぱり盛岡から「ついでに」に行くっていう距離じゃなかったけど、東京からだったらもっととんでもなく遠かったわけだから、やはり行ってよかった!

帰りは新幹線。
新青森駅で「黒石焼きそば」を食べました。
幅広麺がいいですな。これにスープをかけた「つゆ焼きそば」の方が有名らしいんですけどね。
P1010736(1).jpg

車内でいただいたのはこの駅弁。
P1010737(1).jpg

海の幸たっぷり!これはおいしいに決まってる~。
P1010738(1).jpg

今回の旅のおみやげ。
陸前高田で買った岩のりはお味噌汁にパラーッと入れると美味。
他に「奇跡の一本松たまごせんべい」、ドレッシングなど。
今どきの南部せんべいってホントにいろんな種類が出ています。
この「割りしみチョコせんべい」は、ホワイトチョコがあの南部せんべいにホントにしみこんでるーって感じの不思議な食感。
新青森駅ではりんごジャムを買いました。ざく切りの果肉がフレッシュ感たっぷり。
P1010739(1).jpg

南部せんべいの詰め合わせ。こんなにいろんな種類があるのね。
どれもおいしい! 子どものころ「おいしくない…」って思いながら岩手のおじいちゃんちで食べていた、昔ながらの南部せんべいも今食べてみるとなかなかおいしく感じるし、クッキータイプでピーナツやかぼちゃの種入りのも大好き。
他にもリンゴだの玉ねぎだの抹茶だの、いろいろ工夫なさってますねー。
P1010741(1).jpg

3日間で栃木、宮城、岩手、青森の4県を駆け抜けた旅でした。
あとで岩手の従妹に報告したら「ホントに恐山まで行ったのー? 恐山なんてものすごく遠いっていうイメージしかないわ」と言われました。隣の県なのにね。



2015年7月 / 岩手・遠野、盛岡 / ひとり旅

スーパーで買ったパンで朝ごはん。素泊まりなもので。
温泉宿に泊まっているのというのに、何とも味気ないですなぁ。
P1010650(1)_2015080217454277a.jpg

はい、あのキョーレツな硫黄のお湯が恋しくなったらまた来ます。
P1010652(1).jpg

栃木と宮城に寄り道しましたけど、今回の主たる目的は、岩手の親戚に会うこと!なので、新幹線で水沢江刺を目指します。
P1010653(1)_20150802174545bfa.jpg

で、無事に叔母と従妹と合流。
「陸前高田の様子を是非見て!」「うん、行こう!」ということで、従妹の運転する車でぴゅーんとドライブです。

親戚たちの住まいは岩手県の内陸部にあるため、震災の被害もそれほど大きくはなかったそうなのですが、海の近くに来るとたくさんの仮設住宅や、復興工事現場が目につきました。
太いパイプで土砂を運んでいるんですって。クレーン車もたくさん。
P1010654(1).jpg

「奇跡の一本松」が遠くに見えました。
わたしは勝手に、何もない海岸に一本の松の木が風に吹かれてすっくと立っている図を想像していたのですが、実際はこんな風に工事現場のすぐ近くに立っているんですね。
工事の粉じんを浴びて苦しいんじゃないかなー。かわいそうね。
P1010656(1)_2015080217454851e.jpg

陸前高田に足を運んで現地を見て、お土産屋さんで買い物をすることで、少しでも復興のお手伝いになるんだよ、との従妹の言葉になるほど~と、南部せんべいやおいしそうな岩のりなど買い込みました。

この日は「水沢江刺→陸前高田→遠野」という、なかなかのハードスケジュールで、お店に入る時間もなく途中のお店で買ったおにぎりがお昼ごはん。みんなで車の中で食べました。
わたしは距離感覚が全然わかっていなかったんですが、この3地点、けっこう離れているんですね。やっぱり広いわ、岩手県。
P1010659(1)_20150802174701c4a.jpg

で、遠野に到着。
このお寺の中に河童の川があるんですって。会えるかな。
P1010663(1)_20150802174702a6c.jpg

カッパ狛犬。ほんとだ、頭にお皿がありますよ。
P1010666(1)_20150802174704866.jpg

カッパ淵はあちら。
P1010667(1)_20150802174705879.jpg

あら、素敵なところです。
P1010671(1).jpg

P1010681(1).jpg

人間に悪さをするという河童ですけど、赤ちゃんカッパにおっぱいをあげているお母さんの姿は人間と変わらないねー……、そして河童って哺乳類だったのねー。
P1010675(1)_20150802174842d2b.jpg

河童釣り用の竿の先にはキュウリ。
釣らないでー、そっとしておいてあげて欲しいわ。
P1010674(1).jpg

べこ(岩手の方言で牛のことです)もいましたよ。
P1010683(1).jpg

久しぶりに叔母や従妹とたっぷりおしゃべりできて楽しい一日を過ごしました。
夜の新幹線で盛岡へと向かいます。
おみやげにもらった岩手名物岩谷堂のミニ羊羹。
P1010684(1)_20150802174900264.jpg

盛岡駅ビルで冷麺とビビンパの夕食。
P1010686(1).jpg
まだまだ旅は終わらない。明日は青森の恐山に向かいます!


2015年7月 / 栃木・宇都宮、宮城・鳴子温泉 / ひとり旅

宇都宮駅前でそぼ降る雨に濡れる餃子像。
地元出身のバレーボールの選手を応援しているのね。
P1010550(1).jpg

バスに乗ってやってきました、大谷石の採掘場。
先ほどの餃子像も大谷石で作られているそうですよ。
P1010552(1).jpg

採掘坑内に降りて行ってみよう!
P1010557(1)_20150726174206ce0.jpg

この日、坑内の温度は10度前後。
階段を降りる前に、ブランケットをお借りするのをお忘れなく。
P1010558(1).jpg

神秘的な空間が広がっています。深さは30~60メートル、広さは2万平米にも及び、その一部が見学ルートになっています。
P1010559(1).jpg

P1010560(1).jpg

いろいろな映画やドラマの撮影にも使用されたそうです。「そういえば見覚えが…」と思うシーンの写真がたくさん展示されていました。
B’zの稲葉さんがPV撮影で歌ったステージなどもありましたよ。

これは手掘り方式だったころの堀り跡ですって。昭和30年代に機械化するまではずっとツルハシで手掘りしていたのだそうです。すごいなー。
P1010564(1)_20150726174319df7.jpg

興奮しつつ坑内の見学を終えて外に出ると、横一直線に切り取られた巨大な岩が。
ザックリいっちゃってますなぁ。
P1010577(1)_2015072617432063e.jpg

すぐ近くに大谷観音。岩に抱きかかえられるようにお堂が建っています。
P1010584(1).jpg

中に入ると弘法大師が岩壁に刻んだという千手観音像。日本最古の磨崖仏だそうです。
撮影禁止でしたのでパンフレットの写真を。
P1010586(1).jpg
ここの宝物殿には「縄文最古の人骨」(レプリカじゃなくて実物!)なんてものも展示されていまして、意外と(といっては失礼ですが)見どころいっぱいの大谷なのでした。

宇都宮の街まで戻って来まして、もうひとつ見てみたかったのがカトリック松が峰教会。
大谷石でできている教会なんです。
P1010602(1).jpg

お邪魔いたします。
P1010596(1).jpg

建物だけでなく、内部の柱や、
P1010591(1).jpg

説教壇など、あらゆるものが大谷石尽くし…。美しい教会です。
P1010592(1).jpg
大活躍ですねー、大谷石。街を歩いていても、この気泡が入ったような灰色の大谷石をあちこちで見かけました。

ではそろそろ、あれをいただきましょうかね。

はい、餃子!
P1010605(1).jpg

お皿に大ぶりのが10個ものっかってます。
P1010604(1).jpg

ご飯大盛りの定食でいただきます。
P1010603(1).jpg
ぱりっぱりで中味ジューシーでおいしいですなー。
一時期、浜松に餃子消費ランキング1位の座を譲っていた宇都宮ですが、昨年でしたっけ、首位に返り咲きましたよね。おめでとうございます!

腹ごなしに二荒山神社までの階段、登っておきますか。
P1010606(1).jpg

P1010608(1).jpg

で、駅ビルの「みんみん」にて2回目の餃子タイム。
ヤキ6にスイ6。さすがに2回目はご飯は無しで。焼きの方が私は好きだな。
P1010610(1).jpg

長年、是非見てみたいと思っていた大谷石の採掘場を訪れることができて、おいしい餃子もいただいて、はい、思い残すことはございません。
宇都宮をあとに東北新幹線で次の目的地へと向かいます。

古川で陸羽東線に乗り換えまして宮城県の鳴子温泉郷に到着。
めんこいこけしちゃんが迎えてくれましたよ。
P1010637(1)_20150726174721df4.jpg

電話ボックスの上にも、おちょぼ口のこけしちゃん。
P1010640(1).jpg

お泊りは東多賀の湯さん。
P1010621(1).jpg

畳の部屋が落ち着く~。
P1010613(1).jpg

こちら自炊もできるお宿です。
P1010612(1).jpg

お菓子をいただきまして、
P1010643(1).jpg

お風呂へ。
すでにこのあたりで強烈な硫黄の匂い。
もう、Uターンしてお部屋に戻っちゃおうかと思うくらいの強烈さですが、
P1010616(1).jpg

頑張って入りました。
P1010618(1).jpg
お風呂の入口にね、「温泉のガスが充満すると危険です。窓は絶対に閉めないで」って貼り紙がしてあるんですよ。
外国人観光客が急増している昨今、この注意書きは英語でも必要なんじゃないかしら…と思ったのでした。

貸し切り状態のお風呂を楽しみつつ、というか、硫黄のカオリに圧倒されつつ、さっぱりしたあとは浴衣でのんびりといきたいところですが、お腹すいたので(計22個の餃子はすっかり消化されたんですね)出かけます。

玄関にいたこの子。
P1010623(1).jpg

「お腹なでて~」と言うので、お風呂入ったばっかりなのにーとブツブツ言いながらもあちこち撫でまわして、手にすっかりイヌ臭がついちゃいましたよ。それでなくても自分の体からほのかにたちのぼるイオウ臭を感じているのにー。
P1010629(1).jpg

「ラーメン屋さんがあるけどもうすぐ閉店だし、あとは居酒屋みたいなお店しかないんですよ」とお宿の奥さんに言われて覚悟して出かけたものの、駅前まで歩いてみても夕飯を食べられそうなお店が全然ない…。コンビニも見当たらない…。
P1010639(1).jpg

すごすごと戻ってきまして、頼みの綱は宿のお隣のスーパー。
でも、ここのお総菜売り場もスカスカ(泣)。
P1010642(1).jpg

棚にぽつんと残っていた豚しゃぶサラダとグリーンカレーのカップラーメンをこの日の夕食としたのでした。
P1010644(1)_2015072617493775c.jpg

宇都宮駅で買った栃木名物「レモン牛乳」がデザートです。
P1010648(1).jpg
これも一度飲んでみたかったんだー。


2015年2月 / 福島県・会津若松 大内宿 / 友人と二人旅

2015年最初の旅は、高速バスで会津若松へ。
車内でのランチは、わたしのお手製サンドイッチ!
旅のスケジュールをバッチリ組んでくれた友人に、せめてものお礼の気持ちを込めました。
お菓子の「うまい棒」が目立っちゃってますけどね。
P1010483(1).jpg

会津若松でのお宿、ニューパレスホテルからの眺めは一面の雪景色。
P1010485(1) - コピー


今回の旅の目的は鶴ヶ城で催される「ろうそく祭り」です。さっそくお城にでかけましょ。
P1010489(1) - コピー

これはありがたい。入口でカイロをいただきました。
P1010491(1)_201503161750245d2.jpg

鶴ヶ城の優美なお姿! もともとの白壁が雪でデコレーションされてまるでケーキみたい。
P1010497(1).jpg

おいしそうだー。イチゴのっけてみたいよー。
P1010493(1)_2015031617502671f.jpg

ろうそく、灯ってます。
風の吹く夜だったんですがね、けなげにチロチロ揺れてます、会津の美しい絵ろうそくたち。
消えてしまったろうそくに火をつけてまわる係りの方が大変そうでした。
P1010494(1)_201503161750273e8.jpg


さて夕食はこちら。わっぱ飯のお店「田季野」です。
P1010504(1).jpg

古民家風のすてきな店内で、
P1010509(1).jpg

おいしーいわっぱ飯をいただきました。
P1010508(1).jpg

翌朝ホテルの朝ごはん。
P1010510(1)_20150316175229d76.jpg

会津名物「こづゆ」もいただきました。たっぷりのお野菜に、ミニミニサイズのお麩が入っています。
P1010511(1).jpg

会津若松駅前の赤べこちゃん。旅の二日目は南会津の大内宿へと向かいます。
P1010514(1)_20150316175233e45.jpg

線路もホームも雪だらけ。
P1010517(1)_201503161753366f1.jpg

大内宿は昔ながらの茅葺き屋根の民家が並ぶ旧宿場町…なんですが、屋根にどっさり積もった雪が茅葺き屋根を隠してくれちゃってますね。
P1010529(1)_201503161754472bf.jpg

P1010521(1)_201503161753374d2.jpg

お地蔵さんも重みに耐えていらっしゃる。
P1010526(1).jpg

P1010531(1).jpg

身も心もあったまるいろりのある「浅沼食堂」でお昼ご飯。
P1010523(1).jpg

岩魚天丼。これがもう最高!でした。サクサクてんぷらがタンマリのった天丼に具だくさんの汁物、小鉢が3つもついてお値段たったの800円ですよ。
大内宿といえば、長ネギをお箸代わりに食べるお蕎麦が名物としてよくテレビなどで紹介されていますけれど、わたしのおススメは断然この岩魚天丼です!
お値段もお味もすばらしい~。
P1010522(1).jpg

岩魚さんたちごちそうさまでした。
P1010524(1).jpg

なんか吹雪いてるぞ。
P1010537(1)_20150316175450d6b.jpg

軒下に大根を干している古民家カフェで一休み。
P1010538(1)_20150316175451dea.jpg

かぼちゃのプリン(クレームブリュレだったかも…)をいただきました。
P1010539(1).jpg

バスでたどりついた湯野上温泉駅も風情ある駅舎ですな。
P1010540(1).jpg

待合室にいろりがあったりして。
P1010541(1)_20150316175557931.jpg

寒いし大雪だし、で大変だったけれど、今回も良い旅でした。
P1010543(1).jpg

帰りの東北新幹線の車内にて、郡山駅で買った駅弁をいただきます。
牛めし。
P1010545(1).jpg

お肉がどーん。おーいしー。
P1010546(1).jpg




lumiere

Author:lumiere
お久しぶりです。
6月にフランス大西洋側エリアを旅してきました。

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。おいしいブログがたくさん揃っていますよ。